2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者にもやさしく教えてくれる質問スレ Vol.10

1 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/22(日) 01:20:55.95 ID:???
前スレ
初心者にもやさしく教えてくれる質問スレ Vol.9
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/exam/1293711574/

2 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/23(月) 15:50:27.22 ID:???
age

3 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/23(月) 16:39:23.23 ID:ENeOJTAs
企業法苦手なんですが、企業法ってどこの学校がオススメですか?
レックかタックが良いと聞いたんですが。
受験経験者の方いましたら教えて下さい。

4 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/23(月) 16:42:22.42 ID:???
>>3
LECテキストが半端ない。他の科目も同じ。
ただ細かいところまで詳細に書かれているため読むのは大変かも。

授業の質はちょっとわからない。

5 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/23(月) 17:19:27.53 ID:ENeOJTAs
ありがとうございます。レックは確かにテキストが素晴らしいみたいですね。

タックの宮内先生も良いと聞いたんですが、受けた方いらっしゃいますか?

6 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/24(火) 14:01:40.82 ID:???
企業法で質問です。

創立総会での決議方法と株主総会特別決議の方法の違いってなんでしょうか?

7 :957:2011/05/24(火) 14:20:42.85 ID:???
>>6

定足数の有無

8 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/24(火) 14:56:20.31 ID:???
>>7
創立総会の決議

原則として、創立総会において議決権を行使することができる設立時株主の議決権の過半数で、かつ、しゅっせきした
・・・・・

これは定足数あるのではないのでしょうか?

9 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/24(火) 16:45:04.80 ID:???
>>5
太朗君は】TAC企業法 宮内先生Part2【どら息子】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/exam/1305994855/

全身をフルに使ったパフォーマンスで、受けていて飽きない。
大枠を理解するには良いと思う。
毎回の延長と、細かい(あまり重要でない)点を放置することには目をつぶらなくてはいけない。

10 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/25(水) 17:06:16.72 ID:???
すいません8ですがどなたか教えていただけませんか?

11 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/05/25(水) 23:30:03.11 ID:???
>>10
それは定足数じゃなくて、決議要件が2つあるんだよ。
議決権の過半数の賛成が必要だし、なおかつ、出席した人の3分の2の賛成も必要

12 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/27(金) 21:16:36.76 ID:sHb5ONYK
株主資本比率の高いことが設備投資の消極性を表すのはなぜでしょうか?

13 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/27(金) 22:06:42.20 ID:???
>>12
もっとお金を借りれば設備投資ができるのに借りてないからでしょう。

14 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/27(金) 22:16:17.17 ID:sHb5ONYK
株主資本で設備投資する、っていうは考えはないのでしょうか?
固定比率がそういう指標だったと思いますが

15 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/27(金) 22:20:06.86 ID:???
株主資本比率が高いということは借り入れを増やしても
まだ財務健全性が保たれるということ。

だから借り入れをしない手はない。

なのにしないからお金があっても使い道がないんじゃない?と
見られるの。

16 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/27(金) 22:31:44.10 ID:sHb5ONYK
なるほど、勉強になりました

17 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 03:28:42.64 ID:???
「企業結合ののれんに税効果を認識したら同額の繰延税金負債を計上することとなる」
とあるんですが、イマイチ仕訳が思い浮かびません。説明お願いします。


18 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 03:34:09.90 ID:???
>>17
のれんには換金価値がないってことです。

19 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 04:01:57.92 ID:???
>>18
仮に、のれんに税効果を認識した場合についての処理をお聞きしたいです。

思うに、企業結合適用指針には、のれんに税効果を認識した場合は同額の繰延税金負債が認識される、
とあるのですが法人税等調整額は出てこないということでしょうか?
(資本等)×× (投 資)××
(のれん)×× (繰延税金負債)××
(のれん)××

↑このような仕訳だと思ったのですが・・・
これだと循環計算が生じるためのれんの税効果は認められない、という理由の意味もわかるのですが・・

20 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 13:26:16.78 ID:???
たとえば現金を対価とした合併の場合、仕訳は

諸資産  900/諸負債  700
のれん  200/現金    400

となります。
が、ここでたとえば繰延税金資産100を認識しようとすると、諸資産・
諸負債・現金の金額は変わりようがないので残余であるのれんが
動くことになります。

つまり

諸資産  900/諸負債  700
繰税資  100/現金    400
のれん  100/

となります。
しかし、最初の仕訳と比べると繰延税金資産と同額だけのれんが
減少しただけであり、あえてこれを認識する意義に乏しい、というのが
適用指針の趣旨です。

21 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 16:32:10.40 ID:f9A0Z29p
>>19
少なくとも法調はでてきませんね。

のれんに税効果を適用すると循環的にのれんが増減するだけなので
のれんには税効果を認識しないのだと思います。

ただし、税務上ののれん(資産調整勘定)については税効果を認識します。

22 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 16:34:20.36 ID:fy1fsmNr
スレチかもしれませんが、適当なのが見当たらなかったので。

試験を控えていている彼がいるんだけど、最近かなり追い詰められていっぱいいっぱいな状況らしい。
私としては支えてあげたくて、この間何か美味しいものでも差し入れしようかと思ったんだけど「本当にごめん!!今は会えないー」って(;_;)

今はメールで応援するくらいなんだけど、応援してる以外に何て言って支えてあげるのがいいのか…

23 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 16:36:17.06 ID:???
浮気してるんだろJK。

24 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 16:47:36.48 ID:???
>>22
正直死ね。

会計業界ってのは生きるか死ぬかの世界なの。
女子供は黙ってろってな。

何も言うな。マジで。

特に会計士受験生は女がキャンキャン騒ぐのが大嫌いなの。

25 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 17:03:53.82 ID:fy1fsmNr
>>24
何も言わずに黙って見守るのがベストってことか。分かった。

26 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 18:15:25.65 ID:???
「花咲くいろは」ってアニメが深夜に放送するのですがそれを見ないと気持よく明日を迎えられません。

押水菜子、松前緒花、鶴来民子という魅力的な女の子が出るのです。
自分的には押水菜子が大好きで彼女のことを考えると胸が熱くなります。

しかし知っての通り明日は短答式試験で今夜をどのように過ごすか迷ってます。

どなたか良い解決策を教えてください。

ついでにここにいる方で「花咲くいろは」好きな人いませんか?
試験が終わったらこのスレで談笑しませんか?

27 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 18:27:54.21 ID:???
三週間前ほどに基礎マスターが終わったので短答に間に合いますか?と聞いたものですが
頑張って二週間で上級を終えました。
この間他社LECの模試で65位以内に入れましたので大丈夫だと思いますが
実際の試験だとどんな感じになるのでしょうか?

やはり本番は違いますでしょうか?本番での受験の備えを教えていただければと思います。


28 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 20:42:25.98 ID:???
会社法の監査報告で不適正意見が表明されてる場合、金商法監査でも不適正意見が表明されるんでしょうか?

29 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 20:44:01.75 ID:???
>>28
虚偽表示が訂正されてたら必ずしもそうはならない

30 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 20:46:50.70 ID:???
>>28
そうとは限らない。不適正の理由にもよるけど。

31 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 20:52:42.80 ID:???
>>28
@両方共不適正
A金商法不適正以外
B両方不適正だが別の意味で

に分けられる。
理由
@同一監査人によって両方の監査は行われるため一方が不適正にもかかわらず他方が不適正でないことはない。
前提となるのが会計監査人監査と金商法監査がほぼ同一のものであること。
A会計監査人監査で不適正意見表明された場合でも会計監査人監査終了後に財務諸表を経営者が新たに作成した場合で
その財務諸表が不適正意見表明以外の結論を得ることは考えられる。
(会計監査人監査と金商法監査の同一性「修正後発事象を開示後後発事象とする等」という言葉もあるが、
財務諸表を新たに作成した場合はこれにあてはまらない)
B新たに作成した財務諸表も不適正に該当する場合は同一性という意味ではなく同じ不適正意見表明となる。

簡単に
28の問題が出たら状況により判断するべき。○とも×とも言える。

32 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 20:58:56.68 ID:???
どなたか26番の質問にお答えくださいませんか?
ドキドキして眠れません。

33 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 21:03:45.72 ID:???
難しい言葉で説明しても普通の人はわからないからさ。
もっと簡単に書けよ。

34 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 21:30:28.19 ID:???
どこがむつかしい?

35 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 21:34:21.16 ID:???
>>34
後発事象を細分化するなよ。訳がわからん。

36 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 21:40:47.61 ID:???
開示後発と修正後発の分類は常識として知っておくべき

37 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 22:10:52.88 ID:???
会計士試験に合格したら
どういった道に進むのが普通なのでしょうか

38 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 22:12:36.42 ID:???
>>37
在学中合格ならば会計士、コンサルティング等
23歳以上ならばコンビニ?清掃夫?そんな感じじゃない?

39 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/28(土) 22:14:47.52 ID:???
>>29-31
ありがとうございました

40 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/29(日) 00:26:31.11 ID:???
無職NNTも合格取り消しでいいんじゃないの?
どうせ会計士になれないんだから

41 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/29(日) 00:58:16.22 ID:???
スレタイ読み直して出直しましょう

42 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/31(火) 18:26:02.32 ID:???
>>28
金商法で適正意見ならば財務諸表は修正されたということだから、
会社法の計算書類も修正して意見を適正に差し替えるはず。(総会に間に合えば)

なので基本的に両者で意見が異なることはないと思います。

43 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/31(火) 22:39:08.55 ID:???
もう以前のようなメリット無くなってるのに、未だに目指してる意味がわからん

本当、会計士試験なんてやるんじゃなかった
心底後悔している

44 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/05/31(火) 22:46:45.70 ID:???
資格を生かすも殺すも自分次第。
会計士資格をとっただけで向こうからご利益が来るなんて
思ってるんなら大いなる誤解。

そんな誤解のあるまま勉強を始めたとしたら、今の後悔は
受験を決めたときからすでに確定していたんだよ。

これは日商簿記の資格であれ会計士であれ税理士であれ同じ。

45 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/01(水) 07:55:58.92 ID:???
今年もまた膨大な合格者が路頭に迷うハメになるのか…。

会計士は罪な試験だな。

46 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/01(水) 08:03:44.01 ID:???
>>27
レックの模試で65位内って安全圏内なの?

受けたことないからわからんが…。

47 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/01(水) 17:24:28.28 ID:???
>>46
本番開始前にすごく緊張しておそらく呼吸が浅かったせいか気持ち悪くなって
開始直後にトイレに行って吐きました。

気分も落ち着いて、出だしこそ最悪でしたが自己採点したら390点だったので良かったです。
おそらく受かりました。でも直前まで基礎マスターしか終わっておらず実質短答特化してしまったので
租税法がおろそかになってしまい今日から上級始めます。

緊張しやすい皆さんは試験開始前3分は深呼吸を必ずしてください。
本当に楽になりますから。

48 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/01(水) 18:17:35.80 ID:???
試験会場で吐くってどんだけ壮絶な受験体験だよw

まあ受かりそうなら結果オーライだな。

49 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/01(水) 23:03:49.88 ID:???
初心者論点かどうかわからないのですが聞くところが他になかったので質問します。

企業法の429条の論点で、
「第三者」に株主が含まれるかどうかで説が分かれるのですが、
基本自分の中で「第三者」に株主が含まれると理解していたのですが
どうやら問題によって「第三者」に株主が含まれない場合もあるようなのです。

違う予備校の論証というわけではありません。

株主が含まれる論拠は、429が第三者を保護するための特別の法定責任という趣旨なんだから
株主を除く理由は無い、という論拠で、

株主を含まない論拠は、株主は代表訴訟によって損害を回復できるだのなんだのっていう論拠です。

この論拠の使い分けは一体どこで判断したらよいのでしょう?

50 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/01(水) 23:07:11.96 ID:???
法解釈の問題だから論述がしっかりできていればどちらの説でも評価される

51 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/01(水) 23:09:53.07 ID:???
>>50

ありがとうございます。
同じ予備校の問題なのに説が違っているので混乱しておりました。


52 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 01:23:57.83 ID:???
「特定期間の期末までに生じた純資産の変動額」と、
「特定期間における純資産の変動額」は、同じ意味でしょうか?

53 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 01:30:00.81 ID:???
>>52
出典を書いてくれなきゃわからない。

54 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 01:35:51.92 ID:???
>>52
特定期間の期末まで→設立からの原始純資産〜期末までの変動額

特定期間における〜→例えば○年度期首から○年度期末までの変動額

55 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 01:36:14.01 ID:???
>>53
これだけで出典が何か分からないあなたには聞いても無駄そうですね。

56 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 01:44:34.77 ID:???
>>52
特定期間の期末までってのは、設立や取得をしてから当該企業が定める期間の末日まで

特定期間におけるというのは、企業が定める期間の初日から末日まで

57 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 01:46:57.12 ID:???
概フレのなかでも誤解しやすいところw
自分も同じ疑問があった
>>54>>56の通りですね

58 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 03:00:49.09 ID:???
>>55
回答を乞うてる人の態度とは思えませんね。

あなたには合格は無理です。
合格してもあなたのような性格では就職は無理です。

あきらめなさい。

59 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 03:44:57.88 ID:???
日商簿記2級取ってないと監査法人の就活で不利になりますか?
取っておいて損はないでしょうが対策にあまり時間を使いたくありません。

60 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 05:34:47.69 ID:???
>>59
目安になるだけ。
正直言って高々日商簿記二級なんですよ。

採用側(自分は人事の経験がないですが)からすると一つの目安になるんです。
採用人数っていうのは最初から決まっており最後は誰かを切らなければならない状況になります。

例えば採用人数が200人で196人内定を出していると仮定します。
採用しても問題がない人が20人いたとしたらそのうち4人しか
内定を出せません。

あなたが面接官なら何を考えますか?
少しでも特技がある人を選択しませんか?

現状では新卒者に「即戦力」を求めている(期待している)会社は一流企業を含め殆どありません。
最終的に選ばれた人でも「ひととなり」を見て選ばれたと言っても過言ではないでしょう。

その中から選ぶとしたら少しでも特技のある人を選ぶのは自然ではないでしょうか。
そのような状況では「高々日商簿記二級」でも「あと一押しをする日商簿記二級」になるのです。

自分が採用される自信があるのならば「高々日商簿記二級」
面接官にワンプッシュしたいのならば大きな武器になる「日商簿記二級」です。

一級ならばちょっと別ですけどね。
会計士試験の短答合格者ならばさらに別枠になるでしょうけど。
まぁいずれにせよ23才までが目安でしょうね。24歳以上ならばどこの監査法人も採用しませんから。

61 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 09:07:41.33 ID:cTAmD1nE
>>3

まず江頭株式会社法を熟読することをお勧めするよ

すぐに実務で使えるよ

62 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 09:22:32.83 ID:???
会計士はもう資格として価値ないこと認識したほうがいいですよ。
いまの世の中厳しいですからね、最初でつまずくと、修復できませんよ。
がてん系だって仕事ない世の中ですから。

63 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 09:41:47.02 ID:???
監査法人の面接って簿記二級どころか簿記一級も無意味だと思うけど・・・。

あとよく言われるBATICもほぼ無意味。
BATIC受けるならUSCPAの科目とったほうが全然いい。

IT系資格あると有利

64 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 09:41:49.86 ID:???
>>53

65 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 10:26:38.25 ID:???
簿記一級は無駄だと思ってESに書かなかったら、面接で持ってるか聞かれたけど?

66 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 11:30:15.19 ID:???
そもそも短答合格してないとエントリーできないんでは?
リクルートに関わってないから、古い情報だったらすまんが。

>>63
BATIC持ってるくらいじゃUS-GAAPやIFRS読める証明にもならないしね。
ITスキル、特にエクセルは使えると即戦力になれるところがあるから、
その辺を証明できればポイント高いかもね。資格に限らず。

67 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 11:33:54.65 ID:???
>>60
ありがとうございます。
普通に考えて短答まで受かってたら簿記2級の評価なんて知れてますよね。
愚問でした。
撤退したら取ることにします。

簿記1級までの順序を踏んでいる人は論文合格の見込みが多少上がるか、もしくは計画性が評価されるのかもしれませんね。

68 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 11:48:27.89 ID:???
>>67
1級を持ってても、順序や計画性は特段証明しないと思うよ。
・論文合格の見込があること
・現場に出てから使い物にならないリスクが小さいこと
について若干の心証は得られるかなってところ。
某法人の新人研修で、2007年合格者はパートナーに
「お前達は計算ができない。簿記1級を受けてこい」って言われたと聞いた。

69 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 13:32:41.03 ID:???
>「お前達は計算ができない。簿記1級を受けてこい」って言われたと聞いた。

ちょw
法人に入ってから簿記のトレーニングをしなければならないとは
0708の試験が例外でしたね

70 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 13:42:39.52 ID:???
0708だけでなく今の簿記の問題はちょっと簡単すぎですよ。
時間制限を無視すれば日商簿記1級より簡単かも。



71 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 14:00:01.92 ID:???
>>64


72 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 14:04:15.11 ID:???
んなわけねーだろww
一級の問題みたら拍子抜けするほど簡単

一級→ただのパーチェス法
会計士→逆取得、共通支配下(パーチェス法特有の論点)

一級→ただのリース
会計士→転リース、成果の変動を負担したままのリースバック

一級→ただのキャッシュ
会計士→外貨連結キャッシュ

73 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 14:05:30.25 ID:???
監査法人では簿記検定には関心ありませんよ。

会計士試験受かった人が入ってくるのに。。。

74 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 14:06:03.71 ID:???
>>66
普通にシステム監査スルーされたぞ

75 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 14:30:51.06 ID:???
そういうのは自分でアピールしなきゃ。

76 :68:2011/06/04(土) 15:04:33.18 ID:???
>>69
いや、別にその年次の試験がどうこうって話でなく、
配属されてくる新人は毎年レベルが下がってる印象があるらしい。

77 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 15:31:53.07 ID:???
簿記の力は確実に下がってるね

でも監査に簿記の能力はあまり必要でない希ガス。

取引・勘定科目や財務諸表の全体像を把握する力の方が有用

78 :66:2011/06/04(土) 15:43:08.05 ID:???
>>74
字数制限で書けなかったけど、ITなら資格より経験アピールだよ。
システム監査持ってることで、どういうスキルを証明できる?
ちなみにシステム監査部門志望だと、会計士持ちはコスト面の問題で、かえって敬遠される傾向がある。

79 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 16:04:07.17 ID:???
>>78
システム監査の資格をしらないようだが業務フローでリスクがある部分を識別して
対応する監査手続を論述記載させる試験だから役にはたつよ
実務経験がないと合格はまず無理

いずれにしても監査法人はあまり欲しがらない
IT系は人が余ってるのでとる理由としては弱い
そこにさらにだぶついた会計士を投げ込んでさらに人が余ってる
表だっては言わないがIT系の監査法人への転職市場をみればわかる


大企業の基幹システム構築やSAPを中心としたプロジェクトを回っていても
チーム回した経験ないと光らないよ

だからExcelやっても……て感じ

80 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 18:06:19.11 ID:???
ていうか会計士試験合格者のほぼ全員が一級もってるもんだと思ったけど・・・

81 :66:2011/06/04(土) 18:42:39.94 ID:???
>>79
なんか話がずれてない? それは監査スキルとしてのシス監だよね。
俺はITスキルの話をしてて、>>74は彼のITスキル=シス監をスルーされたらしいんだが、
実務経験ありきなら、前職として自己アピールすれば済む話だと思うんだけど。

82 :66:2011/06/04(土) 19:05:50.99 ID:???
あと、俺が言ってるITスキルは、システム監査としてではなく、CAAT(コンピュータ支援監査技法)に必要な能力の話だからね。
関数、フィルタ、ピボット、マクロその他の機能を適宜適切に使って、効果的・効率的に集計・分析・調書化等をするスキル。

83 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 19:29:33.06 ID:???
関数、フィルタ、ピボットなら誰でも使ってるがな

てゆうか新人がまず最初に覚えるべきエクセルスキル

84 :66:2011/06/04(土) 19:43:23.46 ID:???
>>80 持ってるだろうよ。能力維持のために受け続けろって意味なのかね。
>>83 そりゃそうだよ。でも能力格差がある。同じ作業が人によって1時間で終わったり数日かかったりする。
まあ、現実には数日かかる前にサポート付けて作業完了させるけどね。

85 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 19:55:21.74 ID:???
>>83
これは今年始まって以来の正論だよ。

会計指針受かっていようがいまいが覚えさせられるのはExcelだから。
しかもすごく簡単なことだよ。



86 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/04(土) 20:00:32.30 ID:???
てゆうか(笑)

さすがバカスクは違うなw

87 :あか:2011/06/04(土) 20:04:25.57 ID:rsdd1sYP


88 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/05(日) 15:24:30.01 ID:???
今年は、監査法人も史上最悪の就職難になるだろうな。

試験に合格しても8割くらいがNNTという悲惨な事態になるだろう。

89 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/05(日) 16:18:28.22 ID:???
まあ、今年はみんな就職難を覚悟して受けてるからサプライズはないだろ

大量合格年直後の合格者はかわいそうだったけどね

90 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/05(日) 16:58:46.29 ID:???
NNTは来年も内定がもらえないから撤退した方が時間の無駄にならなくてよい。
合格しても監査法人に入れないのに勉強をやり直すのは精神的に厳しいでしょうに。

91 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/05(日) 19:55:27.84 ID:???
来年は受験者が激減するらしいから就職競争倍率はかなり低下するよ

92 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/05(日) 20:21:32.52 ID:???
ネガキチさんグッジョブやで

93 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/05(日) 20:25:12.45 ID:???
ネガキチさんのおかげで短答合格できました

94 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/06(月) 15:21:31.88 ID:???
会計方針の変更について質問があります。

「会計基準等の改正に伴う会計方針の採用又は変更」は会計方針の変更に
該当するのでしょうか?

会計上の取り扱いと監査上取り扱いが別であればその旨も教えて下さい。


95 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/06(月) 15:24:09.29 ID:???
>>94
該当する。

違いはない。

96 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/06(月) 20:40:01.64 ID:???
会計方針の変更の「正当な理由」って改正入りましたか?

去年までは正当な理由の判断要素が4つくらいあったと思うのですが
改正後は二つくらいに減ってるような気がします。

・一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に照らして妥当であること
・利益操作を目的としていないこと

この二つって文言上消えたのですか?



97 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/06(月) 22:48:51.17 ID:???
ここは教えるスレであって代わりに調べるスレじゃないからね。

考えてもなおわからない場合は回答してもらえると思うけど。

98 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/06(月) 23:09:59.04 ID:yrsoT64O
>>96
減ってるというか増えてると思うけど…。

99 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/06(月) 23:21:52.41 ID:???
公認会計士試験と名乗ってるが
実態は監査法人採用第一次・第二次書類審査であって
その後の面接試験で落とされたりしたら全てが水の泡

100 :96:2011/06/06(月) 23:21:53.98 ID:???
>>98
詳しくかきますと、去年覚えてたのは(大原の解答)
@会計方針の変更が企業の事業内容及び企業内外の経営環境の変化に対応して行われるものであること
A変更後の会計方針が一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に照らして妥当であること
B会計事象等を財務諸表により適切に反映するために行われるものであること
C会計方針の変更が利益操作等を目的としていないこと

改正後の資料をみると(基準の改正除く)
@とAの二つしか書いてありません。
今年のTACの全答練一回目も受けたのですが、その解答も上記@Aしか記述がありません・・・




101 :96:2011/06/06(月) 23:23:54.61 ID:???
すみません、TACの全答の解答と改正の資料に書いてある正当な理由の判断基準は
@とAではなく@とBの間違いです

102 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/06(月) 23:30:43.53 ID:yrsoT64O
>>100
「改正後の資料」と言いつつ「基準の改正除く」ってどういうことさ。

103 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/06(月) 23:34:11.28 ID:???
人生逆転するために会計士試験合格を目指し必死で勉強
合格したら就職できずに人生終了
哀れ

104 :96:2011/06/06(月) 23:37:25.36 ID:???
>>102
それは、「会計方針の変更が会計基準の改正伴っておこなれるものであること」
のことです。わかりずらくてすみませんでした

105 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 00:20:49.68 ID:???
>>104
それはあれだ。
「正当な理由とはどういう場合か」という定義と「会計方針の変更が正当な理由に
よるものであるかどうか」を評価する判断規準をごっちゃにしている。

まず、前者についてはテキスト通り@経営環境の変化に対応したものであること
A変更が会計事象等より適切に反映するものであること、の2点。

後者は@とAのほか、B変更後の会計方針がGAAPに照らして妥当であること
C利益操作を目的としていないことD変更を当期に行うのが妥当であること
がある。
これはテキストを見てほしい。

ちなみに「認められた会計方針から他の認められた会計方針への変更であること」
は「正当な理由による会計方針の変更」の定義に含めたので上記には出てこない。

106 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 00:30:53.62 ID:???
追記しておくと、
「正当な理由とはどういう場合か」にはもう一つあって、
(A)「会計基準等の改正に伴う会計方針の採用又は変更」というのがある。

>>105は(A)以外に正当な理由とされるのはどういう場合か、ということね。

107 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 00:42:49.54 ID:???
会計士になれば一発逆転ホームランみたいな幻想はさっさと捨て去った方が良いんじゃないかな
試験合格者の8割以上は監査法人に入れない「事実」
負け組はやっぱり負けるし
合格した年に内定、これが当たり前でありこの有無が最低限

108 :96:2011/06/07(火) 01:02:25.61 ID:???
>>105
「正当な理由とは具体的にどんな場合?」っていうのと
それらが「正当な理由として満たしている条件」の違いって感じですかね?
ちょっとごっちゃになってます。
少し整理してみます。 

ありがとうございました。

109 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 01:17:41.63 ID:???
>>108
いや
>「正当な理由とは具体的にどんな場合?」
>「正当な理由として満たしている条件」
これらは同じ意味だと思う。

前者の「正当な理由とは具体的にどんな条件を満たした場合?」は
会計の話であって、後者は会社が行った会計方針の変更が本当に
正当な理由に基づくものなのかどうか、をどうやって会計士が判定
するのか、という監査の話。

110 :96:2011/06/07(火) 13:49:28.79 ID:???
>>109
すみません、簿記と監査をごっちゃにしてましたw

言われてみれば、経営者が自分で利益操作によって行うものかどうか検討するわけありませんよね。
それはあくまで監査人が検討することであって。

ありがとうございました。

111 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 16:19:27.75 ID:SD3YLjWD
>>110
その通り。

テキストは注意深く読みましょう。

問題文も。

112 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/06/07(火) 17:03:29.05 ID:Xhq3NrqL
a

113 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 23:13:52.85 ID:???
会計士合格しても内定なければ将来なし

もう資格市場のうまみはなくなった。

114 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 23:15:54.33 ID:???
受験回数って何ですか?

自分で何回受けたと証言するものではなく、
試験の運営によって正確に記録され、
合格証明書等に記載されるものなんですか?

115 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 23:46:46.81 ID:???
>>114
短答や科目合格の期限ですか?

それはCPAAOBが把握しているはずです。

116 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/07(火) 23:50:39.03 ID:???
受験回数把握してなんの意味が?
時間と労力の無駄だろw

ただ答案用紙のコピー・成績は何年か保存してあるみたいだから
それ調べればある程度受験回数がわかるだろう

117 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/09(木) 13:53:10.98 ID:???
税理士試験・会計士試験の本試験の答案ってどういう仕様なんですか?
どこかで公開されてますか?
一度受験したことある人の記憶の中でしかわからないんですか?
司法試験は予備校が本番の答案用紙に似せたものを販売してるらしいですが、そういうものはありませんか?
なければ、市販のノート等で線の太さや紙質など一番近いものを教えてください。

118 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/09(木) 14:36:51.58 ID:SNBYPzaX
過去問は予備校が出してるはずだよ。

一回覗いてみたら?

119 :短答合格者:2011/06/09(木) 21:39:22.54 ID:???
論文スレで激論を交わしてしまい、ワタシの合格を阻止しようとしてくる
奴らが現れそうです。

ブログの文章を載せたりしていたので、検索すると特定されるおそれがあるのですが
どうすれば他の受験生を欺くことができるでしょうか

とにかくワタシの話がわからない、バカな奴らばっかりなんです。

120 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/09(木) 21:43:44.41 ID:???
>>119
時既に遅し
これを勉強と考え、今後は煽り耐性を身につけましょう

121 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/09(木) 22:48:33.23 ID:???
ちょっと教えてください。
株式売却前で、資本金30億円、資本準備金170億円で
純資産200億の会社があったとします。
発行株数は6万株です。
この会社が4万株を売却したところ、140億円で売れました。
すると、この会社は
140−200*(4/6)=6.7
で6.7億円のプレミアム?がついたという理解でいいのでしょうか。

122 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/09(木) 22:59:16.15 ID:???
既卒者は会計士受験を辞めましょう。それからです。
理由は合格しても会計士方面の就職は不可能だからです。

123 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/09(木) 22:59:22.05 ID:???
>>121
>この会社が4万株を売却した
この会社が自己株式を4万株処分したということ?

だとしたら純資産は200億円から自己株式4万株分の帳簿価額を控除した
金額になるけど。。。

てゆーか発行済み株式数6万株のうち4万株を自己株式で保有してる会社
なんてないけど。。。

株価で「プレミアム」という用語を使うとしたら買収プレミアムの意味で言われる
場合が多い。
買収プレミアムはある会社を買収しようとして株価より高い金額で買い取るときの
その上乗せ分をいう。

124 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/09(木) 23:42:38.41 ID:???
会計士試験を受け続けている者に共通するのは、自分だけは
何とかなるという極めて甘い認識。
NNTになっても自己責任という意見にも、正当性はある。

125 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/10(金) 12:13:12.11 ID:???
>>121
よくないです

126 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 13:13:00.12 ID:skuc8O7K
設立中の会社の発起人の権限の範囲の論点って結局どの説を書けば無難なんだっけ?

127 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 14:06:16.76 ID:???
最狭義説

128 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 18:52:34.18 ID:???
予備校通うと何かと金がかかるからな。
もう今回落ちてたら撤退したほうがいいよ。なにも会計士だけが人生じゃない。

129 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 19:47:05.87 ID:cz5OTa68

なら予備校に通わなければよい。
独学で半年合格とか結構いるし。

130 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 20:30:54.74 ID:???
勉強もしなくていいんじゃね。
宝くじで億万長者とか結構いるし。

131 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 20:56:34.54 ID:???
それはいない。
宝くじなんて絶対あたらないから一度も買ったことはない。

132 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 21:08:56.41 ID:???
>>131
絶対にあたらないものなの?

133 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 21:12:13.47 ID:???
>>132
ほぼ0に近いよ。

100円くらいならよく当たるけどさーすがに1億円はねえ。。。

134 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 21:17:00.49 ID:???
>>133
んじゃ何で買う人がいるんだろうか。
確率低いこと自体は分かり切ってるのに。

135 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/11(土) 22:03:17.76 ID:???
>>134
たからくじは夢を買うんだよ。

だから捨て銭。

136 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 15:45:52.01 ID:???
不課税と非課税ってなんか意味合いが違うんですか? テキストに両方の言葉が出てきたもので

137 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 16:13:17.19 ID:???
>>136
不課税
消費税法上なんら取り扱われない取引
配当金や保険金を収受するのは不課税取引の代表例

非課税
課税することになじまないものや、政策的に課税することが適当でない取引
利子を対価とする金銭の貸付けや有価証券の譲渡などが代表例であり、条文に限定列挙されている
非課税は課税売上割合の計算上分母に含まれたりする

噛み砕くと見た目上、消費“税" が含まれていない点ではどちらも同じだが、
不課税は納付(還付)税額を計算する上で全く考慮せず、非課税は考慮していく


138 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 16:30:13.21 ID:???
>>137
ありがとうございます。ちょうど消費税法の勉強をしてたところだったんですが、
消費税法の独特の表現なんですかね? 理解が深まりました

139 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 16:51:16.83 ID:9Zh6mUpo
税法で独学でもやれるのはないのですか?

140 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 16:57:17.65 ID:???
>>137
70点。

141 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 17:15:00.13 ID:???
>>140
だったらお前がテキストの最初の段階で困っている初心者に対して厳密に説明してやれよ


142 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 17:39:39.70 ID:???
クレジットカード会社に売上を回収依頼をし
手数料を差し引かれた金額が販売会社に振り込まれます。

手数料は非課税取引に該当するらしいのですがどのような考えから消費税がかからないのでしょうか?

143 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 17:55:18.54 ID:???
消費という性格に合わないから

144 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 17:57:22.30 ID:???
>>143
カード売上手数料を役務の提供と考えていないということでしょうか?

145 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 18:08:52.32 ID:???
利子って考えた方が良いかと

146 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 18:22:15.50 ID:???
145が言ってくれた通り
確かに回収サービスという役務の提供の性格もあるんだけど、ここは利子と同じ仲間と考えているんだと

147 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/12(日) 18:33:47.17 ID:???
販売店からカード会社に債権を譲渡しただけだからね。
金融商品の売買に消費税かけたら2重課税になってしまう。


148 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 00:27:02.79 ID:???
>>141
50点くらいだろ

149 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 01:43:53.96 ID:???
点数つけてるだけの能無し

150 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 10:08:37.29 ID:???
◯◯点(キリッ
ってなんか小学生みたいだな

で?100点のレスマダー

151 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 15:12:24.84 ID:???
100点のレスがほしいなら対価を払えよカス

152 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 15:28:06.57 ID:???
100点の解答なんかこの世に存在しねえよ

153 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 15:37:39.38 ID:???
>>151


        ____
        /     \ 
     /   ⌒  ⌒ \  なに言ってんだこいつ
   /   ( ●)  (●) \ 
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

154 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 20:40:05.15 ID:???
以前卒業要件を満たした大学3回生が監査法人に勤められるか?と聞いて常勤も非常勤も有り得ると答えられた者ですが
今の就職難ではやはりそういう特例は適用されにくいですかね?
就職難になってから大学3回生の人間が監査法人に採用た例ってあります?常勤でも非常勤でも

155 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 20:58:42.33 ID:???
学生が常勤ってw

156 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 21:20:54.88 ID:???
>>154
以前って、前スレか?
それなら現状を回答済みのはずだが。
少なくとも今の新人で非常勤は見かけない。学生でも常勤オンリー。

157 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 21:25:18.18 ID:???
>>156
ということは現状でも常勤で採用された学生はいるってことですかね?
前スレで聞いた時も常勤で働ける、非常勤もあると答えられたのですが、時期が不明確で就職難となった今のケースで知りたかったので

158 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 21:33:51.14 ID:???
628 名前:一般に公正妥当と認められた名無しさん[sage] 投稿日:2011/04/06(水) 22:31:43.04 ID:???
監査法人の就職に大学三回生の時点でできた場合非常勤等なんらかのかたちで大学四回生と監査法人勤務を兼ねることはできるでしょうか?
大学三回生終了時点で卒業要件は充たしている前提

629 自分:一般に公正妥当と認められた名無しさん[sage] 投稿日:2011/04/06(水) 22:38:31.05 ID:???
>>628
非常勤制度はあるけど、今の監査法人に非常勤をキープする余力がない。
卒業要件を満たしてるなら、大学生のまま常勤で働き始める道ならあるかもしれん。
もちろん、学生生活は三回生で打ち切りになるがね。

159 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 21:35:53.79 ID:???
自分で貼ってみて気づいたが、実例の話はしてなかったな。

160 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 21:51:12.61 ID:???
就職難とかに関わらず昔から学生は非常勤が普通だから


161 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 22:05:03.01 ID:???
今は常勤も二月入社にずらされてるね。
非常勤雇う経済力が監査法人に無いっていうか非常勤が多すぎたんだよな
もう三年くらい前の話だけど、大手は非常勤で時給は2000円くらいだった。

162 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 22:45:20.29 ID:???
>>161
うちは12月だったよ

163 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 23:03:32.26 ID:Lq9CRkF2
有形固定資産にかかる収益的支出は当期の費用に計上する ○か×か

164 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 23:56:41.94 ID:???
NNTは介護に逝け

165 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/13(月) 23:58:13.02 ID:???
>>163


166 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 00:13:14.79 ID:???
>>163
収益的支出のタイミングはいつだよw

167 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 00:51:37.97 ID:???
当期に3年分払ったんだよ
言わせんな恥ずかしい

168 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 01:25:46.66 ID:???
>>167
解答者はエスパーじゃねんだよ。どこにV年って書いて編んだよ

169 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 01:33:28.89 ID:???
>>168
冗談だからマジにならないでくれ。悪かった。

170 :163:2011/06/14(火) 01:55:03.91 ID:0niKSWlx
全文載せますね

有形固定資産に係る支出には、支出した金額を、当該資産の取得原価に参入する資本的支出と
当期の費用に計上する収益的支出がある。

って問題でした。収益的支出のタイミングは書いてないけどそれ問題なんですか?

171 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 02:08:56.54 ID:???
>>170


参入でなくて算入だけど。

172 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 02:13:42.95 ID:0niKSWlx
>>171
すみません漢字ミスです。

製造業の場合、工場への収益的支出は仕掛品に配賦されて資産になって、その期に完成して売れなかった分は売上原価にならないので費用化されない部分も多々あると思うんですが
それでも○なんですか?

173 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 02:18:03.72 ID:???
>>172
それは○。
製造業の場合他の論点もある。減価償却費だって棚卸資産になるし。

174 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 02:24:09.79 ID:0niKSWlx
>>173
「当期の費用に計上される」って文を考えすぎない方がいいってことですか?

175 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 02:44:43.55 ID:???
なにいってんだこいつ

176 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 02:51:23.39 ID:AYYsp1Xh
すべて当期の費用に計上されるなら×
ミニテストでやったことがある

すべてってついてないなら○かもな

177 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 03:00:59.99 ID:???
>>174
結論からいうと、問題文では資本的支出と収益的支出の意味を問うている
とみるのが自然だから、単純に資産計上か費用処理かの2点で考えればいい。

もっというと、費用の発生と費用収益対応の原則をしっかり区別して理解すべき。

費用収益対応の原則はまず発生費用ありき。
収益と期間対応するかしないかという観点から発生費用を再度費用計上
するかあるいは資産計上するかを判断する考え方が費用収益対応の原則。

発生費用が仕掛品になる場合もある、という主張は良く言えば深く考えている
と褒められるかもしれないが、悪く言えば発生費用と費用収益対応の原則の
理解の不十分さを露呈したということでもある。

ここでもう一度問題文を読み直してみること。
この問題は費用収益対応の原則まで問うているだろうか?

178 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 03:12:21.17 ID:???
なんか、問答がおかしな方向に進んでないか?

>>172
そもそも、収益的支出が何なのかは押さえてる?

179 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 04:57:23.32 ID:???
来年の税理士試験受けようと思ってるんですが
資格予備校に入れるのが2.3ヶ月先になりそうです。
それまでは何をすべきですか?
受けようとしてる科目は簿記論と財務諸表論です
アドバイス下さい

いまは簿記二級うかるか受からないかくらいの実力があると思います

180 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 14:13:33.62 ID:???
二級レベルの実力は0というよりむしろマイナスだと思ったほうがいい
二級ホルダーのほうが初学者より受からない傾向があるよ
理由は基礎を疎かにする傾向があり
まったく次元の違う税理士や会計士と二級を同じ目でみてしまう期間が数ヵ月ある

自分が決めた計画や約束を守る練習として
市販の簿記2級と1級の連結以外のテキスト2冊、問題集2冊
合計4冊を3回転できるかやってみてはどうでしょうか
一年で二科目受かるのはそれよりきつい目標だと思うよ

181 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 15:36:17.14 ID:???
>>180
レスありがとうございます

>市販の簿記2級と1級の連結以外のテキスト2冊、問題集2冊
連結以外ってどういう意味ですか?



182 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/14(火) 22:05:32.04 ID:???
連結の出題可能性が低いからやらなくていい

183 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/15(水) 17:36:12.44 ID:???
>>182
連結っていう範囲があるっていう事ですね
アドバイスありがとうございました
これから三級をもう一度見直して九月までに二級→一級とやってみます

184 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/15(水) 19:46:33.25 ID:???
>>183
×のやつは大企業を対象にしたもので
ほとんど税理士ではでないからがんばって。

×連結会計(子会社を含めた企業集団の簿記)
×キャッシュフロー(損益計算書と貸借対照表以外の財務諸表)
×企業結合、事業分離(企業同士の合併や分離)
◎個別(減価償却、貸引、退職給付など)
◎構造問題(本支店、本社工場)

185 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/18(土) 00:59:51.25 ID:gffCEFQg
耐用年数の変更って会計方針、それとも会計上の見積もり、どっちになるのでしょうか。

変更時の処理は会計上の見積もりの変更として扱う、ということはわかるのですが。

試験科目や文章のによって、元来は会計方針である、と書いてあったり
会計方針と会計上の見積もりのどちらか区分することが困難である、と書いてあったり
いまいちわかりません

186 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/18(土) 02:19:13.64 ID:???
耐用年数の変更は見積もりの変更。

会計方針の変更か見積もりの変更か区分が困難とされるのは
減価償却方法の変更。


187 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/18(土) 02:30:37.03 ID:???
>>186
理解できました!ありがとうございます

188 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/20(月) 15:52:27.62 ID:???
俺の一級とお前の一級と

189 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/20(月) 20:30:28.57 ID:N11b1C+/
会計士受験生が税理士簿財受けるのに良い教材ありますか?

190 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/21(火) 02:08:52.00 ID:???
>>189
過去問

191 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/21(火) 10:44:10.22 ID:???
会計士で計算A、B判定を出すような人は何を意識して何をしてるの?
もしくはEからCまで上げた人はなにしたの?

全答一桁から
簿記シートコピーして仕訳を切って数値を埋めると教えられてやったが
理論が上がっただけで計算は上がらなかったでござる

192 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 00:03:14.48 ID:???
>>191
会計E判定だったけど、クレアールの簿記テキストの例題約400問を使って、
徹底的な自己分析(全問解いて弱点の網羅的な洗い出し)、
発見した弱点の克服(正解できるまで、間違えた問題を全部回す)をした。
その後、大原の基礎ステップ・基礎答練を満点取れるまで解いて、
解答の基本戦略と、絶対解けなければいけない問題を見抜く観察眼を身につけた。
その後、時間の許す限り他のステップ・答練・模試を解いて復習し、解法に磨きをかけた。
そんなこんなで、会計A判定で合格できた。
租税もD→Aになったけど、別の方法で勉強してた。

要は、自分を分析した上で、必要な勉強を見極めて、それをしっかりこなすこと。
「主体的に勉強」していれば誰でもたどりつく正攻法だと思うけどね。

193 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 00:20:32.74 ID:???
計算だけの判定はないよ。
半分以上が理論な上に本試験の計算は没問が多いんだから、計算でA目指すだけ無駄。

194 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 09:52:19.72 ID:???
>>193
君はアクセス系受けて自分の位置把握してないの?

195 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 12:57:57.17 ID:???
租税回避について質問します。
本当の時価は、土地200、建物100ですが、消費税の仕入税額控除を増やす目的で、
共謀し契約書は土地100、建物200で締結しました。
DVDの講師は、これは脱税ではなく租税回避だといっています。
しかし、生の講師は、契約書を偽造しているのだから脱税だといっています。
そして、DVDの講師は、契約書は土地200、建物100のままで、
申告時に土地100、建物200と申告した場合に脱税となるといっています。
どちらが正しいのでしょうか?

196 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 13:10:12.96 ID:???
>>195
契約書を事後的に偽造したなら私文書偽造だろうけど、
契約時に双方が合意して実際の時価と異なる対価の額で売買する旨契約書を交わしたなら、
文書の偽造にはならないでしょ
確かに経済合理性の無い取引ではあるがこれを否認する条文が消費税法にあるかといえば見たことないから租税回避だろうなぁ



197 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 13:21:23.00 ID:???
脱税なわけない
誰だよそんなこといってる奴

198 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 17:12:38.98 ID:???
>>195
税金を少なくするために共謀してるんだよね?
文書偽造という刑法の罪になるかどうかはわからないけど、
真実とは異なる契約は、税務では仮装行為といって、
明らかに脱税に該当します。
根拠条文は消費税法64条1項の「偽り」です。

199 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 18:25:38.13 ID:???
>>198
だが土地と建物を譲渡した側の課税標準とされるべき金額も同額増加してるし、
判例の偽りその他の不正行為の要件から見ても、
税の賦課徴収を不能若しくは著しく困難ならしめるほどの工作とは言えないんじゃないか?
まあ経済合理性があるかないかで言えばまず無いんだが、
ほ脱の意思をもってではなく、購入側の仕入れ税額を多くする取引だから、
脱税と言い切るのは個人的には厳しいと思うんだがもっと別な人から見るとどうなるかね?


200 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 18:55:53.03 ID:???
根拠条文64条は不要。
金子先生の「租税法」には「仮装行為」について、
「特段の規定をまつまでもなく、課税要件事実は外観や形式に従ってではなく、
実体や実質に従って認定されなければならないことの、当然の論理的帰結である。」
とあるから、条文は不要。つまり条理。
そもそも会社にメリットがなければこんな偽装はしないから、売主は消費税の課税事業者ではないのだろう。
たとえば、土地の売上が多いデベロッパー、設立初年度の不動産屋等。
いずれにしても、これは脱税。

201 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 21:49:02.87 ID:???
去年司法試験受かったんだか会計士とりたい。
担当と選択と企業法が免除らしいが。
忙しいから長期プランで科目合格を積み重ねようと思ってる。
どうすればいい?まず会計学?をみっちりやるべき?
勉強時間はどれくらいかかる?
ちなみに会計の知識は簿記3級しかない、

202 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 23:51:50.30 ID:???

予備校に通う予定なら直で予備校の担当者に聞いた方が早い。


203 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/22(水) 23:53:42.77 ID:???

>長期プランで科目合格を積み重ねようと思ってる。
科目合格の有効期限は2年だから、最長でも2年以内に全科目
合格しないといけないよ。

分かってるとは思うけど。

204 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2011/06/23(木) 00:13:08.97 ID:???


205 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/23(木) 05:56:06.88 ID:???
>>195
TACの問題?
大学で聞いたら普通は租税回避だってよ
平成20年くらいにあった事例らしい

私的自治の原則が支配する経済活動においては
税効果を考えて金額を決めることもある
そして、契約自由の原則から…しかし…
○○という類型と捉えることもでき…

とか長々いわれたけど途中で聞くのやめた

教科書は金子使ってるけど租税回避だと
ただ聞いた感じだとどっちでもいいのかもしれん

206 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/23(木) 12:22:35.30 ID:???
>>195
DVDの先生は、日本語の「租税の回避」と
税務上の「租税回避」を混同しているようだね。
後者は、例えば武富士事件知ってるよね?
税金を逃れるためだけに住所を海外に移した。
実際に海外に住んでいるんだから違法ではないが
課税の公平は著しく害される。非課税の趣旨を逸脱した脱法。
でも、真実海外に住んでいるのだから仕方がない。
対して、あなたの事例は真実の時価と契約書の時価が異なっているから
税務上の「租税回避」とはいえない。
共謀して真実を捻じ曲げているから100%脱税だね。

207 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/23(木) 14:28:09.48 ID:???
契約操作と全く関係ない国税敗訴の武富士事件だしててワロタ。
契約書の時価とかわけのわからないこともいってるし。
契約書に記載される価額は取引価額であって時価ではない。
初めてきく「租税の回避」と「租税回避」という分類も驚いた。

こいつの理屈じゃ、取引先とグルになって行った有名な契約操作の
譲渡所得回避も真実を曲げて、課税要件を隠し免れているから脱税とかいいだしかねないな。

208 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/23(木) 14:44:55.45 ID:???
まず>>195の共謀という書き方がマズイだろ
互いに合意した金額をもって契約書を取り交わし、互いに会計上も税務上も当該金額で処理を行ったなら
そこには虚偽表示等の不正行為がある訳もなく
また、>>200が言う売主側に納税義務が無い云々は消費税法がそのように規定しているのであって、
それを以って消費税をほ脱したというのは無理、法の不備以外のなにものでもない



209 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/23(木) 15:07:20.55 ID:???
itunesで外人の曲買うと税金かかるの?関税とか消費税とかどうなってんの?

210 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/23(木) 16:56:42.15 ID:???
すみません、今さらながらですが、割りきれない分数計算をして、そこから足したり引いたりするやり方
がうまくいきません。

解答を見ても数字が合いませんしね。

どうすれば良いでしょうか?

211 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/24(金) 03:41:23.23 ID:???
>>210
分数の足し算引き算は小学校の学習範囲ですので、小学校の教科書やドリルを買って勉強してください

212 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/24(金) 04:18:17.11 ID:???
>>210
言ってる意味がよくわからない
電卓使わず暗算で計算しているのですか?

213 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/24(金) 04:43:33.44 ID:???
itunesで外人の曲買うと税金かかるの?関税とか消費税とかどうなってんの?

214 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/24(金) 10:12:09.20 ID:???
>>195
質問の仕方が悪い。
K先生は税金を逃れるために事実と異なる契約書を作成する場合が租税回避、
契約書は事実通りだが申告は事実と異なる場合が脱税としている。
これだと仕入を過大に契約した場合も租税回避になってしまう。

215 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/25(土) 06:28:50.37 ID:???
>>201
会計士とってどうするの?

会計士→司法試験なら、修習終われば弁護士名乗れるからWライセンス可能だが、
弁護士→会計士試験は、仮に受かっても、法律事務所では実務要件満たせないぞ。

216 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/25(土) 06:59:15.32 ID:???
>>215
天才。俺は会計士目指して絶望していたが会計士取得した後司法試験目指すわ。

217 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 09:49:59.65 ID:???
「租税回避」という概念が分かっていない…
相続税は子供一人につき1千万円が非課税となる。
そこで甲は養子縁組により子供を10人に増やした。
これが「租税回避」。つまり条文の歪曲解釈。
租税法律主義からは10人分非課税となるが、
法の趣旨、課税の公平からはこれを認めるわけにはいかない。
悩ましい問題だ。
契約書の金額を変えることはそもそも「租税回避」とは関係ない。
なぜなら条文を歪曲するのではなく、真実の実態の方を歪曲しているから。
こんなのは、悩ましくもなんともなく脱税以外の何物でもない。

218 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 10:03:12.53 ID:???
>>217
誠に残念ですが、相続税法では非課税の計算上算入できる養子の数が
実子の有無により制限がされています
さらに、養子の数について税務署長が不当と認めた場合には否認する規定があります


219 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 10:54:45.63 ID:???
きみ、読解力ないね

220 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 11:49:40.02 ID:???
そんなことはどうでもいいから
「itunesで外人の曲買うと税金かかるの?関税とか消費税とかどうなってんの?」
に答えてよ。お願いします。

221 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 12:21:37.54 ID:AGf3q5a2
iTunesに電話して聞いてみたら?

222 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 12:22:37.94 ID:???
そういうことじゃなくプロの卵の意見が聞きたいの。

223 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 12:38:14.05 ID:AGf3q5a2
真実が知りたいんだろ?
なら卵より実務に就いてる人から聞いた方がいい。

座学なんて実務では役に立たないから。

224 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 12:46:41.48 ID:???
>>222
なんか照れるな、わかんないけど

225 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 12:48:36.21 ID:???
国税専門官の筆記と日商簿記1級ってどっちの方が難しい?

226 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 14:37:55.23 ID:???
>>220
逆にオッサンに教えてくれ
あいちゅーんずで外国人の曲買うっつーのは
日本人が日本のレコード会社が出してる洋楽CDを買う
というのとは違うわけ?

227 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 16:34:41.66 ID:???
>>225
7年前に受けたときは国税のほうがよっぽど簡単っていう印象があった。
まぁ択一7問とかだったし。今はわからん。

228 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 16:53:26.98 ID:???
>>227
たぶん>>225が聞いてるのは国税専門官の筆記(教養+専門)を通過するのと、日商簿記1級取得は
どっちが難しいかってことじゃないか?

229 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 17:23:10.26 ID:???
>>228
あーなるほど。どのみち分からん。

230 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 22:22:25.54 ID:giQ575c6
ファイナンスリースでリース資産の金額は借手の見積現金購入価額と支払リース料総額の現在価値
いずれか低い方の金額を資産計上しますがそれの理由を教えて下さい

231 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 22:30:56.92 ID:???
>>230
資産の過大計上ひいては費用の過大計上を防ぐため。
また同一資産が複数の価格で販売されている場合
より低い価格で購入するのが合理的だから。

232 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 22:32:26.03 ID:???
プッ

233 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 22:44:58.59 ID:rTUFqyO7
>>230
昔はファイナンスリースでも所有権移転外のものはオフバランスでした。
それがあるとき所有権移転の有無を問わずすべてオンバランスすることに
なったのでリース業界はじめ経済界が猛反発しました。

でも企業会計審議会はそのような圧力に屈することなくリース会計基準の
導入を強行したのです。

でも鬼の目にも涙で、せめてオンバランスの金額を小さくしてやるという配慮
があったのです。

だから小さい方を計上するというルールになりました。

234 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/27(月) 22:50:55.08 ID:???
>>230
保守主義

235 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/28(火) 18:31:11.21 ID:???
>>233
鬼の目にも涙というか、雀の涙程度の差でしかないけどなw

236 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/28(火) 19:50:59.28 ID:???
取引の実態が借入と資産の購入なんだからしょうがないべ

237 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/28(火) 20:41:12.47 ID:???
現行制度のファイナンスリースの処理って、経済的実質重視でしょ?

なのに、リースバックは法的形式重視ってなんか整合性とれてなくないか?って最近ちょっと思った。

経済的実質重視するならリースバックは資金の借入取引にすべきだと思うんだけど。

238 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/28(火) 21:00:33.54 ID:???
>>237
法人税ではリースバックは金融取引とみなされ、資産の売買はなかったものとし、
譲受人から譲渡人に対する金銭の貸付けがあったものとされるのです


239 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/06/29(水) 16:36:35.01 ID:???
>>215
会計士試験受かったら監査法人に就職するとか…?

240 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/01(金) 02:51:27.49 ID:???
>>237
会計もリースバックがFLなら固定資産をリース資産に振り替えてリース債務が計上されるから、
実質金融取引と同様になるんじゃないの?
この辺は会計も税務も特に違いはないと思うんだけど。

どの辺りがリースバックが法的形式重視と思ったの?
最初の売却処理について、売却損益を繰り越すとはいえ将来的に売却損益を認識するところとか?

241 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/01(金) 05:56:52.88 ID:???
>>240
リースバックの処理を経済的実質重視の金融取引と同様にしようと思ったら
(現金預金)××× (借入金)×××  にするべきではないですか?

現行制度のリースバック処理が法的重視だと思ったのは、売買処理を行ってるからです。
法的に所有権が移転してるから、売買処理を行っているのではないですか?

経済的実質を重視するなら、この処理はありえなくないですか?
経済的・実質的には売却なんて最初から無くて、以前から固定資産を使用していたのと変わらないんですから。

現行制度が長期前受収益を調整してるのは、法的形式を重視しているのではなく、その逆ではないでしょうか。
一部経済的実態を考慮して、本来ならば生じるはずのない未実現損益を調整しているのだと思います。

242 :241:2011/07/01(金) 06:28:49.16 ID:???
↑はあくまで自分の推測なので(っていうか調べても詳しく書いてるとこがみあたらなかったので)
見当違いな事書いてるかもしれないのでそのときはごめんなさい。

243 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/01(金) 18:31:09.11 ID:mjqjJDUr

セール&リースバックは法的形式はその名の通り売却取引+賃貸借取引。

経済的実態は金融取引。


244 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/01(金) 20:17:30.30 ID:???
合格者は難関試験に合格した優秀な人間であると。
こんなこと考えてるんではないの?
こんなの一般社会でまったく通用なんかしないよ。
一般社会と君たちのギャップに君たち気がついてない人多いいんじゃないの?
評価がものすごい低いんだよ。

公認会計士=難関試験=合格者優秀
こんなふうに洗脳されちゃってるんじゃないの?
一般の面接のとき「まあ資格は別にいいんですよ」とはっきり言われるよ。

245 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/01(金) 21:09:42.90 ID:???
セールアンドリースバックの契約書ってみてみたいな。

売買契約と賃貸借契約の2通からなるんだろうか…。

246 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/01(金) 21:15:27.65 ID:???
>>244
1級って履歴書に書くと転職に有利ですかね?

それともあまり評価されないんでしょうか?

247 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 00:04:17.67 ID:???
連結の場合資本剰余金と利益剰余金を
準備金に分けずに一括して表示するのは何でですか?
元本と果実を分ければ十分だから?

248 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 00:14:20.19 ID:???
>>247
そうとも言えますね。

ただ、資本剰余金は全額親会社のものがそのまま載るからいいですが、
利益剰余金は子会社の取得後利益剰余金の親会社持分だけが連結に
取り込まれます。

そこで子会社が繰越利益剰余金を利益準備金に振り替えたとしても、
連結上それをどうやって表せばいいかという問題が生じます。

振り替えた利益剰余金は親会社による取得前の剰余金(連結では消去
されている)なのか、取得後の剰余金(連結では親会社持分だけ取り込まれ
ている)なのか判別のしようがないのです。


249 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 01:36:58.85 ID:???
なるほどそこまで深いとはありがとうございました

250 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 01:41:01.14 ID:???
>>248
子会社が持つ親会社株の売却を行った場合
その取引の影響は連結財務諸表上資本剰余金に影響あるのでは?

自分はあまり良くわかっていないので馬鹿な質問だったらお赦しください。


251 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 05:57:18.19 ID:???
連結財務諸表は明瞭性が重視されるから
科目集約してるって考えればいいのでは。
売上原価に関しても期首棚卸高、当期仕入、期末棚卸高が集約されてるし

あと分配可能額に関して個別財務諸表で判断して連結財務諸表では判断しないしね


252 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 06:19:04.00 ID:???
会計士受験生的には

>あと分配可能額に関して個別財務諸表で判断して連結財務諸表では判断しないしね

予備校ではこう教わりましたね。
個別F/Sは利害調整機能を重視して、連結F/Sは情報提供機能を重視していると。

253 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 10:07:47.41 ID:???
んなこたーない。

会社法会計と金商法会計というならそうかもしれんが、個別と連結で
想定するFS利用者が違うなんてことはない。


254 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 10:47:32.30 ID:???
正直、今の惨状見てると飯食っていけるとは思えん
試験は受かりにくくなり、採用は減る一方
もうこの資格目指す価値ねーよ

公認会計士になれなければ公認会計士試験の合格なんて何の価値もない
公務員試験でも受けた方がまし

255 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 11:35:58.69 ID:???
>>250
そうだね。

どちらにせよ親株を売って生じた資本剰余金がその他資本剰余金なのか
資本準備金かなんて区別できないから資本剰余金で処理するしかないよね。

会計は払込資本か留保利益かの区別が大事だけど、会社法は資本金か
準備金か剰余金かが大事だからね。
そして会社法は個々の会社ごとの規制だから連結という概念は想定して
いない。

256 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/02(土) 11:56:24.79 ID:???
会計士は監査業務ができないとほとんど価値が無い。
つまり監査法人に就職できない奴に価値は無い。

たしかにこの試験ってすっげーーーーーーー費用対効果悪いよな。。
もうやってらんね。

257 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 00:15:59.04 ID:???
>>253
財務会計の持つ機能に着目して答えよ、っていう問題でした、さーせん

258 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 00:36:19.09 ID:???
NNTになったら会計士は諦めたほうがよさそうだね

259 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 07:24:11.24 ID:???
勘定連絡図とボックス図の意味がわかりません
これらは似ていますが、何が違い、何を意味していて、何のためにこのようなものを書くのでしょうか?

260 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 08:08:49.63 ID:???
決算整理前残高試算表の前をまえと読むのかぜんと読むのかわかりません

個人的な感覚では、前T/Bの場合はゼンで、フルで読むときはマエなのですが
講師はどっちもゼンって言ってて違和感あります

けっさんせいりぜんざんだかしさんひょうって日本語として変じゃないでしょうか?

261 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 12:05:38.87 ID:???
その講師頭に虫でも湧いてんじゃねぇの

262 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 12:29:08.07 ID:???
>>260
まあ、どっちでもいいんじゃないでしょうかw

263 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 14:55:00.05 ID:???
>>260
じゃあ、決算整理後残高試算表は「けっさんせいりあとざんだかしさんひょう」なわけか。
と言いたいところだが、どっちでもいいよ。

264 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 21:21:40.26 ID:???
個別が利害調整機能重視で、連結が情報提供機能重視は間違ってないよ

265 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 21:28:44.05 ID:W/2XX9lj
んなこたーない。



266 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 21:40:56.95 ID:???
連結納税が活発になって、連結配当制度が整備されれば、
個別が利害調整機能重視っていう主張は鎮まるのかねぇ。

267 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 22:47:02.48 ID:???
そもそも、個別にしかわからない情報もあるのだから、個別財務諸表だって
連結財務諸表と比較して相対的に情報提供機能を有しているような・・・言葉の問題か?

268 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 23:12:23.19 ID:???
>>267
>そもそも、個別にしかわからない情報もあるのだから、
それはちと違うんではないか。
情報提供機能の情報ってのは、利用者の経済的意思決定に有用な情報のこと。
情報の独自性より、情報の性質のほうが問題。

269 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 23:20:06.15 ID:???
>>268
でも分配可能額とかって、投資意思決定に重要な情報じゃないか?と思うんだが・・・

270 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 23:45:00.81 ID:???
>>269
確かに株主には特に重要だと思う。
だから米基準の連結とかでも分配可能額が注記される。
結果、単体FS本体はイラネってことで外されてるが。

何が言いたいかというと、特定の情報だけで連結側の情報提供機能重視を覆すのは無理がないか?

271 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/03(日) 23:48:52.91 ID:???
個別は法的事業体重視で会社法会計と合致→会社法は利害調整機能重視
連結は経済事業体重視で金商法会計と合致→金商法は情報提供機能重視

こういうフローならまあいいんでわ

272 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/04(月) 05:39:29.67 ID:???
>>259にも誰か

273 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/04(月) 07:37:48.94 ID:???
会計士ってもういいことひとつも無いよね。ぶっちゃけ。

資格試験に合格しても職はおろか資格すら取れない試験は会計士試験くらいしかないな

274 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/04(月) 09:04:21.99 ID:???
>>259
俺のイメージする両者はそこまで似てないんだけど。
どういうボックス図の話をしてるのか例示できる? ウェブサイトのリンクとかでいいので。

275 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/04(月) 10:33:36.48 ID:???
>>274
テキストがソースだからリンクはない
てかweb上にボックス図とか説明してるサイトがないね
ブログとかでスペースとかで強引に図を作ってることはあるけど


ボックス図というのは、

  仕入
期首 売原
当期 期末

みたいなやつで四角で囲まれてるやつと俺は理解している

勘定連絡図というのは、

  未着品            仕入
期首 現品引取→↓ 外部仕入
当期         → 現品引取
              現品引取費用

みたいな、差額が前T/B残高で、仕訳による移動が矢印で書いてあるようなやつ

276 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/04(月) 12:03:22.15 ID:???
留学先で専攻に会計学を考えているのですが,なにか事前学習用に書籍の購入を考えています。
そこで基礎知識から始められる、なにかお勧めの参考書はありますでしょうか?


277 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/04(月) 12:17:28.92 ID:???
>>276
日商3級とBATIC Subject1のテキスト・問題集やればいいんじゃね。

278 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/04(月) 12:31:38.78 ID:???
>>275
それで違いはわからない? つーか自分で使えばすぐわかる話だと思うんだが。

ボックス図は、ボックスにしてる勘定について、他の勘定への振替高、残高を計算するツール。
貴方が書いた図だと図の中に項目名しか入ってないけど、普通は金額を入れて計算するのに使う。

勘定連絡図は、勘定間のつながりを理解するためのツール。金額を入れて計算するものではないかなと思う。

まあ、勘定が複雑になってボックスが多くなると矢印を入れて見やすくする人はいるかと思うけど、
それを勘定連絡図と呼ぶ人を聞いたことはない。

279 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/04(月) 17:32:52.87 ID:???
原価率のところででてくるインプット原価とかアウトプット売価って何?

280 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 00:52:35.01 ID:???
>>277
大変遅くなり申し訳ありません…
どうもありがとうございます、一度目を通してみます。

281 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 13:05:26.09 ID:???

作業屑差異です
材料25,000円/kg 、製品1個生産するのに材料10kg投入して製品6kg 作業屑2.4kg 減
損1.6kg とします。
当月実績は3,500個の製品が完成し、投入量が35,850kg 作業屑が8,550kgでした。
解答は、減損標準量が投入量の16%である事から(製品21,000kg+作業屑8,550
kg)/0.84=35,179kgが投入量となり、
ここから作業屑差異-4,475,000円、減損差異-16,775,000円。

続きます

282 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 13:07:54.02 ID:???
続き

ここで質問ですが減損実績量が(35,850-21,000-8,550=)6,300kgである事から(製品
21,000kg+減損6,300kg)/0.76=35,921kgが投入量となり、
ここから減損差異-23,025,000円、作業屑差異+1,775,000円と考えました。
解答において減損を標準で考えていた所を作業屑を標準と差替えただけなのですが
答えが一致しません。
どこがどう間違っているのでしょうか?


283 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 14:45:21.91 ID:???
標準作業くず・標準減損を前提にした標準投入量=3,500×10=35,000

実際作業くず・標準減損を前提にした標準投入量=(3,500×6+8,550)÷0.84=35,179

この差が作業くず差異 @25,000×(35,000−35,179)

35,179と35,850(実際作業くず・実際減損を含む実際投入量)との差異が減損差異

35,000→35,179→35,850と並べるみたいね

284 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 17:49:26.03 ID:???
LECだと、段階差益の処理が個別と連結で違うときの説明として、
>>264の論証で答える問題があった

285 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 19:40:53.96 ID:???
LECが間違ってんだろ。

286 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 19:41:58.08 ID:???
論述は構成を見るだけで合っている間違っているは問われないよ。

287 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 20:03:22.15 ID:???
別に間違ってないだろ。
連結F/Sが利害調整機能を重視しているなんて答える受験生はいねーよ

288 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 20:14:57.96 ID:???
どっちがどっちを重視しているとか考えること自体がおかしい。

個別だろうが連結だろうが情報提供機能と利害調整機能の
両方とも大事。

289 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 20:27:08.00 ID:???
利害調整って会社法での分配可能額の意味合いしか持たないんじゃないの?
そういう意味で連結で利害調整も大事(キリッとか笑っちゃうんだけど

290 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 21:00:09.84 ID:???
んなこたーない。

291 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 21:25:52.24 ID:???
概フレには情報提供機能重視って書いてあるよ

292 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 21:29:33.81 ID:???
概フレなんて基準じゃないし。

293 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 22:57:00.95 ID:???
LECのその問題は試験委員対策なんじゃないの?
段階差益をF/Sの提供機能にからめて論じるなんて初めて聞いたけど

294 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 22:57:50.19 ID:???
>>283
作業屑の標準と実際の差をもって作業屑差異とするなら
減損の標準と実際の差をもって減損差異とはならないんでしょうか?

295 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 22:59:01.92 ID:???
>>292
他の基準のどこかに載ってるなら教えてくれ

そもそも利害調整機能や情報提供機能は学者の著書から出てきた表現で、
基準には出てこないと思ってた。

296 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 23:16:38.02 ID:???
>>295
だから個別と連結のどっちがどっちの機能重視とかいう議論は
ありえないんだろう。

297 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 23:38:43.45 ID:???
こういうのって、たいてい、書き込んだやつがその問題を勘違いしているか、
もしくは一部の情報しか出していないってパターンなんだよな

298 :295:2011/07/05(火) 23:39:10.71 ID:???
>>296
え?
なぜ議論自体がありえないなんて話になる?

299 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 23:50:12.83 ID:???
論文はあっている間違っているではなく構成を見るのです。

300 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 23:53:45.55 ID:???
>>299
今はそういう話はしていません

301 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/05(火) 23:59:50.16 ID:???
>>294
問題文にこんな指示はありませんでしたか?

「減損差異は完成品に実際作業屑を加味し、これに標準歩留率を適用した数量と実際の数量を比較して算定すること。」

この指示を補わないと>>281>>283の考え方に一致しないと思います。

ひょっとすると差異の捉え方しだいで、作業屑差異・減損差異に別解があるのかもしれません。。。

302 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 00:20:02.29 ID:???
>>294じゃないけど、俺の知ってる作業屑差異・減損差異と違うなあ。
作業屑数量の実際と標準の差に材料単価を乗じたのが作業屑差異。
減損数量の実際と標準の差に材料単価を乗じたのが減損差異だと思ってたけど。

303 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 04:00:22.58 ID:DYrfP6nV
CPV分析で質問があります
問題1は単純な損益分岐点売上高の計算で、資料は
1 製品の販売予定価格1000円/個
2 製品1個当たりの原価見積もり額、変動製造費500円、固定製造費200円
3 変動販売見積り額100円/個
4 固定販売見積り額1500,000円/年
5 製造販売予定数 年間5000個

資料により変動比率0.6、固定費2,500,000です
公式通りに、損益分岐点売上高=2,500,000(固定費)/1-0.6(変動費率)
答えは6,250,000でした

※文字数制限により分割します

304 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 04:01:59.22 ID:DYrfP6nV
ここまでは問題ないんですが問題2でよくわからない所があります
問題2は利益を500,000確保するには製品1個辺りの価格をいくらにするかです
答えには、P(価格)×5000=2,500,000+500,000/1-600/Pと書いてあり、最終的にP=1200になります

305 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 04:02:44.17 ID:DYrfP6nV
私の答えは、損益分岐点売上高=2,500,000(固定費)+500,000(利益)/1-0.6(変動費率)
7,500,000(損益分岐点売上高)/5000個(年間予定数)=1,500というものなんですがこれは何がダメなんでしょうか?
また答えの左端にあるP×5000のPはわかるんですが、右端の/Pが何故そこに来るのかよくわかりません
公式:損益分岐点売上高=固定費+利益/変動比率ですよね?
数学の知識もかなり初心者なので、詳しくアドバイスお願いします

306 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 04:23:34.78 ID:SSQ1zM4D
P円x5,000個
500円x5,000個
100円x5,000個
-----------
5,000P-3,000,000←貢献利益
200円x5,000個
1,500,000円
------------
500,000円←営業利益

5000P-3,000,000-1,000,000-1,500,000=500,000
P=1200


307 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 04:47:00.36 ID:DYrfP6nV
>>306
レスありがとうございます
売上げから変動費、固定費を引くとわかりやすいですね

しかし恐縮ですが
損益分岐点売上高=2,500,000(固定費)+500,000(利益)/1-0.6(変動費率)
7,500,000(損益分岐点売上高)/5000個(年間予定数)=1,500
私の回答であるこれが成立しない理由と

答えの、P×5000=2,500,000+500,000/1-600/P
この右端にある/Pについて付く理由がよくわからないのでお願いします
P(価格)×5000で損益分岐点売上高、2,500,000が固定費、+500,000は利益、/1-600は変動比率?/Pは何?

308 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 05:41:14.14 ID:???
>>307
問1の損益分岐点は利益0の場所
50万足しちゃだめ
固定費÷変動費率=6250000

問2は分岐点関係ないし変動費がわかってて変動費率を0.4と設定しているなら
販売価格は1000
変動費率(変動費/売上高)で考えてやるとややこしくなると思う

損益分岐点売上高=2,500,000(固定費)+500,000(利益)/1-0.6(変動費率)と
P×5000=2,500,000+500,000/1-600/Pの区切り方がわからない。

どう解いたらその答えになる??

309 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 06:45:27.68 ID:???
原価率のところででてくるインプット原価とかアウトプット売価って何?

310 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 07:20:10.32 ID:???
>>301
因みに問題の事例はここの内容です

http://www.shinnihon.or.jp/shinnihon-library/column/shimizu/2011/2011-02-15.html

311 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 07:38:59.61 ID:???
監査法人に就職できない人間は、合格してはなりません。

312 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 13:28:51.63 ID:DYrfP6nV
>>308
遅くなって申し訳ないです
私の回答は、S=FC+P/1-aという公式があるので、判明してる資料をそれに代入して
損益岐点売上高=2,500,000(固定費)+500,000(利益)/1-0.6(変動費率)=7,500,000
7,500,000/5000個で、製品1個辺りの価格は1500になるものかと思うんですが

あとP×5000=2,500,000+500,000/1-600/PもS=FC+P/1-aの公式を基にしたものですよね?
どうやったらそうなるのでしょうか?
特に1-600/Pの部分がどうしてもわかりません

313 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 17:11:07.54 ID:???
>>312
ごめん 308で意味不明な事書いてるね
無視しといて

上の式では販売費がわからないので
変動費率がわからない
よって0.6から導いた1500はまちがい

変動比率がわからないので
それをPで表したのが下の式
1-(600÷P)
100%-(変動費÷売上高)
=100%-売上高変動費率
=売上高貢献利益率

あと>>307の区切り方は
5000P=3000000÷(1-600÷P)ってことだったのね

314 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 19:11:46.53 ID:UVEaCDgp
見積現金購入価額と割引現在価値の「小さい」方の小さい理由はなんですか

315 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 19:32:34.27 ID:???
過大な資産計上を防ぐため。

316 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 19:43:17.75 ID:???
>>310
通常なら完成品と仕損品(もしあれば)だけをアウトプットとして扱うところを、
本問では作業屑もアウトプットの数量としてカウントする点が独特だと思います。
それが、リンク先の解説「ここでのポイントは〜」に表れています。

作業屑も価値あるアウトプットとしてカウントするため、
(完成品21,000+作業屑8,550)÷0.84=35,179 と計算するのでしょう。
この式が独特というか学者らしいというか。

一方、標準消費量35,000と実際投入量35,850との差から二つの差異を計算できるはずで、
上のようなアカデミックな式など不要では?という疑問も残ります。
ちょっと特殊な問題ですね…

317 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 19:50:03.52 ID:UVEaCDgp
>>315
それはつまり保守主義によるということですよね?

318 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 20:00:26.72 ID:???
合理的な経営者なら安い方を購入する
低い方が採用されたのは業界の圧力もあるはず

319 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/06(水) 22:18:31.32 ID:???
>>314
なんか、同じ議論の蒸し返しだな
>>230-234

320 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 07:44:54.17 ID:???
原価率のところででてくるインプット原価とかアウトプット売価って何?

321 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 13:00:48.12 ID:???
なんか見たことがあるレスだな。

322 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 13:43:11.23 ID:???
企業結合の普通の取得の合併の問題で、
被取得企業の繰延資産を引き継ぎしないのはなぜですか?
これは識別不能資産なのでしょうか?

323 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 13:47:14.46 ID:paM5ZRld
>>313
区切り方がおかしくてすみません

まず問1はS=FC+P/(1-a)の公式に数値を代入して
6,250,000(S分岐点売上高)=2,500,000(固定費FC)+0(利益P)/0.6(1-a変動比率)

問2についてですがこれは問1に利益が+500,000上がっただけなので、上の式のPに代入
売上高がわかったら後はそれを販売数で割れば、1個当たりの販売価格がわかると思うんですが

324 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 15:52:09.05 ID:???
>>322
財産は時価をもって引き継ぐ
繰延資産に時価はない
よってゼロ

325 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 20:15:34.76 ID:???
なんにせよ弁護士と会計士はどっちも制度的に終わってる
もう資格でどうにかできる時代じゃないね
勉強するだけ無駄でしかない

326 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 20:18:33.02 ID:???
>>322
繰延資産は既費消既支出だから資産性がないのよ。

ホントは資産じゃないから引き継げないの。

327 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 21:40:57.64 ID:???
>>323
根本の理解が間違ってるような気がする
Sは損益分岐点売上高じゃなくて売上高

売上高=(固定費+営業利益)÷(1-変動費率)
売上高=貢献利益÷売上高貢献利益率
ってことでしょ?
利益がOの時にたまたま損益分岐点の売上高になるだけね

問ではそもそも販売費がわからないので変動費率が
わからない
販売費をPと置いて変動費率を出すと600÷P
5000P=3000000÷(1-600÷P) 結局販売費が先に出る

S=変動費+固定費+営業利益
をしっかり覚えておけばどんな問題も対処できると思う


328 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 21:41:21.04 ID:???
ってことは未収収益も引き継げないってことでいいですか?

329 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 21:52:07.74 ID:???
>>327
訂正 
X販売費がわからないので変動費率がわからない
○1個あたりの販売価格がわからないので
 変動費率も貢献利益率もわからない

330 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/07(木) 22:07:17.08 ID:???
>>328
未収収益は資産性あるでしょ。

提供した役務に対する対価を受け取る権利が企業結合後も
引き継がれている限り。

331 :322:2011/07/07(木) 23:26:04.57 ID:???
>>324
>>326
ありがとうございます!

332 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 02:57:10.40 ID:jcHEwUfv
>>327
>>329
大変参考になりました
勘違いしてる所もあり、公式の使い方も間違ってたようです

問1で確定していたS=FC+P/1-aの数値は
問2では変動費自体が変わってしまうのでそのまま代入してはいけなかったんですね
わからなければS=変動費+固定費+営業利益の大原則を考えて分析してみます
ありがとうございました

333 :320:2011/07/08(金) 07:15:21.38 ID:???
>>321
回答してくれる人がいないので何度も聞いてるんで

334 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 08:00:59.90 ID:???
>>320
もしかして売価還元法の話か?

335 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 08:41:04.50 ID:???
google検索
"インプット原価" 38件・・・
それって誰かの造語じゃないの?

336 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 08:43:51.16 ID:???
もしやこのこと?
(1)連続意見書方式
分子 → 期首商品原価+当期仕入商品原価
分母 → 期首商品売価+当期仕入商品原価+原始値入額+値上額−値上取消額−値下額+値下取消額

(2)税法方式
分子 → 期首商品原価 + 当期仕入商品原価
分母 → 当期純売上高 + 期末商品売価

337 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 20:20:41.68 ID:???
先物為替相場の仕組みが分からない
先物相場ってどうやって決まるの?為替予約時に金融機関と「じゃあ決済時はこの相場で」みたいな契約みたいなもんではないの?
というか為替予約時以外の先物相場って何の数字なの?

338 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 20:35:15.38 ID:???
>>337
ある時点で未来のある時点(FR)の予想するのは主に両国間の金利の違いから
で、実際のその時点(FR予約時のSR)になっての相場は
両国間の通貨の需要と供給のバランスからで相場が決まるのでないの?

だから、将来の需要と供給は読みにくいから予想がつきやすい金利の違いでの相場で予約して
リスクをヘッジするんだと自分は考えてる

339 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 22:00:12.39 ID:???
>>337
先物相場は現物相場と金利等のスプレッドの分だけ乖離しながら動く。

為替先物の前に株式先物で考えてみよう。
ある株式の株価が800円、金利が2%だったとする。(株式の配当は無視する)

すると3か月後が満期の株式先物の価格は
800×(1+0.02×3÷12)=804円
となる。

つまり先物と現物の差額4円がこの場合はスプレッドになる。

340 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 22:10:14.99 ID:???
ではなぜその乖離が生じるか背理法で考えよう。

もし先物相場で理論値804円より高い810円がついていたとしよう。
すると先物を売り、同数の現物(株式)を買うことで無リスクでリターンが
得られてしまう。

その仕組みはこう。

先物を810円で売り建てたということは、3か月後に現物株式を810円で
売り渡す約束をしたということ。
株価は800円なので、現物株式は今800円で調達することができる。
これを3か月間保有しておいて先物の約束通り810円で売り渡すことにする。

これは800円で仕入れたものを810円で売ることと同じだから、この一連の
取引の結果労せずして10円儲かることになる。

ただし、現物株式800円を買う資金は自己資金ではなく、借り入れによって
賄うこととする。こう考えることで、誰もがこの無リスク取引に参加できる
理想的な状況を想定するのだ。
金利2%で3か月間800円を借りるのだから借り入れコストは4円となる。

10円の儲けと4円のコストで合計6円の利益。
つまり、先物相場で810円の値がついていたら、誰もが無リスクで6円の
利益(裁定利益という)が得られることになる。
このような状況では、裁定利益を狙って我先に先物を売って現物を買う
取引(裁定取引)が進行する。

どこまで裁定取引が進むかというと、裁定利益が0円になるとこまで、すなわち
先物と現物の乖離が4円になるまで行って落ち着く。

341 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 22:16:19.75 ID:???
では株式の配当がある場合はどうか。

満期までに利回り6%の配当があるとすると、上記裁定取引で保有する
に至った現物株式からは800円×6%×3÷12=12円の配当が得られる
ことになる。

先ほどの裁定利益の計算にこの12円の配当も考慮に入れると、裁定利益
がゼロになるのはスプレッドが12−4=8円(先物価格の方が低くなる)のとき。

つまり、現物の株価が800円ならば先物相場では792円の値がついている
ということになる。

まとめると、株式先物と現物の間には次のような関係が成立する。

株式先物の理論価格=現物価格×(1+満期までの金利−満期までの配当)


342 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 22:26:58.26 ID:???
最後に為替先物の場合。

ドル/円の先物の場合、先ほどの株価に対応するものがドルだと思えばいい。
株価は株式の価値を円単位で測ったものであるのと同様に、ドル/円は
ドルの価値を円単位で測ったものだからだ。

だから株式先物と全く同様にして為替先物の理論値が求まる。
株式先物の例でいう金利を円金利、配当利回りをドル金利に置き換えるだけである。

即ち、ドル/円の為替先物価格は次のようになる。

為替先物の理論価格=直物価格×(1+満期までの円金利−満期までのドル金利)

ということで、結果はみんなが知っている通り、金利差が直先スプレッドとなるわけだ。

ちなみにFXのスワップポイントはこれと全く同じ。
ただしFXはデリバティブといわれるが先物のような満期がない。
これは取引価格を直物で行う代わりに、金利差はスワップポイントとして毎日授受
しているのである。

つまり、金利差を毎日受け払いするのがFXの仕組みであり、取引価格に織り込んだのが
為替先物の仕組みであると言っていい。

実際、外貨建て取引のヘッジの方法として為替予約(為替先物)のほかに通貨スワップ
を使うこともある。
通貨スワップは上記FXの仕組みとほとんど同じで、現物価格で将来の為替レートを固定する
代わりに日々スワップ金利を授受するというもの。
ただ、これは外貨建て債権債務という実物資産・負債に裏付けられた実需だからレバレッジが
1倍であるところがFX取引と異なる。

343 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 22:32:52.15 ID:???
ロムってただけだけど
説明わかりやすくておもしろいねw

344 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 22:51:00.32 ID:???
丁寧だけどもっと先物がわからない人には難しい言葉を平易にした方が賢いね

345 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/08(金) 22:53:15.71 ID:???
平易が難しいよw

346 :337:2011/07/08(金) 23:18:15.75 ID:???
直物相場と連動して先物相場が動くわけですな、まあそれは分かりますた。
為替予約をした時点の先物相場が決済時の直物相場と=になるのは先物相場は金利の動きが実際にあったある将来時点の直物相場そのものであるからという理解でよろしいだすか?
ちなみに僕ちんは無知すぎるので「円の金利」「ドルの金利」というものが何のことか分かりません、国際利回りでしょうか?

347 :377:2011/07/08(金) 23:29:10.79 ID:???
全然違った
為替予約時の先物相場と決済時の直物相場は一致しとりまへん
TACの為替予約の問題では決済時の直物レートと先物レートが一致してる
全然わからんくなった、「相場」と「レート」って別物?

348 :377:2011/07/08(金) 23:37:25.45 ID:???
TACの問題の為替レートと先物レート
2月1日(仕入日) 直物119円/ドル 先物121円/ドル
3月1日(予約日) 直物120円/ドル 先物122円/ドル
3月31日(決算日) 直物123円/ドル 先物124円/ドル
4月30日(決済日) 直物125円/ドル 先物125円/ドル
と与えられてる
ちなみに決済日の直物レートと先物レートが一致するのは当たり前と講師が言っていた


349 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/09(土) 00:28:25.93 ID:???
>「円の金利」「ドルの金利」というものが何のことか分かりません
金融政策(金利の決定)は各国の中央銀行が決めるので、金利は通貨によって当然異なる。
ざっくり国債の利回りと思っても間違いない。

たとえば日本の国債利回りは1%にも満たないが、ブラジルとか新興国の
国債なら6%とか7%とか利回りで運用できる。

>「相場」と「レート」って別物?
同じ。

>決済日の直物レートと先物レートが一致する
決済日とは先物の満期日なので理論式からも直物と先物が一致するのは明らか。

350 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/09(土) 00:37:29.36 ID:???
TACの問題でいうと

>3月1日(予約日) 直物120円/ドル 先物122円/ドル
ここでは満期が4月30日の先物契約を締結したということ。(満期まで2か月)

>3月31日(決算日) 直物123円/ドル 先物124円/ドル
4月30日が満期の先物レートが3月末現在124円/ドルということ。(満期まで1か月)

>4月30日(決済日) 直物125円/ドル 先物125円/ドル
先物の満期が到来。

3月1日時点では為替先物には満期が3月末のものもあれば5月末のものもある。
満期は契約次第でいつにしてもいい。
ここでは4月末にドル通貨が欲しいので満期は当然4月末で契約する。
以降の先物相場は4月末のものを参照する(違う銘柄の先物を見ても全く意味がない)
ので、決算日だろうが決済日だろうが4月末が満期の先物のレートが問題文には
与えられているということ。

351 :337:2011/07/09(土) 01:08:35.57 ID:???
ははあ、かなりすっきりした気がします
問題文に与えられてる相場はあくまで「ある予約日から満期日までの」為替予約による相場であると
だから為替予約の内容が違えば同一時点でも先物為替相場は別であると
一つの為替予約の内容の話で決済日の直物相場と先物相場は一致すると

352 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/09(土) 01:14:23.79 ID:???
>「ある予約日から満期日までの」
「同じ満期日の」で充分。

4月末が満期の為替先物相場は予約日より過去にもあったし予約日より
未来(満期まで)にもある。

この問題では会社が4月末銘柄の先物取引をしたのがたまたま3月1日
だったというだけのこと。

353 :377:2011/07/09(土) 01:17:59.72 ID:???
あ、いや違うか
問題文に与えられてるのは「ある予約日から4月30日が満期の為替予約」の予約日ごとの相場か
「満期」って表現は説明の為の便宜上の言葉じゃなくて本当に「ある満期日における先物相場」みたいな感じに使われるの?
全ての予約日ごとにある満期日における先物相場が決まるって理解で今度こそいいかな?
ふううううんんんん難しいよおおおおお

354 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/09(土) 01:37:36.68 ID:+BNEubwV
2週間で簿記3級うかったんだが公認会計士って半年ぐらい勉強したらとれる?

355 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/09(土) 02:08:20.96 ID:???
>>353
株式に東京電力とかNECみたいな銘柄があるのと同様に、先物にも異なる
銘柄があると思ったらいい。

3月末が満期の銘柄
4月末が満期の銘柄
などなど。。。

それぞれの銘柄は株と同じように昨日から今日、今日から明日へと相場が
刻々と変動している。

もし将来ドルを円に換える予定があるならドル売り円買いの先物取引をする。
その予定が4月末ならば、先物も4月末満期の銘柄を使って売ればいい。

356 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/09(土) 22:18:29.31 ID:???
>>354
大丈夫。お前ならできるさ。

357 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/10(日) 02:05:47.71 ID:???
ここに書いてあること全部わからないのでもっと簡単に説明してください。
自分は理解したいのですが説明が下手すぎて理解できません。

358 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/10(日) 02:15:01.15 ID:???
分からない点を一つ一つ具体的に質問したら丁寧に教えてもらえるよ。

359 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/12(火) 18:58:45.13 ID:???
喫茶店で可愛い女の子が簿記の勉強してますた
テキストは市販のビニールカバーのテキストではなくて、予備校の紙表紙のものですた
200ページくらいの薄めのテキストで
裏表紙は右上に白い四角の枠があり、全体的に色はピンク。
テキストの中身ですが、章の始まりの章タイトルのところは5つくらいの朱色の●で囲まれてたように記憶してます

この条件でどこの予備校の何のテキストかわかる人いませんか?

360 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/12(火) 21:34:52.28 ID:???
>>359
こわい

361 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/12(火) 21:40:34.14 ID:VT8frJLr
>>359
そういうこは高校卒業して短大にいけないこがいくようなフルタイムの専門学校じゃないの
大原とか

362 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/12(火) 21:48:03.95 ID:???
後の会計板発のベストセラー「簿記男」である

363 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/12(火) 21:58:19.28 ID:JPR1RPpN
もうさ予備校にお金払うのがバカバカしくなってきたから
みんなでwiki作ろうぜ。

同意の人メールくれ。

364 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/12(火) 22:06:09.65 ID:???
送ったぞ!!

365 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/12(火) 22:11:43.18 ID:JPR1RPpN
一コマあたり3時間の授業ってありえないんだけど。
内容がないのになんでアンナちんたらやってんの?

youtubeで俺が授業やってやろうか?
租税法なんて一コマあたり1時間で20回くらいでかなりのレベルまで引き上げる自信あるわ。

366 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/12(火) 23:34:11.07 ID:???
そんなのいるわけねーだろ…

367 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/13(水) 00:21:45.24 ID:???
>>361
大原のテキストは持ってるんだけど、それとはテキストのデザインが違った。
資格講座ではなく専門学校として通ってる人たちが同じデザインのテキストなのかどうか知らないけど。

というか、なんでこれだけの情報で専門学校生だと思った?
確かに年齢的にはそのくらいに見えたが
そんな情報は出していないはずだが・・・

税理士・会計士受験生でも可愛い子は珍しいかもしれないけどいるよね?
てか、簿記専門学校とかに通ってる子ってさらに地味な子が多いイメージなのだが

368 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 01:24:28.05 ID:???
売却原価について質問ですが、売却原価は売却した資産の帳簿価格、という意味であってますよね?

例えばM社株式2株を4000円で保有しており、当期に1株を売却原価2300円で売った
この場合2000円のM社株式1つを2300円で売り、残りの有価証券は2000円ではなく、
2300円のM社株式1つを売り、残りの有価証券の帳簿価格は1700円ということでしょうか?

369 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 01:31:25.57 ID:???
>>368
有価証券の譲渡原価を移動平均法・総平均法のいずれで計算してたとしても、
譲渡原価4,000円の合計が4,300になることはない。
なのでその計算で合ってると思います。

370 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 02:08:11.40 ID:???
レス感謝します
ただ、よく考えてみると有価証券は基本的に平均法を使うのに2株で4000円を1株売って残りは1700円というのも何だか変な気がします(問題では期首に既に2株保有していた)
問題ではその他有価証券になっていたのですが、その他有価証券の場合は売却時の時価を売却原価と表現する、みたいなことはあるのでしょうか?
つまり売却時に一旦時価評価しなおしてから(この時点で直前の帳簿価格2000円でも売却原価は2300円とされる)売却する、みたいな考え方で会計処理することはないかな

問題の解答では (現金預金)2300 / (投資有価証券)2000 (投資有価証券売却益)300
となっていました

371 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 08:46:44.85 ID:???
>>370
その仕訳ですと、売却原価は2000ではないですか?
2300は売却収入で、300が売却損益。

平均法ではなく、例えば移動平均法であれば取得のたびに1株あたりの単価(原価)が変わっていきます。
しかし、売買目的有価証券であれば、さらに期末の時価評価によっても1株あたり単価が変化します。

372 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 12:26:53.55 ID:???
>>371
そうですよね
問題集の解答が間違ってるということでしょうか
ありがとうございました

ただ、同じ銘柄の有価証券を個別法や先入先出し方などで処理することはあるのでしょうか
4000円分もってて、半分を2300円で売って残りが1700円、ということに少し疑問を感じたのですが・・・

373 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 12:38:20.99 ID:???
>>370
解答の仕訳で時価評価してないじゃん。
普通に考えたら売却原価は2,000でしょ。

売却原価が2,300って書いてあるなら間違いだと思うよ。

374 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 12:50:30.68 ID:???
>>373
問題で売却原価2300円と書いてあり、解答の仕訳が>>370になっていたのです
具体的にはTAC出版の税理士過去問第58回第2問の問2、3番の有価証券の表中のM社株式についてです

ただ、今確認のため見直してみたのですが、表中では売却原価になってるのに対してその上に書かれた文中では売却価格になっていました
もしかしたら問題文の方が誤表記なのかもしれません

375 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 15:32:23.32 ID:ckrWcBM3
法人税法上、事業分量配当金はそもそも受配に該当しないんですよね。
にもかかわらず控除負債利子原則法の分子の額には、
事業分量配当金の元本を加えるんですよね?
不合理な気がするのですが。

376 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 16:31:49.45 ID:???
>>374
保有目的を変更してすぐ売却なんてできないだろうけど
その他→売買目的へ変更なら
売買目的有価証券 2300 その他有価証券 2000
                  /有価証券評価益 300
が間に入って
現金 2300 / 売買目的有価証券 2300
これは可能なんだろうか?

377 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/14(木) 21:04:43.19 ID:???
>>375
同じ元本で、出資分量と事業分量の両方が生み出される場合に
区別できないからじゃないかな?

378 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/15(金) 01:14:36.23 ID:???
>>377
なるほど!
つい形式的にとらえてしまっていました。
ありがとうございます。
納得できました。

379 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/15(金) 21:50:27.96 ID:???


お前ら騙されんな!!

こ れ が 現 実 だ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15017666?mypage_nicorepo



380 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 06:17:21.76 ID:uVf69NVy
その他有価証券で部分的純資産直入法を採用している場合
期首の再振替仕訳には税効果を考慮しないのですか

381 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 10:29:33.20 ID:???
>>380
まずその他有価証券の部分純資産直入に関しては、再振替仕訳は期首に行わなければならないという指定はありません。

質問者様が言いたいことがよくわかりませんが、基本的に全部純資産直入と同じです。


382 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 12:53:49.08 ID:???
撤退しない奴も会計士試験の受験なんかするんじゃなかったと後悔してる奴はいっぱいいる。
受験勉強をはじめる前に時間を戻せるなら絶対会計士試験の受験なんかしないで普通に就職してるよ。

383 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 13:11:07.69 ID:owM6gFHq
そんなこと日記帳に書けよカス

384 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 13:30:03.02 ID:???
こんな状況なの知ってて現役の学生でこれから勉強始める人なんて殆どいないだろうし会社辞めてまで受ける奴はもっといないでしょ
合格者ってだけじゃ社会からの需要がないことが分かってしまった以上すでに制度自体が崩壊してるしね

385 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 13:42:25.61 ID:???
デリバティブ取引の会計処理が分からない

時価と先物相場がある商品の場合デリバティブ損益は先物相場の変動で出るわけだけど、現物を時価で購入して先物価格で売り約定した場合時価と先物相場で損益を出すべきじゃないの?
ヘッジ取引だとヘッジ手段から出た損益分だけしか反映されないけど実際には現物時価と先物相場の差だけ影響出るんじゃないの?

386 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 13:44:29.78 ID:???
>>385
文字じゃ分からん
会計処理って言ってんだから、具体的な数字で

387 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 13:46:57.29 ID:???
ほんと、継続してもリターンが少なすぎる。早めに、職を確定して、就職後、税理士でも取得するほうが賢いかも・・・
会計士合格してもnntだったらって考えると就職してるのが前提で試験に臨まないと、篭城して合格した後、人生は破綻ってシナリオが・・・
撤退は苦しい決断だけど、無職も年齢いってくると苦しいですからね・・・
永遠にnntが発生しそうですし・・・

388 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 14:30:44.96 ID:XC8vi1ZH
>>385
現物とデリバティブそれぞれ時価評価するので、互いに逆のポジション
を建てていれば損益は互いに相殺される方向に計上されます。

つまり現物価格の変動と先物価格の変動の差が正味の損益になります。


389 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 14:38:58.47 ID:???
>>386
事故解決した

390 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 14:52:49.61 ID:???
>>388
答えてくれてた人がいたか
一応確認させて欲しいのですが、満期日を待たずに現物を約定相場で売った場合でも、現物時価評価は売ったから終わりだけどデリバティブ損益の計上は続くということでいいですか?
その場合売るまでの現物時価評価額と売却損益の合計がデリバティブ損益の合計と一致すると考えてよろしいですか?

391 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 15:03:22.43 ID:XC8vi1ZH
現物とデリバティブはそれぞれ時価評価するのが原則。
(めんどくさいのでここではヘッジ会計は考えない)

ヘッジがうまくいっていれば片方の損益ともう一方の損益が逆方向に
でるので結果的に打ち消し合って正味の損益が微々たるものに収まって
いるということ。

だから片方を決済してしまえば、残ったもう一方からの損益が単純に
一つの金融商品の時価評価損益として計上され続けるのみ。

392 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 20:32:29.58 ID:???
平成17年1月1日から平成22年12月31日は6年で
平成17年12月1日から平成22年11月30日は5年

になる意味がわかりません

これは数字のトリックか何かですか?

393 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 20:42:20.36 ID:???
1日ずれることで年号の年数が1年ずれてる

394 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/16(土) 22:20:33.20 ID:???
>>392
意味がわかりませんの意味がわからん。
時系列を線で表せばすぐ分かる。
だが試験で出されると君みたいに間違えてしまう人間は多い。

395 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/17(日) 00:39:31.37 ID:???
平成17年1月1日→一年後 平成17年12月31日→五年後 平成22年12月31日

平成17年12月1日→一年後 平成18年11月30日→四年後 平成22年11月30日

396 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/17(日) 07:00:41.36 ID:???
昭和平成またぐパターンは未だにウザい

397 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/17(日) 10:26:33.37 ID:???
西暦に換算すればすむでしょう

元号を使う国は日本だけじゃないかな?

398 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/17(日) 15:47:55.62 ID:???
今年は昭和86年

399 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/17(日) 22:37:44.74 ID:???
大正表記だとちょうど100年なのか、もしかして。

400 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/17(日) 22:48:32.59 ID:???
昭和63 + 平成23=昭和86
西暦2011 + 12=平成23
西暦2011 - 25=昭和86

こんなかんじか

401 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/17(日) 23:26:05.28 ID:???
税理士を目指そうかどうかを検討しているのですが、
教えていただきたいことがあります。

税理士試験に受かっても、2年間、租税・会計に従事することが
必要とありますが、個人事業の農業にかかる事務(従業員として)
も経験にカウントしてもらえるのでしょうか?

上記で不可能な場合、農業法人化して役員・従業員の立場であれば
可能になるのでしょうか?
特殊なケースであり、このような道をたどるかもわかりませんが、
目指していくかどうかを考えるため知りたく、お願いいたします。

402 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/18(月) 22:08:19.03 ID:???
>>401
本気で気になっているなら税理士会に直接聞いてみてください。
特殊ケースと分かっているならここにあなたの欲しい答えを持っている人はおそらくいません。

403 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/19(火) 13:18:23.72 ID:???
公認会計士平成22年第一回短答式試験の管理会計論の問題に
「Z補助部門費は、他部門への合理的な配賦基準が見出せないため、
補助部門費の計算から除き、第一次集計費を負担能力基準によって各製品に配賦する」
とあるのですが、この負担能力基準というのはどういう意味でしょうか。
解答を見ると完成品の売却価額を基に配賦してます。

404 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/19(火) 22:46:22.11 ID:???
そのままの意味だよ

405 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/20(水) 09:12:42.26 ID:???
ageがお留守ですよ


406 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/20(水) 09:58:14.71 ID:???
原価計算っていつもは原価を製品に跡付けて計算するよね
A製品はいくら材料使ったとか、いくら労務費使った…とか
各製品がどれくらい原価を消費したか分かる時はこう計算する。
これが大原則

で、例外が負担能力主義。
原価発生と製品の因果関係が分からない
A製品がいくら原価を使ったのか正確に把握できないというケース。
こういう場合に、仕方ないから、各製品の市場価格等をベースにして、原価の負担能力を高い製品に多く原価を配布しようというのが負担能力主義

テキストの連産品の所に載ってると思う

407 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/20(水) 11:33:54.49 ID:???
横やりスマン
負担能力主義ってそうゆうことだったのか!
全経の穴埋めででたけど、テキストに載ってなかったので。
今理解できたthx

408 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/20(水) 22:16:06.39 ID:???
今年は現役学生しかとらない監査法人があるらしいな・・・・

409 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/22(金) 09:13:46.23 ID:whaw2Pus

負担能力主義って初めて知った。


410 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/22(金) 11:37:38.59 ID:On6JbE3M
>>401
相当な割引計算されますがカウントは可能です。
フルタイム換算丸2年実務要件を満たす業務への従事なので、仮に元帳や決算書などの作成帳簿を証拠資料を出したとしても、1日1時間換算とされれば14年分の実務証明が必要です。これが割引計算です。

あなたのような証明スタイルだと個人事業主よりは法人のほうがまだマシかもという位の差しかありません。

むしろ偽税理士行為が無いことの立証のほうが苦労するかもしれません。



411 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/22(金) 11:43:39.39 ID:???
@優先株を発行したら有利な資金調達が出来ること
A国や親会社が資金援助のために劣後株を引き受けると一般投資家から普通株の募集が容易になること
がよくわかりません。比較的に有利な株式が取得可能になったとたんに投資家は欲しがるものなの?株価の動きも教えて欲しいです。

412 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/22(金) 11:46:37.21 ID:On6JbE3M
試験に合格した(実務要件を満たさず未登録)→それを知った親類知人などに手伝ってと言われてやってあげたりする

こういう偽税理士行為の裏取りです。
試験合格から登録までやたら長いと、やっちゃう人少なからずいるので

413 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/22(金) 18:46:38.27 ID:???
負担能力主義は2009年度会計士試験で論述として出題された

414 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/22(金) 23:45:49.65 ID:???
株価=将来配当/株式資本コスト

これを念頭に。
優先株発行→配当増える→株価上がる→企業は高い株価で株式発行しても買い手がつく(有利に資金調達できる)

415 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 02:21:03.54 ID:???
優先株の株価と普通株の株価は違うからそうとも言えないんじゃね。

優先株の配当を増やしたら上がるのは優先株の株価。
普通株は配当において劣後するから普通株にとって優先株の存在はむしろ邪魔。

416 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 09:45:27.41 ID:???
いまや合格しても実務経験踏む為の就職受け入れ先が殆どないらしいね。
試験に受かったけど監査法人に入れなかった合格者がコンビニでバイトして食いつないでる。
それなのにどうして会計士試験に臨み続けるのか不思議。
受かっても殆どの人が会計士になれないのにね。

417 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 14:03:33.05 ID:sr0dOfxu
受験生の視点だとそう思うんだな。

法人の中の自分から見たら最近の厳しい就職状況を突破した新人は
若くて優秀。新人らしく生き生きしてる。

就職活動も健全な競争が行われるようになってとても良い。

418 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 14:14:36.27 ID:???
なれないと思うなら止めればいいだけ
どうしこのスレにいるの

419 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 14:17:43.86 ID:???
>>416
やっぱり人間として問題があるんじゃないの?
そういう人って。
試験に受かっても学歴を見られるとかよく言うけど、第3者的に見て面接とかで優秀に見えるのはやっぱり優秀な大学を出た人たちなんですよ、実際。
中には優秀な大学でもワケワカメなことを話す学生もいるけどね。

420 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 15:32:40.56 ID:???
たかが資格試験に合格しただけで就職を保証してもらえる
なんて考えてること自体がおかしい。
国はそんなことに配慮する必要は一切無い。

421 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 15:36:38.03 ID:???
>>420
資格がないと仕事できません

422 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 15:37:13.59 ID:???
>>420
確かに、公務員試験も試験に合格しただけでは官庁等に採用される保障がないからな
況や国家資格をや

423 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 15:39:45.20 ID:???
就活で競争するのは他業界でも同じでしょう

気が進まないなら無理に勉強しなくても…
誰も勉強してくれと頼んでないし
自分に合った仕事を探して下さいな

424 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 16:22:42.45 ID:???
まともな意見が多くなってきたな。

425 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 17:19:35.77 ID:???
税理士>>>>>>>>>>公認会計士って聞いたのですが本当でしょうか?
自分はアタマが悪いので教えてください!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

426 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 17:22:00.82 ID:???
頭悪い人がそう思うんなら事実は逆だと思うよ。

427 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 17:25:45.73 ID:???
>>425
本当です。
税理士は公認会計士の3倍以上もいる。

時点は違うけど、参考。
http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishiseido/seido/seido2.htm
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/about/outline/index.html


428 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 17:31:56.26 ID:???
>>427
それっていわゆる需給の関係じゃないですか?
僕は難しい言葉はよくわかりませんが

必要とされている人数が多いから税理士が多いと思うんです!
必要とされていない公認会計士は少なくてすむと思うんです!

つまり公認会計士は社会のゴミだと思うんです!いらない子だと思うんです!

違いますか?!

429 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 17:33:24.69 ID:???
なんだ自演か。

430 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 17:49:54.57 ID:???

税理士は所詮代書屋。


431 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/23(土) 17:59:48.06 ID:???
国税の天下り

432 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/24(日) 11:05:53.93 ID:???
相手すんな

433 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/24(日) 11:24:29.27 ID:???
荒らしも、荒らしを構うのも荒らしとはよく言ったものだな

434 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/24(日) 16:14:37.81 ID:ZqIsSaqV

では次の質問どうぞ↓


435 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/24(日) 16:29:48.80 ID:???
会計士試験の租税法の理論問題では
通達は試験範囲外だと聞きました
本当でしょうか?

436 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/24(日) 16:37:06.45 ID:???
答練アクセスに出た箇所はやるしかないっしょ

437 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/24(日) 21:11:50.08 ID:???
公認会計士自体が負けなんだって、いい加減気づけや
負けてる中で、どれだけ負けないかを競ってるだけ
一般企業なら会計士も簿記3級も同じなんだよ
入社したら会社のやり方で働いてもらうだけだ

438 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/25(月) 01:53:36.23 ID:MlgOn4FL
監査法人の就職競争に負けたら確かに「負け組」だね。

439 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/25(月) 19:15:22.57 ID:???
半面、監査法人に就職できた人は勝ち組というわけだな。

440 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 10:45:08.98 ID:???
税理士の簿財と会計士短答ってどっちが難しいんですか?

会計士短答合格出来る人は、簿財は楽勝なの?
逆に、簿財合格できる人は短答や論文の財務会計論は楽勝なの?

441 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 13:17:18.32 ID:???
簿財もちは短刀の財務免除
範囲と求められる内容がちがうので
どちらも難しいとしかいえない

442 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 13:56:55.37 ID:u6rJMUeD
試験問題自体の難易度はどっちが上か分からんが、受験生のレベルは
明らかに会計士が高いから、受かり易さでいうと簿財の方が簡単。

あと、試験範囲は短答の方が簿財よりずっと広い。

443 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 15:01:45.56 ID:???
論文受かっても内定もらえないから報われない試験になってきたね

444 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 18:32:58.42 ID:???
今入所する人は優秀だよ。

受かる人はペーパーテストの成績が良くて当たり前。
プラス人間性も良くないと内定を勝ち取ることはできない。

公認会計士の人格要件がようやく実効的になってきた感じ。


445 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 21:11:30.72 ID:???
短刀って


マルバツ

でしょ?w

446 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 21:33:03.35 ID:???
合格者の中で競争させるのは良いことだろ。
合格者の5分の1だけが就職できるようにして、あとの5分の4は見殺しで良いよ。

447 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 22:23:21.50 ID:???
>>441>>442
もうちょっと詳しく聞かせてください
具体的に、それぞれどういう知識が求められてるんですか?
簿財で短答の財務会計論免除になってしまうのは妥当なんですか?
短答の財務会計論に合格できる知識量を10とすると、簿財にはどれくらいの数字がつきますか?

会計士試験の短答・論文の両方をミックスして1つの試験にしたのが簿財だけど、
やはり会計士のほうがレベル高めで範囲も広いというイメージを持っていますがどうなんでしょうか?

なので、まだ短答合格を目指している段階の会計士受験生は、簿財の短答相当の部分には回答できても、
論文相当の部分には回答できないのでまず合格できない
ってわけではないんでしょうか

448 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/27(水) 23:54:02.16 ID:???
>>447
@会計士は上場企業や大企業の会計を想定しているので、組織再編や連結が
大きな論点になる。一方税理士試験は中小企業を想定しているのでそのような
論点は滅多に出ない。
代わりに消費税の簿記が頻出する。

A会計士試験は金商法中心の会計が問われることが多いが、税理士試験は会社法
の会計が多い。

B税理士は財で開示の作り方が問われるが、会計士は開示の作成はない。

C時間内に解き終わらないボリュームが出るのは両者共通。

などなど。

449 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/28(木) 00:38:33.92 ID:???
>>448
片方の勉強しかしていない人が、もう一方を受かるような試験ではないんでしょうか?

450 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/28(木) 00:45:58.46 ID:???
簿財から短答は難しいが、逆は若干の慣れを要するが難しくはない。

短答に合格できなかった人でも簿財のどちらかは取れるケースが多い。

451 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/07/28(木) 07:44:59.18 ID:???
簿財は簡単だよ
ここで1/10に人数が絞られて
税法で10年苦しめられる

452 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 01:20:07.77 ID:???
予備校のテキストで勉強しているのですが、昔学習した論点を忘れてしまったときに
外で勉強している場合、テキストが手もとになくて復習することができなくて困ります。

予備校のテキストには例題など無駄な部分も多いので、
例題などを省き、会計処理の方法だけをまとめた持ち歩けるサイズの辞書のようなものを探しているんですが
そういうものは売っていないんですか?

企業会計小六法とか会計法規集がそれに当たるんでしょうか?

453 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 01:26:56.05 ID:???
法規集は文字の羅列
広辞苑みたいなもんで処理は書いてない

454 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 10:22:45.91 ID:Jxd8Emw8
>>452
お前ドンだけチビで非力なんだよ。B5サイズのテキストを持ち歩けないなんて
会計士になったら膨大な資料を運ばなければいけないんだよ。
筋トレしておけ

455 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 12:14:07.90 ID:???
>>452
そういう自分仕様のものは自作するしかないんじゃない?
ミスするところや弱点は各人によって違うし
万人仕様のものが販売されていたところで結局は加工することになると思う

456 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 12:55:35.84 ID:???
>>452
http://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/04133/
個別会計も連結会計もこの1冊に収載!
1級商会の全範囲を網羅!
スキマ時間を利用して、頻出仕訳と計算を完全マスター!

こんなのはあるけどやったことないからわからない
もし何か買ったら報告してくれるとありがたい

457 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 22:27:04.18 ID:???
簿記検定って1級に受かっている状態で2級受けられますか?

458 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 22:35:33.98 ID:???
何回でも受けれる

459 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 22:53:17.54 ID:/0hF8uci
質問します。

商品の仕入価格には当方負担の送料を含めるとありますが、仮に文具など
の消耗品にも付随費用がある場合、同様に含めて考えるのでしょうか?





460 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 23:00:30.32 ID:???
含めますよ

どのみち、消耗品も付随費用(送料等)も一般管理費にぶち込まれて一緒になるので
含めるかどうかは大した問題じゃないですが

461 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/01(月) 23:31:28.71 ID:???
すみません。質問です。
明日税理士試験を受けます。
持ち物の中で、「ペットボトル(500ml以下は持ち込めません)」とあるんですが、
600mlのペットボトルはダメなんでしょうか?
当方、お茶を持っていきたくて、購入したのが600mlなのに気付いて
受験案内をみたら上記のような表記があったので悩んでいます。

試験管にチェックされますかね?

462 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/02(火) 00:17:32.22 ID:???
>>461
チェックされても文句いえない。買い直せばいいじゃん。

463 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/02(火) 00:20:58.49 ID:???
筆記具、計算器具(そろばん又は計算機)、
定規、ホチキス、時計及び昼食以外は試験室に持ち込めません。

と書いてあるんですが、それ以外の荷物(例えば、財布と携帯とか)は
試験の間どうするんですか?

あと、さっき揺れましたか?

464 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/02(火) 00:24:44.55 ID:???
かばんにしまえ。

465 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/02(火) 00:26:37.16 ID:???
封筒が配られてそれに携帯を入れて鞄にしまえと指示されるかもしれない
某試験ではそういうことがあった

揺れたよ

466 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/02(火) 12:22:17.34 ID:???
それは宅建だね。

467 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/06(土) 10:53:02.02 ID:???
TACの2011年目標初学者コースを申し込んでいましたが、基礎期すら消化できなくて上級を申し込んでなかったのですが
このまま終わると上級期分の料金は返ってくるんですか?

返ってこないならテキストだけでも貰っておくつもりですが、返ってくるなら上級期申し込まない方がいいですよね?

468 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/06(土) 11:02:33.60 ID:???
>>467
それって初学者コース申込に上級の課程も含まれてるんじゃないのか?
返ってくるわけないと思うが。

469 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/06(土) 16:42:41.62 ID:mvMeVzk9
>>467
返って来るはず。直ぐにTACへ行け。そして聞いてこい。講座をストップしてもらえ。
日数が立つと戻ってくる金も違う。

470 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/06(土) 17:48:51.78 ID:???
11年の返金はもう無理でしょ
テキストはまだもらえる

471 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/08(月) 03:54:37.92 ID:8sQIoGgC
試験の本番中にメンタルの弱さが出ました、、。
TOCビルだったのですが隣の人が明らかに、わざと机の位置を何回もずらしてきたので、
やり返したときに試験員がこっちを「ん?」って感じで見てました。
あれで、カンニングの疑い持たれてたらどうしよう、という不安が今になって出てきました。
はぁ、、。
何も言われてないので大丈夫と思っていいですかね?

472 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/08(月) 06:21:07.54 ID:???
マルチ

473 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/08(月) 23:26:32.52 ID:???
日銀の財務諸表は監査の対象外なんでしょうか?

474 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/08(月) 23:58:01.69 ID:???

11/08/05 20:00
【重要】日経225オプション取引の売りポジション等のご留意事項について


SBI神だろ。


475 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/09(火) 00:17:16.75 ID:???
>>473
日銀法に従い、財務諸表に監事(会社でいう監査役)の意見を添付して
財務大臣に提出することになっています。

何もしないで意見を出すことはできないので、監事は会計監査をすると
思われます。

476 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/09(火) 08:51:38.67 ID:???
質問です

消費税法において、国内取引の非課税取引として
「利子を対価とする金銭の貸付等」が挙げられています。
予備校のテキストではこの例として、社債・銀行預金の利息、収益分配金の受け取りが示されていますが
金銭の貸付自体も非課税取引という理解でよろしいですか?

文字読めば当たり前だろって気もしますが、どこにも例に載ってないので不安なので
よろしくお願いします

477 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/09(火) 10:16:38.60 ID:???
金銭の貸付ってそもそも課税対象外ではないかい?

478 :租税法得意です:2011/08/09(火) 10:20:13.45 ID:???
>>476
貸付事態は深税です。耐火性ないでしょ?
耐火たる李氏が非課税です。

479 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/09(火) 11:39:51.71 ID:???
漢字くらいちゃんと書けよバカ。
どこの民族だよ。

480 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/09(火) 14:03:15.34 ID:???
>>477-478
ありがとうございます
おかげですっきりしました

481 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/09(火) 14:17:32.40 ID:???
ツッコミのしかたにワロタw

482 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/09(火) 21:58:44.94 ID:???
公認会計士という資格を選択し目指してしまった過ちは自己責任だわ
公認会計士試験の罠というものを見抜けなかった
合格しても就職はおろか、資格すらもとれさえしないとは全く気づかなかった
大変後悔している

483 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/09(火) 22:01:55.78 ID:MLVg1ZBX
>>480
よく>>478が読めたなw

484 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/10(水) 09:13:48.13 ID:???
質問お願いします

TACの直答でやった法人税法132条3項の意味が理解できません
講師が解説に30分も費やしたので重要性は高いようですが…

485 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/10(水) 21:05:19.57 ID:???
NNTになったら会計士は諦めたほうがよさそうだね

486 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/10(水) 22:14:35.15 ID:n0fQos6X
NTT?

旧電電公社かw

487 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/10(水) 22:17:26.14 ID:???
NNT=無い内定、ね


あら、釣られたか?

488 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/10(水) 23:00:09.24 ID:???
就職競争まで含めて会計士試験だからな。

能力的にも人間的にも秀でたひとのみ会計士になれる。

これがあるべき姿。

489 :名無しさん:2011/08/10(水) 23:09:29.41 ID:EE+/Cv8f
すみません、質問です。まったくの初心者且つ無知ですみません。 
>>1ってあるように>>ってどうやったら青くなるのですか??他の人が押すとそこに飛ぶようになっていますが・・・
すみません!教えてください、お願いします

490 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/10(水) 23:48:37.55 ID:???
金融庁は試験合格者の意識改革が必要と考えているわけ。
企業側に採用を促すんじゃなくて試験合格者に企業への就職を促している。
就職無理だって?じゃあ何で年増になるまで受験したのさ。自己責任。
それが金融庁の考え。企業に働きかけはこれからも一切しない。

491 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/11(木) 00:57:39.76 ID:???
>>489
半角

492 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/11(木) 00:58:17.75 ID:???
>>489
ggrks

493 :名無しさん:2011/08/11(木) 01:05:13.77 ID:J3rLa0wg
>>492 ggっても出ませんでした(泣)


494 :名無しさん:2011/08/11(木) 01:13:21.05 ID:J3rLa0wg
>>491さんありがとうございます!

495 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/12(金) 00:10:31.93 ID:???
すみません、質問です。
税理士試験ですが、受験科目に悩んでいます。

簿記・財表・消費税法・相続税法までは既定なのですが、残りの1科目を
何にしようか、考えています。法人税か所得税になると思うんですが、
どちらを選んだほうが良いですかね?

ちなみに税理士事務所勤務です。

496 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/12(金) 00:12:08.76 ID:???
勤務してて税法科目決められないのは、もうその仕事に向いてないと思います。
鉛筆転がして決めたらいいんじゃないですか?

497 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/12(金) 00:25:02.52 ID:???
495です。
いや、正確にはこれからの勤務です。
失礼しました。

498 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/12(金) 00:37:19.38 ID:???
4科目受かってから考えれば?
どうせかなり先でしょ

499 :467:2011/08/12(金) 18:22:37.85 ID:???
TACの上級期への振替書類だけ貰ってきてあるんですが、
書き方がよくわかりません><

名前や入学コース以外では何を書けばいいんでしょうか?
◆◎★などの記号が並んだり、登録・変更後などの欄がありますが意味不明です。

500 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/12(金) 18:55:32.55 ID:???
さすがにそれはタックの受付で聞いた方が早いのではw

501 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/13(土) 19:08:20.76 ID:???
法人税の同族会社における役員及び使用人兼務役員の範囲について質問です

役員の範囲の条件の@に、
持ち株割合が最も大きい・・・、はじめて50%を超えるときににおけるこれらの株主グループの上位3順位のいずれかにその者が属していること
とありますが、もし2グループで50%を超えてしまった場合は、第3位のグループに含まれている者はこの条件で除外されるのでしょうか?
その場合、上位3順位と明言してあることとの整合性がおかしくなってしまう気がするのですが

502 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 02:29:25.54 ID:???
連結修正仕訳で質問です。

子会社株式の一部売却の仕訳で、取得時から売却までの
その他有価証券評価差額金などの評価換算差額等の勘定を売却比率に応じて認識しますが、
子会社増資の際に親会社の持分比率が下がった際に、一部売却と同様に扱うにも係わらず
評価換算差額等を売却比率に応じて認識しないのはどうしてでしょうか。



503 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 10:00:53.08 ID:???
>>501
もし2グループで50%を超えてしまった場合、

> 持ち株割合が最も大きい・・・、はじめて50%を超えるときににおけるこれらの株主グループ
第3位のグループは上記に含まれないのは確定だから、

> これらの株主グループの上位3順位のいずれか
第3位は「これらの株主グループ」に該当しない。


504 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 10:33:25.86 ID:???
>>501
その規定は3順位までは同族会社判定で登場したのをまた使うように明示しただけ
その中から同族会社の支配的影響力を持つグループを抽出する作業(30、25、1、自己株44とかだと3順位目は支配的影響力を有していると認めるわけにはいかない)が@で括弧の中の3順位は普通に使用人兼務なり使用人になります。

>>502
するでしょ、結局期末の連結の評差は取得後評差×持分割合になるんだから

新株発行/少持
評差 /のれん
持変
と売却益の修正が持変の修正になるだけ

505 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 10:40:22.85 ID:???
企業法で種類株発行公開会社が普通株式を平価発行した場合この場合、種類株主の議決権低下や少数株主権が行使できなくなる等の不利益から種類株主総会を開く必要はありますか?
正直公開会社だから支配的不利益の考慮はいらないと思うのですが明文がないものでして…

506 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 12:40:30.38 ID:???
>>502
子会社増資の仕訳は「みなし株主割当+みなし売却」なので必ず一部売却
と同じようにその他の包括利益が動きますよ。

507 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 12:46:35.95 ID:???
差額金動かないと所有比率がおかしいことになるな。

508 :502:2011/08/14(日) 14:17:51.58 ID:???
期末に増資で持分比率が減ったら評価換算差額を認識するという事ですね。
ありがとうございます。

この問題について追加で教えていただけますでしょうか。

期末に一部売却ではなく追加取得で親会社持分比率が増えた場合では
評価換算差額等の勘定は連結修正仕訳では出てきませんよね。
テキストではその他有価証券評価差額金は連結修正仕訳に出てきませんでした。

509 :502:2011/08/14(日) 14:24:09.54 ID:???
連投すいません。

一部売却の時は評価換算差額勘定が出てきて、追加取得の時に出ないのはどうしてでしょうか。

期末の貸借対照表が一部売却後の持分比率に応じて表示されるのであれば、
期末に行った追加取得時でも追加取得後の持分比率の評価換算差額勘定が表示するために
追加取得比率に応じた評価換算差額勘定が連結修正仕訳に反映されると思うのですが・・・

510 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 15:11:06.07 ID:???
追加取得で取得後差額金が認識されるというか、
取得後差額金は少持に振り替えるでしょ?
持分比率が増加したということは、親会社持分から少持に振り替える差額金がその分減少するということ。

511 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 17:18:21.96 ID:HQSNc8mc
>>509
おそらく2つ誤解している。

1つは親会社持分が連結BSの純資産に載っていると思い込んでいること。
支配獲得時の修正仕訳を見ると一目瞭然だが、子会社の純資産は少数株主持分と親会社持分に分けられたあと、
前者はそのまま連結BSに残る。
しかし後者は親会社による初期投資額と相殺されて連結BSの純資産から
消えてなくなる。

すなわち子会社の支配を獲得した瞬間は、子会社の純資産にあった利益剰余金も
評価換算差額等も連結BSには1円たりとも計上されない。

ではなぜ一部売却のときは利益剰余金や評価換算差額等が取り崩されるのか。
それは支配獲得時から一部売却の時点までの間に子会社が稼ぎ出した利益
剰余金と評価換算差額等(の親会社持分相当額)については連結BSの純資産
に計上させるから。

支配獲得時に子会社の純資産がまっさらになったのは初期投資と親会社持分が
ピッタリ対応していたため。
その後子会社の純資産が増えれば親会社持分は初期投資額から溢れるから、
その分がはみ出て連結BSの純資産に顔を出す。
一部売却して親会社持分が減れば、初期投資額のみならず、このはみ出た
部分も少数株主に振り替えないと「その時の」子会社の純資産を親会社と
少数株主との比率で案分した額を連結BS上に表現することができない。

だから一部売却のときは修正仕訳に利益剰余金(売却損益の修正)と評価
換算差額等が出てくる。

512 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 17:20:33.17 ID:HQSNc8mc
ならば追加取得のとき利益剰余金や評価換算差額等が動かないのはなぜか。

これも支配獲得時の投資と資本の相殺消去仕訳とおなじ。
しかし追加取得は既に連結されて子会社の純資産が親会社持分と少数株主持分に
分かたれている状態からスタートするという点で支配獲得時とは異なる。
よって追加取得の連結修正仕訳は子会社の資本の代わりに少数株主持分で
もって追加投資額と相殺消去させる。
この少数株主持分の中に支配獲得後の子会社利益剰余金と評価換算差額等
の増加分が反映されているから、利益剰余金や評価換算差額等は動かさない。

追加投資額は当然に太った子会社純資産に見あった額を出すため、これまた
支配獲得時と同じく投資と資本はピッタリ対応するのだ。

以上でもう1つの誤解が解けたとはず。
それは支配獲得後の連結修正仕訳(一部売却や追加取得)は子会社の
ストックの調整ではなく、支配獲得時からのフローの調整だということ。

ストックの調整は支配獲得時の資本連結仕訳で行ったので、以降の調整は
そこからのフローの積み重ねとして表されることになる。
よって支配獲得後は子会社の純資産の各構成項目が持分比率によって比例的に
親会社と少数株主に分かたれるわけではないし、従ってその結果利益剰余金
や評価換算差額等もまた比例的に連結BSにはみ出るわけではない。


513 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 17:48:44.27 ID:???
取得時差額金部分に誤解があっても仕方ない。
そもそも差額金は親会社の投資に対応する部分ではないのに相殺してるわけだからな。

514 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 18:07:53.27 ID:HQSNc8mc
>>513
対応するよ。

利益剰余金と評価換算差額等は実現してるか未実現かの収益の定義の問題
であって、連結上差別はない。

だからこそ取得後利益剰余金も取得後評価換算差額等も平等に少数株主持分に
振り替えられる。

515 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 18:38:31.54 ID:???
>>514
その他差額金は純利益に含められてないし、それでいて払込資本じゃない。
つまり、報告主体の所有者に帰属しないということ。

昔は、少数株主持分は「資本の部」に計上されて、
そのまま純資産直入項目含めて親会社の投資と少持の振替で消去されてた。

今は、ただ単に株主資本と評価換算差額とで表示上分けられてるだけで、
昔と取り扱いはなんらかわってない。

ちなみに、この論点は昔から問題点として検討される余地があるとされてる論点。

516 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 18:54:40.21 ID:HQSNc8mc
>>515
それは違う。
概念的なことをいえば、資産負債法のもとでは評価換算差額等も純資産価値
をあらわす。

もし評価換算差額等が投資に対応しないなら資本連結から外したうえで
差額はのれんとしないといけない。

事実、子会社を取得する場合、投資会社は評価換算差額等を含めた純資産
価値に対して投資額をきめる。

例えば、在外子会社に為調があるときはそのときの投資額はドル建ての
純資産価値で測らないといけないが、それは為調を投資対象にふくめて
いることに他ならない。
株式に含み益を持ってる会社を取得するときも同じ。
株式の時価を含めて投資額を決めないといけない。

そもそも金融資産以外の資産負債も時価評価して子会社の純資産価値を
確定しそれと投資額との差額をのれんとしなければならないところ、金融資産からの評価損益だけを除くのは全くもってしゅひ一貫しない。

資本連結で評価換算差額等を消去していること自体、これも投資対象にカウント
されているということを意味する。


517 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 19:27:24.53 ID:???
>>516
違うといわれても、この論点は学者の中でも有名だし、
会計士レベルなら答練でも出てるはずの論点ですので。

>概念的なことをいえば、資産負債法のもとでは評価換算差額等も純資産価をあらわす。

報告主体の所有者への帰属の有無と資産価値の有無・税効果の認識とはまったく別次元の問題です。

>もし評価換算差額等が投資に対応しないなら資本連結から外したうえで差額はのれんとしないといけない。

だから、そこが現行制度の議論されてる部分なのです。
現行制度は手続上はその他差額金を株主資本と区別しましたが、資本連結においては未だ問題が継続してます。

>例えば、在外子会社に為調があるときはそのときの投資額はドル建ての
>純資産価値で測らないといけないが、それは為調を投資対象にふくめていることに他ならない。

それは、換算上の問題であって、「投資と資本の相殺消去」の話の上ではまったく別問題です。
ここで議論すべきは、「支配獲得時」のその他差額金の話です。
ちなみに、支配獲得時には為替換算調整勘定は発生しませんのでもちろん問題外です。

>株式に含み益を持ってる会社を取得するときも同じ。
>株式の時価を含めて投資額を決めないといけない。

ここまで来るともう何をいってるのかよくわかりません。
日本語でおk

518 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 19:41:43.35 ID:HQSNc8mc
>>517
報告主体の所有者の帰属問題と投資の問題とをごっちゃにしているから
おかしくなる。

投資はあくまで評価換算差額等を含めた子会社の純資産に対してなされるので、
評価換算差額等は資本連結の際に投資と相殺消去されなければならない。

もし投資会社が株主資本のみに対して投資し、TOBを仕掛けるとすれば、
含み益がある有価証券を有する子会社の株主からは買い付け価格が低いと
当然異論がでる。

子会社投資を評価換算差額等を含めた子会社純資産に対して行っている以上、
資本連結の際には評価換算差額等を含めて消去しなければならない。

評価換算差額等を報告主体の所有者の帰属とするかどうかは表示上の問題であって、
現行制度でも連結BS上評価換算差額等を株主資本から除いていることからも
わかる通り、決着はついている。

519 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 19:43:02.67 ID:???
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/ketsugou-2/ketsugou-2_4.pdf

関連項目を探したが、結論の背景22項におおよそのことが書いてある。
純資産基準は表示上の定めを変更しているに過ぎない。


520 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 19:47:39.74 ID:???
大原論文答練

「連結子会社の個別貸借対照表上、純資産の部に計上されているその他有価証券評価差額金は、
資本連結において、親会社の投資との相殺消去および少数株主持分への振替によって
消去されることになる。かかる取り扱いの問題点について述べなさい」


普通に答練にもでてるね

521 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 19:55:43.19 ID:HQSNc8mc
>>519
そうだね、報告主体の所有者に帰属するかどうかは表示上の問題。

個別の基準は概フレに優先する。
概フレが評価換算差額等をどう位置付けていようが、現行基準は資本連結
の対象となる資本は評価換算差額等をも含めたものであることが明示されている。

>>520
予備校で教えることはあまり鵜呑みにしない方がいい。


522 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 19:59:43.01 ID:???
>>521

現行基準が間違ってるなんて一言も言ってないよ。

帰納的ルールにはどこかしら矛盾があるのは当たり前。

ただ、問題点があるということ。
それをさっきから言ってるの。

現行制度は表示上は区別してるのに、資本連結では含めて相殺しちゃってる。

現行制度に議論の余地があるのも、ちゃんと学者がそう言ってる。
予備校の問題は勝手に予備校が考えて作ってるわけじゃない。
学者の意見に即して出題している。

だから、それが間違っているというのなら、もはや多数説の学者の見解を否定しているのと同じ。

523 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:02:55.30 ID:???
予備校で教えるのを鵜呑みっていうか、結構ベタな論点だぞそれ

524 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:05:45.89 ID:???
初心者にはさっぱりんこや

525 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:08:02.83 ID:HQSNc8mc
>>522
何度もいうが、評価換算差額等が報告主体の所有者に帰属するかどうかと
投資と資本の相殺消去で評価換算差額等がどう扱われるかは全く別の問題。

投資の実態が評価換算差額等を含めた子会社純資産に対して行われる以上、
相殺消去の対象には評価換算差額等が含まれなければならない。
そうしなければ連結財務諸表が企業活動の実務を正しく表すことができないのだ。

評価換算差額等が報告主体の所有者に帰属しないというのなら、評価換算差額等を
資本連結仕訳に含めたあと残りが出た場合は株主資本から除いて表示すればいいだけ。

ちなみに実務指針も妥協の産物たから、結論の背景にもたまに的外れな
ことが書かれることがある。

526 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:09:26.28 ID:HQSNc8mc
×企業活動の実務
〇企業活動の実態


527 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:12:04.01 ID:???
>>525

ついに結論の背景まで否定しはじめたかwww
それ言っちゃもうなんでも否定できることになるぞ。

「投資と資本の相殺」の「投資」と「資本」を現行基準がどう定義づけてるのか確認してくれ。
そこに矛盾が生じる。

俺は忙しいからもういちいち議論はせんぞ。
他の人頼んだ。

でもまあまあ議論できて楽しかった。じゃあな。

528 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:17:16.15 ID:HQSNc8mc
>>527
>「投資と資本の相殺」の「投資」と「資本」を現行基準がどう定義づけてるのか確認してくれ。
明快。
「投資」は親会社による子会社株式の取得原価。
「資本」は株主資本と評価換算差額等の合計。


> そこに矛盾が生じる。
何ら矛盾は生じない。

予備校の教えることばかり真に受けて自分の頭で考えることを放棄すると
正しい理解は得られない。
例えペーパーテストに合格できたとしても。


529 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:26:49.10 ID:HQSNc8mc
ちなみに根拠を挙げとくと、連結会計基準の23項(2)ね。


530 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:40:27.00 ID:HQSNc8mc

というわけで、チャチャが入ったけど、投資の対象は評価換算差額等を含めて
いるという事実にいささかの変わりもないので、>>509さんは>>511-512

そのまま読んでそれ以降の議論は無視して下さい。


531 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:43:26.48 ID:???
うちの予備校のテキストにも、差額金の相殺の問題は今後再検討されるかもしれないって書いてあるけど。
IFRS適用なったらどうなんだろ?


532 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:51:24.92 ID:UEuoFIgz
IFRSで解決するからもう検討してない

533 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 20:57:28.51 ID:HQSNc8mc
>>531
IFRSにおける利益は包括利益であって、その内訳にはあまり興味がありません。

その他の包括利益累計額に計上された資産の含み損益を、その資産が売却
されても利益剰余金に振り替えることなくそのまま包括利益累計額に
残すことを認めるくらいですから。

それより大きな論点は、一部売却あるいは追加取得したときに投資と資本の
差額を資本剰余金で処理することでしょう。



534 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 21:03:17.21 ID:???
当期純利益ってなくなるのさみしいな。


535 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 21:20:05.02 ID:???
なくならんだろ

536 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/14(日) 22:01:09.08 ID:HQSNc8mc
当期純利益は純利益(Net Income)の内書きにはなるね。

537 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 00:26:08.15 ID:???

だから「評価換算差額等が報告主体の所有者に帰属するかどうか」と
「投資と資本の相殺消去の『資本』に評価換算差額等を含めるかどうか」
は全く無関係なんだって。


538 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 00:27:01.23 ID:???

ああ、議論にケリはついたのね。。。

スマソ…。


539 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 00:36:13.42 ID:???
>>519に書いてあるのが真実だと思うが・・・

540 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 00:45:29.08 ID:OpOrUUME
無関係ではないな。
それだったら新株予約券も相殺しろって話になる。
そもそも投資と資本をなぜ相殺するのかって問題。その他差額金を相殺してるのは基準上そうせざるを得ないから。

541 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 00:58:45.08 ID:8rhKNFpK
>>511-512の人、なんかえらい難しい調子で長文書いてるけど
伝わらなきゃ意味なくね?内容が合ってるのかすらわからない。初心者スレなのに。

追加取得のときにも一応取得後利益剰余金と取得後差額金は変動してるよ。
ちなみに、追加取得のときは、「取得後」差額金ってのは翌期末以降までの変動のことね

普通にクイックメソッドつくって売却時どんな数字がかかれてるか見ればわかる。

差額金の相殺については、>>519の結論の背景に書いてあるような問題がある。
ただ、基準はそうは処理していない。ただそれだけのこと。


542 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 00:59:53.87 ID:???
大学を卒業して無職で受験するということは、新卒での就職機会をみすみす逃すことになり
就職していれば誰もが手に入れる賃金やスキルや職務経験を得る機会を失うという現実に直面する。
また、試験に合格できなければ年齢だけ無駄に重ねてしまい就職機会を失うという現実に直面する。
さらに、晴れて試験に無事合格できたとしても求人数が求職者数を大幅に下回ることにより
監査法人に就職できず、公認会計士になることを断念せざるをえない現実に直面する。

これらの現実は受験を志す者全員が当然想定すべきである性質のものであって、想定していなかった
場合には大きなダメージをうけることになるであろう。若い時(おおむね23歳くらいまで)なら立ち直る手段が
ないわけではないが、既卒無職になるとどこも採用基準が厳しくなり立ち直る機会すら得られない。
今後、この業界に参入しようとする者はあらゆる状況を想定した上で取り組む必要があるといえる。
今後の需要の回復見込みが完全にないと言われているのでその点も考慮すべきである。

合格者の多くは公認会計士試験合格者としての素養を大いに活かして介護、農業、パチンコなどの分野で活躍していただければ
よろしいかと思う。彼らの活躍は将来の公認会計士試験合格者に希望を与えるものであるからぜひともがんばっていただきたい。

543 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:08:38.86 ID:???
伝えたい 伝えられない もどかしいきもちで

この胸 はち きれそうだよ

544 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:14:45.47 ID:???
リースの現在価値の割引計算を行うとき、簡単な計算方法ってありますか?

545 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:20:04.12 ID:???
>>519で言ってるのは単に表示上の問題ね。
評価換算差額等は株主に帰属するかどうかという点から株主資本に
含めるか除くかということを議論しているにすぎない。
投資と資本の相殺消去に評価換算差額等を含めるか含めないかは
投資という取引の実態を反映させるものであり、>>519とは別問題。

>>540
新株予約権は資本とは関係ない。それは問題を拡大させすぎ。
新株予約権はもともと負債の部に計上されていた。
だから子会社を取得するときの投資額には新株予約権の価値は
通常含めない。

だから投資と資本の相殺消去の「資本」に新株予約権は含めない。
一方評価換算差額等の場合は、取引の実態が評価換算差額等を対象
としている以上、資本連結も評価換算差額等を入れなければ間違った
結果となる。



546 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:23:54.67 ID:???
>>541
追加取得のときの追加投資額は追加投資時の「資本」に対して
投資する。
よおって、その時の「資本」×少数株主割合が少数株主持分として
正しく計上されていれば、少数株主持分から追加取得割合だけ
を追加投資額と相殺する。

このとき損益もその他の包括利益もでてこない。
なぜなら追加取得時までの少数株主持分に案分されているから。

その上損益やその他の包括利益を動かすとおかしなことになる。
(おそらく「資本」×少数割合=少数株主持分とはならなくなる)


547 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:31:00.40 ID:???
>>519では
>子会社における当該評価・換算差額等は、純資産会計基準において、報告主体の
>所有者に帰属するものではなく株主資本には含めないこととしていることから、
>子会社の所有者である親会社及び少数株主による投資に対応しないのではないか
>という見方がある。

「評価換算差額等が株主資本に含まれていないから投資と対応していない」
という考え方はおかしい。

「投資と対応しているかどうか」は会計区分上、株主資本に含まれるかどうかではなく
あくまで投資の実態として子会社への投資額が評価換算差額等も含めた価値で
行われているかどうかによる。

548 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:32:22.74 ID:???
>>545
結論の背景の解釈間違ってるよ。ちゃんと読もう。
明らかに、報告主体の所有者に帰属してない部分と相殺するべきでないとする見解があると書いてある。
けど、検討の余地はあるとしながらも、めんどくさいから基準は表示変更だけしてるのみ。

ちなみに、新株予約権と同じく少数株主持分も昔は資本に計上されてなかった。
だから、新株予約権はもともと負債の部に計上されてたからというのは論拠にならないよ。

つうか結構当たり前の論点なんだが。

549 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:34:56.78 ID:???
>>548
なんかスレが伸びてると思ったらなんだこれ。
無視しとけ。どうみてもこいつおかしい。
もはや言ってることがめちゃくちゃだ。


550 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:46:39.77 ID:???
>>541
ごめん、もう少し丁寧にフォローしておく。

>追加取得のときは、「取得後」差額金ってのは翌期末以降までの変動のことね
X1期首に60%取得し、X1期末に20%追加取得して80%となった場合、
X2期末に連結FSに取り込まれている子会社利益剰余金(取得後利益剰余金)は
「X1期とX2期の利益×60%+X2期の利益×20%」
評価換算差額等も同様。

60%取得時の投資は、X1期首の子会社資本を対象にしているから、X1期末の
利益剰余金と評価換算差額等を全部消す。

20%追加取得時の投資はX1期中に稼いだ利益・評価監査差額等の増減額も
対象にしているから、それらも消去しなければならない。
しかし、それらは(X1期中の利益・評価監査差額等のフローを)少数株主持分に案分
することによってすでにX1期末のストックたる少数持分に反映済みとなっている。

だから追加取得時はこの少数株主持分と相殺消去すればいい。
利益や評価換算差額等は動かしてはダメ。

だから
>追加取得のときにも一応取得後利益剰余金と取得後差額金は変動してるよ。
少数株主持分に利益剰余金等の内訳が見えるならば、そう言えなくもない。

551 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:50:34.92 ID:???
>>548
>報告主体の所有者に帰属してない部分と相殺するべきでないとする見解がある
だからその見解は合理的じゃないんだって。
だからこそ、連結会計基準は『資本』に評価換算差額等を含めているんだよ。

企業買収の実務として評価換算差額等を投資対象としている以上、学者が会計上の
区分がどうたらと主張したところでそれはまさに机上の空論となる。

このことからは、むしろ報告主体の所有者に帰属する部分から評価換算差額等が
除かれていることの方が大いなる疑問となる。

ちゃんと自分の頭で考えて。

552 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:52:40.80 ID:???
学者を否定してもいいと思うけど、
学者を否定してる人の意見なんて誰も耳を傾けないと思うよw


「かつて、その他有価証券差額金などの純資産直入項目は、資本の部に計上され、連結子会社の資本の部に計上された
当該項目は、資本連結において、親会社の投資との相殺消去および少数株主持分への振替によって消去されていた。
現行の会計基準(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)では、当該項目は株主資本と区別され、
評価・換算差額等の1項目として表示されている。しかしながら、表示を除く会計処理について
従来と異なる定めをしていないため、資本連結において、親会社の投資との相殺消去及び少数株主持分への
振替によって消去されることになる。このような取り扱いに関する問題点について、以後再検討されることになるかもしれない。」

553 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:53:17.21 ID:???
>>549
おかしいのは自分で考えずに基準の上っ面だけを見て
わかった気になってるお前の方だ。

554 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:55:33.73 ID:???
>>552
>以後再検討されることになるかもしれない
再検討するのは自由。

ただ、資本に評価換算差額等を含めないのは取引の実態と反して
いるから、実務界は反対する可能性が高い。

だから再検討されてもまず採用されない。


555 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:58:56.61 ID:???
>>552
あと、資本に評価換算差額を含めないのは学者の間でも少数派
だからこそ「〜という見解がある」という書き方になっている。
これが主流派なら連結会計基準でとうに議論され改正されている。

少数派の学者ということは多数派の学者は現行制度通りの考えを
支持しているということ。

だれも耳を傾けないどころか、むしろ多数のコンセンサスを得ている証拠。

556 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 01:59:46.76 ID:???
なんだなんだ、今度は「実務がそうしてるから」かよ。
ここは実務の話をする場所じゃないよw
「初心者にもやさしく教えてくれるスレ」で
ルールから逸脱した実務のやり方をつきとおされても困るわ


557 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:01:13.66 ID:???
会計士試験や簿記検定は実務家のための試験であって
学者になるためじゃないからね。

実務家が学者のいうことを聞くだけでは職責を放棄するも同然。
学者になりたいなら研究室にこもっていればいい。

558 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:02:25.02 ID:???
あのさ、結論の背景にそういう問題があるって書いてあるんだから
それは正解だろ?

少数派とか多数派とかどうでもいいの。
そういう問題があるからわざわざ結論の背景に書いてるのに。
なにを反論してんだか。
こういう自分をまげずに持論を展開する人は信用されないよ。
この人に意見だしてる人の話まったく聞いてないし・・・


559 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:03:22.61 ID:???
>>556
はい、その通り。
連結会計基準が評価換算差額等を資本に含めると書いてあるから
その通りの主張をしているまでです。

報告主体のなんちゃらという議論の根源は概フレだと思うが、概フレは
基準に劣後する。

なぜなら基準が「実務」を帰納要約したものだから。

560 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:04:53.05 ID:???
>>559
いやだから、基準は表示だけを変えてるんだってw
だから表示がそうなってるのは当たり前。

そこだけ基準を肯定して
結論の背景否定とかお願いだからやめてwちゃんと読んでw

561 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:06:06.74 ID:???
>>558
もともとの質問は現行基準上、一部売却や追加取得の処理がどうなっているか
を聞いているのです。
いくら結論の背景にそう書いてあっても、現行基準がその結論の背景の見解と
異なる以上、投資と資本の相殺消去から評価換算差額等を除外すると言っては
質問に対する答えとしては不正解なのです。

562 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:08:55.12 ID:???
>>561
お前文章よく読めって言われるだろ

誰も現行制度が間違ってるなんて言ってない

それに対する問題点があるって言ってる。それって事実じゃん。
結論の背景にそうかいてあるじゃん。

それが問題なければわざわざ結論の背景にかかなくていいじゃん。

563 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:09:39.10 ID:???
>>560
純資産会計基準が連結会計基準の処理を認めているのだ。

結論の背景はいわばその反対意見であり、そのような反対意見は
採用しないと説明している。

だから否定しているのは漏れではなく、純資産会計基準そのものである。

564 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:11:57.63 ID:???
>>562
だからもともとの質問に対する回答としては不正解なのだ。

もともとの質問は現行制度の処理を聞いているのだから、その答えとして現行基準と
違う処理を主張する結論の背景の見解をだすことは不適当であり、無用な混乱をきたす。

お前こそ文章をよく読みなさい。

565 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:15:32.79 ID:???
つうかさ、全否定するけど、報告主体の所有者に帰属する株主資本に含まれない投資に対応しない部分
=相殺消去すべきでない

ってガチガチの典型論点なわけだが・・・・

典型論点をここまで全否定する人を初めてみた

566 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:19:55.85 ID:???
まさにその
>報告主体の所有者に帰属する株主資本に含まれない投資に対応しない部分
という前提からなぜ
>=相殺消去すべきでない
という結論が生じるのか、を自分の頭で考えなければいけないよってこと。

典型論点だから、とか結論の背景にそう書いてあるから、といわれると上っ面を
を読んで分かった気にはなるけど、本当は理解していないことが多いもの。

567 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:21:40.34 ID:???
↑にあるけど、新株予約権を相殺消去すべきっていう学者の見解もあるよ。
いずれにしても将来報告主体の所有者に帰属する部分になるからっていう理由で。

現行基準が新株予約権を相殺消去しないのは、
新株予約権者は報告主体の所有者ではないって理由が一つ、
もうひとつは、未行使の段階では帰属が不明確っていう理由。

これ見るかぎり、基準も報告主体の所有者の帰属の有無を基準に考えてるのがわかるよね。


568 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:22:01.41 ID:???
ごめん。

>報告主体の所有者に帰属する株主資本に含まれない
という前提からなぜ
>投資に対応しない部分
という結果が生じるのか

の間違いですm(__)m

569 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:24:32.45 ID:???
>>568
連結の勉強からやりなおせ
なぜ投資と資本を相殺するのか。

お前の持論は無理がありすぎる

570 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:24:40.42 ID:???
>>567
新株予約権は資本でも負債でもないから純資産でもない
中間項目とすべきという見解もあったな。

要するにそもそも「資本」ではない。

利益剰余金とともに包括利益を構成する評価換算差額等とは
また別種の問題。

評価換算差額等はいわば未実現利益剰余金みたいなもの。

571 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:26:22.41 ID:???
>>569
>なぜ投資と資本を相殺するのか。
明快。
親会社の投資は子会社FSでは資本となっているから、これらを合算する
連結FSではいわば債権債務の相殺消去同様、消去される必要がある。

572 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:28:30.56 ID:???
>>571
お前は外部者との取引も相殺消去するって言ってるのと同じだぞ。

573 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:29:12.02 ID:???
経済的実態を反映するのが会計の本質。

その経済的実態からあるべき投資資本相殺消去の姿を説明して
評価換算差額等を資本に含めるべきと主張しているのにその部分への
反論が全くない。

「結論の背景がー」とか「典型論点がー」とかいう上っ面をなでる説明
ばかり。

そういう人は連結どころか会計のなんたるかの勉強からやり直せ。

574 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:30:46.24 ID:???
もうやめようよ・・・学者がそういってるなら学者のいうとおりにしようよ・・・・
>>544の問にだれかこたえてあげようよ・・

575 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:36:07.22 ID:???
>>572
んなこたー言ってない。

>>574
だから学者がどうこうじゃなく、当初の質問に対して現行基準に反する
考え方を提示した>>513が問題なんだって。

576 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:45:34.15 ID:???
言ってることが支離滅裂だな
なにをそんなにムキになってるの。

そんな暇あったら>>544に答えてあげなさい

577 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 02:47:48.43 ID:???
>支離滅裂
論理的反論もなくこんな言葉を持ち出してくるに至ってはもはや
「反論」とか「主張」どころのレベルではなく、単なる「誹謗中傷」だな。


578 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 03:02:31.49 ID:???
遡及会計基準が分からんな。

どういうときが遡及修正でどういうときが将来に向かっての修正なんだろう。
定率法から定額法とかは遡及しなくていいというし、貸倒引当金の修正は
遡及しろというし、どうも一貫性がなく恣意的なものを感じる。

どう区別したらいい?

579 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 03:13:37.29 ID:???
見積りの修正ならば過年度遡及で、当期の事象に起因する金額の変更なら
将来に向かっての修正?

でも定率/定額の変更なら見積りっぽいしな…。


違うか?


580 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 03:22:31.85 ID:???
あ、ごめん間違えた。
見積りの修正は将来に向かっての修正だ…。


581 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 03:36:11.87 ID:???
過年度遡及修正をするのは単に複数期間での財務諸表の比較可能性を担保する
ためだけで、対象となった取引そのものの性質とはあまり関係ないんじゃないか。

582 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 03:43:18.50 ID:???
>>544
GT(グランドトータル)機能のついた電卓ならパパッと計算できなくもないが、
リースの中でもなにを計算したいかによるな。

583 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 11:33:34.20 ID:???
確かに
「報告主体の所有者に帰属する」
ということとそれが
「投資の対象となる」
とは対応していないな。



てゆーか議論は終わってたか…。


584 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 12:40:46.24 ID:???
荒らすのやめて
こんだけフルボッコされて自分の非をみとめなよ。。

585 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 12:57:37.61 ID:???
フルボッコされたのは分かったフリして結論の背景ふりかざしてた奴らだろw

586 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 13:06:35.90 ID:???
受験生は盲目だからな。
自分の頭で考えずに文献や予備校のいうことをホイホイ信じちゃう。
ちゃんと自分の頭で考えた結果信じるならいいんだけどね。

まあ、会計士試験は詰め込むことが多すぎるから盲目的になるのは仕方がないか。
受験生はむしろ被害者かも。

587 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 14:42:22.11 ID:???
どんだけ肯定してほしいんだよ。
いつまでも引き伸ばさないで。
以下スルーで。
新しい質問どうぞ。

588 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/15(月) 14:55:16.63 ID:???
そんなにカリカリするなや。

自分の頭で考える大切さが改めて分かったんだから何も負け惜しみせんでええ。


589 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/16(火) 03:50:40.99 ID:???
設備投資の意思決定で質問なのですが
CIFやCOFに
売掛や買掛などを考慮に入れた考えはあるのでしょうか?




590 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/16(火) 07:46:46.79 ID:???
一般企業が受け入れ体制が整う可能性はない。 そもそも実務経験の無い合格者は実務界ではクズだよ。
会計士試験で習う知識なんて、上場企業の経理では知ってて当然だからな。 それなのに、合格者は変にプライド持ってるのよwそんな奴等を雇うか?
分からない点や、改善したい点があれば、監査法人(主査クラス以上)に聞くか、コンサルなどの外部を雇う。
基準しか知らない合格者なんて内部に要らないのよw無垢な新人雇って育てる方が良いわww
それに、今現在J-SOXやレビューに匹敵する大改正は予定されてない。
IFRSも大問題だが、人員が居ればなんとかなる・・・という問題ではない。
J-SOXやレビューはマンパワーがかなり必要だからな。だけどそれは07,08でもう十分。
最近の転職市場の冷え込みも言える。監査法人を辞める人が少なすぎる。
今は銀行系・証券系・外資系・コンサルなど様々な業界でキャリア採用が減っている。
そこに07,08の新人が大量に入ってきた。法人に人が居すぎる状態だ。新人はもういらんw

591 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/16(火) 13:45:01.06 ID:/2UT6OJo
>>589
売掛や買掛は正味運転資本として意思決定問題に出てくることはあります。

が、結局はCFのタイミングに過ぎないので設備投資の回収可能性の
議論では無視されます。

592 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/16(火) 18:11:00.03 ID:???
>>591
運転資本ででてくることもあるのですか
ややこしそうですね^^;

「タイミングにすぎない」たしかにそうですね
とってもわかりやすかったです

ありがとうございました!

593 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/16(火) 22:09:22.20 ID:???
受かってもほとんど内定でないのに、皆よく頑張るよね

594 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/16(火) 22:21:37.60 ID:???
未着品と前払金の本質的な違いは何でしょうか?
どちらも手許商品になる前の「商品引渡請求権」にみえるのですが…

595 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/17(水) 00:03:21.94 ID:???
会計士登録までの苦労は増す一方、もう完全にリターンが無い。
ギャンブルの機能さえも失ってしまったこの会計士試験に果たして価値はあるのか?

596 :502かつ509:2011/08/17(水) 00:45:11.44 ID:???

増資と追加取得の際の評価換算差額等についての回答をいただいた方々
どうもありがとうございました。

特に511ことHQSNc8mcさんが丁寧に教えてくれたので助かりました。
予備校がこの辺の内容を曖昧にしたままだったので、
疑問が晴れてスッキリしました。

ちなみに、その後の討論は私はついていけませんでしたw
これからも親身なアドバイスをこのスレを通じてご提供ください。m__m


597 :511:2011/08/17(水) 00:55:02.44 ID:8+xqScyL
>>596
どういたしまして。

その後の議論は無視して下さい。
>>511に書いた通り、一部売却・追加取得のときは、利益剰余金と評価換算差額等
(その他の包括利益累計額)は全く同等に扱われると理解していれば大丈夫です。


598 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/17(水) 01:03:49.13 ID:???
>>594
未着品は所有権がこちら側に渡った商品です。ただ現物がこちら側に
到着していないだけです。
未着品にかかるリスクはすでにこちらに移転しているので棚卸資産に
計上します。

一方、前払金はいわば契約時に支払う手付金であり、商品の所有権は
まだこちら側にはありません。(あるとは限りません)
法律上の売買契約だけでは会計上仕入計上はできませんから棚卸資産
には計上できません。

599 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/17(水) 08:04:07.26 ID:???
Q、ハローワークあれこれその1、登録できる資格について
A、会計士就職板でもあれこれ問題になっているこのハローワークについて今回は資格の面から説明したいと思います。
ハローワークでは資格を取得したからといってすぐに登録できるとは限りません。登録できる資格とそうではない資格があります。
しかも、登録できるかどうかはその場に行かないと判明せずしかも登録可能な資格の紙は印刷できずもらえません。
そして、「公認会計士試験論文式試験合格」はもちろん登録されておりません。
では、具体的に紹介していこうと思います。
<登録可能な資格>
公認会計士、税理士、会計士補、司法書士、TOEIC、証券アナリスト、日商簿記検定、全経シリーズ
社会労務士、FP、中小企業診断士、税務会計能力検定、不動産鑑定士など
<登録不可能な資格>
公認会計士試験論文式試験合格など

600 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/17(水) 11:43:33.78 ID:???
>>599
なにこれ?

601 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/17(水) 12:29:30.38 ID:???
会計士試験系のスレでネガキチと呼ばれている人。

何年も試験に受からないなのを試験のせいにしている可哀想な人。

一言でいうと人生が破綻した人。


602 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/17(水) 13:06:23.97 ID:???
全くもってそのとおり。

603 :秋山:2011/08/18(木) 11:58:38.07 ID:???
6 名前:秋山 :2011/06/24(金) 20:32:25.12 ID:???
今年が30歳最後の年→1980年か1981年生まれ?

2002年 警察に身柄拘束
2004年 福岡県春日市役所を受験→落ちる
    福岡市中級試験→落ちる
    郵政一般職(郵便局員)→?
2005年 2留の末、慶応大学を卒業(中退?)
    地元の九州大学大学院(経済系?)に進学
2007年 フリーター?
2008年 会計士試験受験→失敗
2009年 会計士試験受験→失敗
2010年 会計士試験受験→短答式合格
2011年 30歳最後の年に2chデビュー

604 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/18(木) 16:08:04.34 ID:???
TAC会計士の2011年目標のweb講義の視聴期限っていつまででしたっけ?
論文式試験最終日の21日の23:59までは見れるんでしょうか?
それとも前日の20日の23:59まででしたっけ?
視聴期限はどこに書いてありますか?

605 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/20(土) 20:58:15.56 ID:???
>>604
キミみたいなゴミは受からないから見る必要ないよ

606 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/24(水) 02:42:33.65 ID:???
それはないと思うな。

607 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/29(月) 11:51:13.83 ID:???
age

608 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/30(火) 21:15:02.68 ID:???
他スレでスレ違いになりかけの評価差額の性質について議論があったから
ここでまとめておこうと思う。

そもそも支配獲得時に子会社の資産・負債を時価評価するのは、子会社の
取得原価を算定するため。
なぜなら取得原価とは取得時の時価だから。

子会社がもともと計上している資産・負債の簿価は子会社がそれらを取得した
時の金額を基準に計上されたいわば歴史的原価だけど、親会社にとってその
ような子会社の帳簿の歴史に意味はない。

ちょうど中古車を買う時に、前の保有者がいくらで買ったものなのかなんて
誰も気にしないのと同じ。
中古車を買う人にとって意味があるのはその人が中古車を買う時価であり、
それが新しい保有者の取得原価になる。

親会社にとって子会社の簿価に意味がないのだから、それと時価との差額
である評価差額も意味はなく、もちろん連結上の未実現利益でもない。
単に連結財務諸表を子会社のFSをベースに作成するという手続き上の問題に
より発生した技術的な項目といっていい。

だから評価差額を発生するもととなった土地を売却したり建物を減価償却
したところで、それは未実現利益の実現でもなんでもなく、親会社にとっての
取得原価を基準に測定した通常の売却益や償却費を計算しているだけに
過ぎない。

ただの連結手続き上のトリックです。

609 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/30(火) 22:07:36.61 ID:???
取得原価は株価で求められるだろ?
結果として、投資額と相殺できるように資本の内訳である
資産負債の時価評価が行われると考えていたが。

610 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/30(火) 22:22:38.39 ID:???
>>609
取得原価と言ったのは子会社の個々の資産・負債についての
親会社の取得原価。

この取得原価とのれん金額を合計したのが投資勘定(子会社株式)
の取得原価。

611 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/30(火) 22:50:22.53 ID:???
撤退しない奴も会計士試験の受験なんかするんじゃなかったと後悔してる奴はいっぱいいる。
受験勉強をはじめる前に時間を戻せるなら絶対会計士試験の受験なんかしないで普通に就職してるよ。

612 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 02:08:07.67 ID:???
投資の取得原価といっても子会社を構成する個々の資産負債の
取得原価といっても結局は同じだけどね。

とどのつまり親会社の個別BSに計上された子会社株式を
ビラビラっと展開して個々の資産負債(+のれん)に置き
換えたのが連結BSなのだから。

つまり子会社株式イコール個々の資産負債(+のれん)。
ゆえに前者の取得原価とは即ち後者の取得原価に他ならない。



613 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 02:18:46.52 ID:dLUEbjfb
>>608ぶっちゃけ、あのスレで暴れてた評価差額が組み替えBSに残り続ける、
とか言ってた奴の間違いってことでいいの?

614 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 02:40:47.43 ID:???
>>613
別にどっちでもいい。
会計基準(適用指針)の設例ではどっちの方法も意識せず
ごっちゃに使われてたはず。

ここでは連結BSでも個別BSでも最終的には出てこない
評価差額の扱いは大した問題じゃなく、大事なのは子会社の
資産負債が取得時の時価で計上されるということ。

そしてそれ故、評価差額は連結上含み益でも何でもなく、
「評価差額の実現」と一般に呼ばれている処理も実際に
含み益が実現するという事象ではない、ということ。


615 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 02:49:25.72 ID:???
補足。

子会社の資産負債は取得時の時価で計上される。

その時価が連結上は取得原価と認識される。

だから連結上は含み益なんてどこにもないよ。

ってこと。

616 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 04:20:50.37 ID:???
親から見れば評価差額は取得原価(の一部)であって未実現利益でも何でもないが

評価差額の「実現」という表現が混乱のもとかな?

617 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 05:32:54.50 ID:???
>>614-615
じゃああのスレのあの流れは無視していい、ってかんじなのでしょうか?

618 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 05:37:35.24 ID:???
>>616あーまさにそこです
実現ってのが意味不明で、議論レスを周りから見ている第三者からしたら、????となっていました
実現って、そもそも評価差額は子会社の資本(純資産)で、
相殺して消去するわけだから、実現もクソも投資と相殺されてるか少数株主に振り返られてるじゃん
と思っていて、実現する、っていう考えはどっから思いついてきたのよ、と思いました。

619 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 08:09:34.34 ID:???
監査法人で合格者全員を収容することはできないから、
あぶれた人は一般企業でがんばれ。
一般企業は不況で採用が全くないかもしれないが、
それは会計士合格者に限ったことではない。
いずれにしても、引き続きがんばれ。
金融庁

620 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 08:37:52.49 ID:???
>>618
そうだね。

「評価差額の実現」という言い回しは単なる言葉のあやだと思う。

あまりこの表現に引きずられない方がよいと思う。

621 :ロム専:2011/08/31(水) 21:11:52.15 ID:???
グループ内での土地の売却による未実現利益が絡んでると思ってた・・・
多少勘違いもあるかもしれないけど
色々な人が解説してくれたおかげである程度理解できた
thx

622 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/08/31(水) 21:30:11.44 ID:GdpKE4ir
グループ内取引では明らかにないね。

評価差額の計上はその子会社がグループの中に入る
直前の手続きなので。


623 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/01(木) 18:27:31.81 ID:???
>>617
無視していいと思う。

624 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 02:11:59.56 ID:UHQUDFKS
ただ謎なのが、時価評価も決算日も連結日も3/31なのに時価が変化するのが謎だ
もしかすると連結日は3/31じゃなくて3/29とかだったのをみなし決算だから時価が変化するのか?

まあ指示に従えば問題は解けるんだが、なんか違和感がある

625 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 07:17:00.08 ID:???
それは便宜上とりあえず一旦時価評価をするってこと
その部分に深い論拠はないよ

626 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 08:40:12.67 ID:???
>>624
連結で支配獲得時に時価評価するのはあらゆる資産負債だよ。

子会社の個別BSでは取得原価で評価されてるのも全部。

金融商品など個別でも時価評価すべきものは問題文にも
でてこないでしょ。
普通の問題では支配獲得日と決算日が一致してるから。

だから個別では時価評価の対象とならない土地や建物の
資料が与えられるのよ。

627 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 18:05:06.42 ID:sW/wLO/f
固定資産明細表の増減内訳表で有価証券の増の欄に他の資金からの振替で30億と記載され、
減の欄に評価損に25億と記載されています。

デリバティブ取引に時価と評価損に△30億円と書かれています。


これは評価損の穴埋めに有価証券を購入したということでしょうか?

628 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 18:18:34.66 ID:???
>>627
デリバティブの損失の穴埋めに有価証券を買うなんてついぞ
聞いたことがない。

629 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 18:37:47.68 ID:???
デリバティブの評価損失は未決済だから、そもそも埋め合わせるべき
キャッシュの流出がない。

630 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 18:41:47.49 ID:???
>>628
BS見ると有価証券が前年度の倍になっています。30億の増。

とりあえず損失の穴埋めではないにしても、他の資金を有価証券に
振り替えているということはその資金で有価証券を購入したという
ことでよいのでしょうか?

631 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 18:51:23.57 ID:???
>>630
売掛金の回収代金で買ったのかも知れないし、
定期が満期になったから買ったのかも知れないし、
借り入れでお金をこしらえて買ったのかも知れない。

お金に色はついてないんだから一部の明細表だけで分かるわけないよ。

632 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/02(金) 23:52:33.70 ID:lDVFmIW0
会計学を勉強し始め、当座企業というものが出てきたのですが、現在も存在しますか?

スレチならすみません。


633 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/03(土) 00:01:50.85 ID:???
当座の企業ならもうないと思う。

634 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/03(土) 00:04:03.66 ID:8gluctia
>>633
レスありがとうございます。やっぱりそうですよね。

祭りの屋台が当座企業(会社)ってちらっと聞いたことがあるのですがどうでしょうか?

635 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/03(土) 00:55:26.85 ID:???
屋台には法人格がないから会社ですらない。

636 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/04(日) 08:11:43.42 ID:???
当座企業って、要は株式会社が初めて出来た頃にあった1回こっきりで精算するタイプの企業のことでしょ?
今は基本的に継続企業という大前提があるから、普通の会社ではあり得ないタイプだけどね。

要は会計学の歴史の話。まぁ、今でも特殊な状況で企業という言葉に縛られないなら全くあり得ない話でもないと思うけど。



637 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/04(日) 10:49:56.27 ID:6H5lTRzE
GCの前提がないということか。
現行の企業会計基準では範疇外ということね。


638 :↓推奨:2011/09/04(日) 11:01:56.71 ID:Maryliaj

◎NHKの極左捏造路線 何とかなりませんか? 新1
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1315054646/






639 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/04(日) 11:12:31.38 ID:???
当座企業なんて初めて知ったw

昔の東インド会社みたいなものか。

640 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/04(日) 11:18:06.39 ID:???
>>637

まぁ、ぶっちゃけそう言うことだね。だけど、会計学の歴史的変遷も知っていて損はないと思うよ。
いきなり今の会計基準が成り立っている訳じゃなく、過去の流れの中から今があるわけだし。
多少なりともこれからの学習に於ける理解の一助にはなると思う。

ちなみについ10数年前までは収益・費用アプローチがメインだったわけだが、今は資産・負債アプローチがメイン。
明らかに海外の影響だけど、これらは視点が正反対のため、今学習している人は収益・費用アプローチ的論点は解りにくいかもね。
今じゃテキストまで資産・負債論点が収益・費用論点よりも先に来るものも多いみたいだしw

641 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/04(日) 12:14:48.04 ID:???
日本基準はいまだ収益・費用アプローチがメイン。それに国際的コンバージェンス
の観点から資産・負債アプローチがところどころ導入されてるにすぎない。
どちらかが重要というよりも日本の場合はどっちも重要と考えてる。

642 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/04(日) 12:20:33.75 ID:???
その辞めた女の先生も 受かった翌年から講師やってたんだろ。
それで京都 たった2年で辞めたとはね。
なんで小澤正人国徴の講師って、小澤正人なり手希望者が少ないんだろうな。
小澤正人 小澤正人  小澤正人 小澤正人 小澤正人
その京都辞めた女の先生京都小澤正人受かった翌年から講師やってたんだろ。
それで たった2年で辞めたとはね。
なんで国徴の講師って、小澤正人なり手希望者が少ないんだろうな。

小澤正人

643 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/04(日) 12:21:19.62 ID:???
その辞めた女の先生も 受かった翌年から講師やってたんだろ。
それで京都 たった2年で辞めたとはね。
なんで小澤正人国徴の講師って、小澤正人なり手希望者が少ないんだろうな。
小澤正人 小澤正人  小澤正人 小澤正人 小澤正人
その京都辞めた女の先生京都小澤正人受かった翌年から講師やってたんだろ。
それで たった2年で辞めたとはね。
なんで国徴の講師って、小澤正人なり手希望者が少ないんだろうな。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1315054646/ 小澤正人

それで京都 たった2年で辞めたとはね。
なんで小澤正人国徴の講師って、小澤正人なり手希望者が少ないんだろうな。
小澤正人 小澤正人  小澤正人 小澤正人 小澤正人
その京都辞めた女の先生京都小澤正人受かった翌年から

644 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/04(日) 12:52:00.44 ID:???
>>641
日本だけでなくアメリカも本音は収益費用だと思うけどね。
当期純利益を廃止して包括利益に一本化というのはアメリカも
反対してたし。



645 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/05(月) 01:07:14.63 ID:bmuD00Mw
日本はアメリカが動かないと何も動こうとしないよね。

646 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/05(月) 02:42:43.40 ID:???
日本がアメリカの属国であり続けることに何の疑問も持たないことが原因

647 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/06(火) 06:10:58.45 ID:1GVK+DHX
遅レスですが、>>626さんありがとうございました。
めちゃくちゃハッとさせられました。
なるほど、建物、土地、(備品も)は確かに取得原価で償却したり、土地の場合は取得原価でそのまま記帳しますよね。


そういえば、連結で時価評価して増えた資産分がもし償却性資産だった場合は減価償却はどうしたらいいんでしょうか?
そういえば考えたことなかったというか、償却に考慮してなかったです。

648 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/06(火) 07:27:25.45 ID:???
当期業績主義が情報提供機能を発揮し、
包括主義が利害調整機能を発揮する、というのは合ってますか?
予備校代わったら初めて目にしたので

649 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/06(火) 08:40:39.06 ID:???
>>647
当然増えた分だけ多く償却する。

650 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/06(火) 10:35:17.26 ID:???
>>648
そういう説はあるかも知れないが、あまり現実には即してない
気がする。

利害調整機能を配当可能額の制限と解釈するなら、包括利益が
その役に立っているようには思えない。
なぜなら当期の資産負債の増加額がそのまま全て配当に回す
ことはできないから。
例えばその他有価証券の含み益は配当可能利益を構成しない。
(現行制度上は、だけど)

また、IFRSでは資産負債を公正価値で測定することで、
企業価値そのものをBSで表現し、もって投資家の投資判断
に資することを狙っている。
そしてこれは財務諸表の情報提供機能にほからならい。

だからその区別の仕方は間違ってはいないのかもしれないが、
あまり有用ではないと思う。

651 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/06(火) 11:39:50.77 ID:???
>>650
横レスだけど
包括主義の利益と包括利益は別の概念だよ…

包括利益は特定期間中の純資産の変動(増加)
包括主義の利益は経常損益だけでなく全ての損益項目により構成された利益(当期純利益)

当期業績主義の利益は経常損益のみから構成される利益(経常利益)


だから
当期業績主義が企業の正常な業績を示す→情報提供機能○
包括主義が企業の処分可能な利益を示す→利害調整機能○

というくくりは正しいはず
包括主義も長期的な企業業績を示すから情報提供機能を有しているともいえるが

652 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/06(火) 18:19:01.07 ID:???
成程。

653 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/07(水) 02:58:19.23 ID:18HR53PI
>>649なるほどありがとうございます。
ちなみに私は日商一級レベルなんですが、税理士・会計士試験と同じでしょうか?

そうすると、税効果などもズレてきますね。
個別上取得原価、連結上取得原価、時価
と惑わされないようにしっかり資料を使いこなせないとダメですね

654 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/07(水) 10:54:52.81 ID:???
>>653
税理士・会計士試験と同じか?とはどういうこと?


655 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/07(水) 21:44:50.66 ID:18HR53PI
>>654すいません。
このスレは税理士・会計士用のスレかと思い、私は日商簿記一級なので、
税理士・会計士と日商では、処理方法が違う論点があるのかな、と思い、このようなレスをしました。


ってうまく文章に表せてませんね…

656 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/07(水) 23:16:41.13 ID:???
>>655
どんな試験でもよって立つ基準は同じ日本基準だから
試験によって会計処理が異なるなんてことは当然ない。

657 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/08(木) 03:55:54.82 ID:???
横やりだが、>>656
日商一級と全経上級は違いがあるけどあれはどうなの?

658 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/08(木) 10:05:21.60 ID:???
少なくとも会計基準が異なってるわけじゃない。
記帳の方法が独特なだけかと。

659 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 05:34:35.10 ID:???
短答式の願書の写真ですが、別にスーツで撮影しなくても、シャツでも、私服でもオッケーですよね?

660 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 12:32:28.15 ID:???
>>659
本人確認が目的だから気にしなくていいよ
書類選考する訳じゃないし

661 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 13:00:06.08 ID:???
あまりデフォルメしないようた。

662 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 13:17:53.71 ID:???
この状況でわざわざ会計士目指すとか基地外としか思えない

663 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 15:14:36.75 ID:vZbGlR56
>>662じゃなにめざせばいいの?

664 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 15:36:42.25 ID:???
会計士以外

665 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 22:11:10.82 ID:???
会計士はまだいいほうだと思うよ。
弁護士なんて一般企業の
口すらない。

666 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 22:21:38.56 ID:???
会計士や弁護士合格出来るんなら底辺医者ぐらいには余裕でなれるだろうに選択ミスだよなぁ

667 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/10(土) 23:27:07.98 ID:???
弁護士になっても職がないとは以前じゃ考えられないな
会計士や弁護士の増員はアメリカからの改革要望書にあった項目でしょ?

668 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 01:25:10.91 ID:???
子会社がストックオプションなどを発行しているために子会社の純資産の部に
新株予約権が計上されている場合、連結における当該新株予約権について
何か特別な取扱いは規定されているのでしょうか?


669 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 01:54:09.21 ID:LFEslEd0
>>668
親会社が、保有してれば、相殺する。保有してるだけなら資本連結は関係ない。権利こうしされれば、
都度、増資と同じ処理をする。

670 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 13:20:22.28 ID:???
思ったんですが
株の配当金って二重課税じゃないんですか?

671 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 13:30:19.38 ID:???
思っただけだと、ただの思い違いでしょ

672 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 13:34:25.42 ID:???
二重課税だとしてもそれと会計ってまったく関係ないよね。
納付税額が変化するだけで。

673 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 13:59:27.72 ID:???
配当原資が利益剰余金なら二重課税だな

674 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 20:15:47.04 ID:LFEslEd0
>>670
二重課税だから、税法上、二重課税排除の措置があるよ。

法人税法と所得税法に。


675 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 23:10:25.34 ID:???
会社が負担する法人税は法人が稼得した利益に対する課税。
個人が負担する所得税は投資のリターンとしての配当金に対する課税。

課税の源泉が違うから二重課税とは言えないでしょ。

676 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 23:36:30.08 ID:qBxI6UZd
>課税の源泉が違うから二重課税とは言えないでしょ。

んなこたーない。
株式を所有している法人は、株の配当金をもらった場合
法人税と所得税の二重課税を避けることができる。



677 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 23:47:22.81 ID:???
考え方が二つあって現行は折衷案を採用しているのでどっちも間違いじゃないです

678 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/11(日) 23:47:34.24 ID:???
課税済利益への二重課税の排除の規定

法人税法:受取配当等の益金不算入
所得税法:配当控除

679 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/12(月) 00:22:23.66 ID:Snz5nvze
A社の株式を所有するのが、B社なら法人税法。
個人なら所得税法。
配当金は、Aの可処分利益から支払われるから、どっちにも二重課税の問題がしょうじる。

680 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/12(月) 07:13:13.41 ID:???
短答式の願書について、細かい質問です。

・携帯電話しか持ってない場合は自宅電話番号欄は空白
・緊急連絡先は実家の固定電話番号
・無職TAC生は職業欄に09
・マンションの部屋番号は「号室」などをつけずに数字だけ(例:○○ハイツ302)

これで合っていますよね?

681 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/12(月) 08:45:12.03 ID:???
>>676
住民票と同じ表記なら文句言われないと思うんだけどどんなもんだろう。

682 :681:2011/09/12(月) 08:46:08.50 ID:???
アンカまちがいた。
>>680ね。

683 :680:2011/09/12(月) 09:59:21.51 ID:???
>>681
住民票では号室をつけています。
転入時に自分でそう書いて役所に提出したのがそのまま採用されているんだと思います。

他はどうでしょうか?

684 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/12(月) 10:22:23.05 ID:???
問題ないと思う
学歴欄や職業欄も実際と違っても適当に択べばいいし

685 :680:2011/09/12(月) 13:23:49.93 ID:???
>>684
それは学歴や職業は受験資格を確認するためのものじゃなくて
ただアンケートみたいなものだからって意味で?

686 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/12(月) 14:41:10.89 ID:???
不安だったら郵送でなく財務局に足を運んで申し込んだら?
おかしなところはその場で全部指摘してくれるから。


687 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/12(月) 16:14:36.45 ID:???
別に適当でいいよw
不備があったら向こうから電話くるし

688 :680:2011/09/13(火) 14:54:05.39 ID:???
みなさんは自分の番号以外の緊急連絡先はどこにしましたか?
実家の固定電話か、母親の携帯どちらにするか迷ってます。

>>686
郵送じゃないと受け付けないって書いてあります。

689 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/13(火) 15:02:24.47 ID:???
>>688
漏れは確か実家にしたかな。

母親が家にいるなら家の固定電話もいいと思うけど。

690 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/13(火) 15:09:17.52 ID:???
そんくらい自分の頭で考えれ

691 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/13(火) 16:28:31.60 ID:???
どちらでもいいw
何なら両方書いておけば

692 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/15(木) 00:08:18.09 ID:???
12月短答と5月短答ってなんでこんなに合格率違うんですか?
12月に受からないと絶望的なくらい差がありますよね?
5月ってキチンと勉強していれば突破できるレベルなんですか?

693 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/15(木) 00:18:27.82 ID:???
5月は敗者復活戦だから

694 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/15(木) 02:13:01.82 ID:???
おそらく論文を受けようとしている人はみな12月の短答から
受験しているんだと思う。
短答合格レベルの人はほとんど12月で受かるから5月の短答は
12月で合格レベルに達しない人ばかりの挑戦になるんだと思う。

だから合格率が低いのだろう。
つまり母集団のレベルが12月と5月で違うんだと思う。

695 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/15(木) 08:00:52.41 ID:???
>>694
ということは、母集団の違いからくる合格率の差というだけで
実質的な学力ボーダーは変わらないってことなんですか?
意図的に5月の合格率を落とさせられているわけではないんですか?

12月合格者と同じ学力レベルのものだけを合格させるようにすると、5月の合格率になってしまうというだけ?

696 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/15(木) 11:55:00.30 ID:???
逆取得の場合は、繰り延べ資産なんかも引き継ぐという理解でよろしいでしょうか?

697 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/15(木) 22:12:58.35 ID:???
繰延資産は時価がゼロだから引き継がないよ

698 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 01:39:27.13 ID:???
引継ぐだろ?
資産価値うんぬんの話はパーチェス限定だと思ったが。

699 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 09:35:22.89 ID:???
持分の結合ならね。

質問は取得だからパーチェス法の前提で答えた方が良いかと。


700 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 10:22:34.34 ID:???
というか、逆取得って取得企業が非取得企業の子会社にされるわけだから
取得企業(事業譲渡元)も非取得企業(事業譲渡先)も事業の引継扱いで精算無し、つまり

譲渡元:簿価引継法で子会社株式を評価

譲渡先:持分プーリング法に準じて簿価引継

となると思ったが(と言うか桜井講義11版の事業の分離のページにある。)気のせいか?

701 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 11:02:29.77 ID:???
合併と事業分離どっちよ?

702 :700:2011/09/16(金) 11:09:34.77 ID:???
一応両方、最初事業分離前提で書いて途中で分離と限定されていないのに気付いて修正したんだけど、中途半端で送信しちまった(汗)。
というか、今気付いたけど取得企業と被取得企業が逆だ、事業譲渡先が取得企業だけど被取得企業に支配されるんだよな。
これだから逆取得はややこしい、申し訳ないorz。

703 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 14:01:39.21 ID:???
合併なら個別上、消滅会社の繰延資産を認識しない、
連結上は、消滅会社が存続会社をパーチェスだから、連結上もそのまま消滅会社の繰延資産が計上される、って感じかな?
質問と関係ない見当違いならすまん

704 :703:2011/09/16(金) 14:03:28.60 ID:???
すまん、個別上逆取得だから消滅会社の繰延資産を引き継ぎの間違いか。

705 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 15:01:05.14 ID:4Xvbd6c3
日商簿記一級なんですが、
販売費と一般管理費はP/L上分けなくてもいいんでしょうか?
販売費・一般管理費を交互に書いたり、上の方に一般管理費を書いて下の方に販売費を書いたりとかいいのでしょうか?

706 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 16:14:24.96 ID:4Xvbd6c3
逆取得=共通支配下の取引
ということであってますか?

707 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 16:30:56.17 ID:???
>>706
あってる

708 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 16:31:39.83 ID:???
ごめん間違っている。
共通支配下の取引には逆取得以外も含まれるから。

709 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 17:21:15.79 ID:4Xvbd6c3
>>708お答えありがとうございます。

自分は日商簿記一級をやっているんですが、会社分割の分社型吸収分割が共通支配下の取引であり逆取得
みたいなテキストの書かれ方なのですが、あっているのでしょうか?

会社分割には、新設分割・吸収分割、分社型・分割型がありますが、
テキストでは分社型吸収分割しか取り扱っていません。

710 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 17:22:05.34 ID:???
ん?支配関係のない消滅会社が合併で逆取得した場合は共通支配下取引にならなくないか?

711 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 17:42:45.92 ID:???
分割型も分社型について
もっと詳しくしりたいなら、企業結合事業分離に関する適用指針の説例問題や会計処理の説例をみるといい。
分割型会社分割による合併との厳密な違い(分割にかかる抱き合わせ株式)の処理などが載ってる。
ただし、適用指針のこのレベルになるともはや公認会計士論文レベルすら超えるおそれがある。

712 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 21:23:26.75 ID:???
>>706
逆取得と共通支配下の取引は全く別物だよ。

逆取得ってのは合併でいうと消滅会社が取得企業になるようなケース。
合併後は消滅会社の株式はなくなって全部存続会社の株式に交換
させられるんだけど、交換したところ消滅会社の株主が存続会社を
支配してしまうようなとき。

共通支配下の取引は合併等の前後で全ての合併当事者の支配従属関係
が変わらない場合をいうから、
取得とはなりえない。


713 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 23:31:39.41 ID:???
逆取得と判定されるのって、現実にどれくらいの割合で存在してるの実務家さん?
滅多にないことなん?

714 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 23:37:18.98 ID:???
ライブドアとか逆取得だったんでしょ?

715 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/16(金) 23:54:38.93 ID:???
オンザエッジ

716 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 00:55:58.92 ID:???
逆取得は結構あるよ。

717 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 01:08:35.69 ID:???
ついでに聞きたいんだけど、簿記で勉強したけど、これ滅多にねーよ、って取引ある?
特商以外で

718 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 01:34:02.07 ID:???
>>717
外貨建ての工事会計LECのテキストには載っているけどでないね。
後法人税考慮する在外子会社発行新株予約権を行使した場合等かな?

719 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 02:40:18.67 ID:???
手形の裏書きとか。
見たことない。

720 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 07:08:31.52 ID:???
>>719
結構見かける

721 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 09:18:10.47 ID:???
一番信頼できる予備校のテキストってどれ?
やっぱりTAC?

722 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 15:14:56.48 ID:???
TACの監査論のテキストって普通のテキストではなくて
穴があいてるやつでしたよね?

723 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 16:45:46.99 ID:???
>>705に答えていただきたいです

724 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 16:58:29.86 ID:???
試験では科目と金額が合っていればおk
上下の順までは問われない
販管費を営業外費用の区分に計上するといった区分の誤記はアウト

725 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 19:55:34.00 ID:???
受かっても就職できなきゃ…
今年も膨大なNNTで溢れるぞ
試験さえ受かれば就職できると思ってんの?

726 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 19:57:09.33 ID:???
>>724ありがとうございました。

テキストでは販売費及び一般管理費と書かれており、
どれが販売費でどれが一般管理費か区別できない…と思っていたんですが、
そこまでは聞かれないのですね。


だが、工簿では聞かれるのかな?販売費・一般管理費のどれが変動費・固定費かぐらいですかね?

727 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 20:44:39.44 ID:???
販売費と一般管理費が区別しにくいから、科目上一緒にしてんじゃないの?

728 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 22:02:09.12 ID:???
>>727!?
そうなのか…

販売費…営業所でかかる費用
一般管理費…本社でかかる費用

って工簿ではやったなあ

729 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 22:25:58.78 ID:???
本社部門又は営業部門の両方で発生あるいは、両方以外で発生する費用は販売費と管理費どっちてことじゃないかな

730 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/17(土) 22:34:37.84 ID:???
>>728
理屈ではそうだけど実務的には分けづらい。
分けても投資意思決定上あまり意味がない

731 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/18(日) 13:34:21.22 ID:???
TACの管理会計って入門からスタートするか基礎からスタートするか選べるらしいですが
入門って必須ですか?
基礎からでも理解できる構成になってますか?
工業簿記は勉強したことありますがほぼ忘れてる状態なのですが

732 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/18(日) 15:52:29.58 ID:???
なら入門からやるべきでは???

733 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 10:57:23.56 ID:???
知り合いでパチンコ屋でバイトしながら公認会計士の資格とったって奴がいるけど、
全く就職できんとさ。20代前半なんだがな。
本人とすりゃ難関資格とったから一発逆転で、
はれて背広きて働くつもりだったらしいが、それがなかなか叶わないっつって嘆いてた。
パチンコ屋に就職すりゃいいじゃんって言ったらそんなのとんでもないってさ。
何のために今まで頑張ってきたのかわからんと。
なんで自分が他の遊びほうけてるような同僚と同じ立場にならにゃいけないんだって言うんだよ。
そうはいってもねぇ・・・

734 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 12:15:54.34 ID:???
で質問は?

735 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 13:15:48.97 ID:i6LpcFTE
原価率の時の分子の売上原価って棚卸し減耗、商品評価損を含めた金額なんですか?

736 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 13:26:38.63 ID:???
>>733
毎度スレ違いのカキコするからいつまで経っても就職できないんだよ。

737 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 13:36:25.78 ID:???
最近改めて思うんだけど会計士業界って本当にヤバイよね・・

会計士試験に合格しても監査法人に就職できず未就職者が大量に発生
監査法人内部でも締め付けがかなり厳しく昇進も期待できない

738 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 13:38:51.63 ID:???
超難関の公認会計士試験
受かれば人生バラ色 20代で年収1000万プレイヤー
監査法人に就職できなくとも雇ってくれる会社も多くある
就職問題はいずれ解決する
勝ち組すぎるだろ…

739 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 13:40:35.32 ID:???
>>738就職問題解決するか?
円高がユーロですら進んでるのに

740 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 14:12:35.17 ID:???
年齢が若ければなんとかなる。

いま大手監査法人は絶賛リストラ中だから。
高コストのマネやらを切って新人を受け入れる体制は整いつつあるよ。

金融庁から合格者採用の圧力がかかってるからね。

741 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 15:46:44.75 ID:i6LpcFTE
>>740具体的に何歳ぐらい?
合格年齢が平均26ぐらいだよね?

742 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 15:48:19.33 ID:i6LpcFTE
>>740あと、科目合格の奴でも監査法人に入れるんでしょ
そういうのをやめたらもっと合格者が入れるのに

743 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 15:49:18.74 ID:???
>>742
科目合格者は今は採ってないと思う。

744 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 15:53:22.12 ID:???
全科目合格者がいくらでもいるでしょう
法人がわざわざ科目合格者を採る理由がない

745 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 16:13:17.87 ID:???
>>744
科目合格者は低コスト

746 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 17:28:41.34 ID:???
2010年度
合格者数1900名(実績)
大手監査法人採用者数600名(実績)
公認会計士になれない合格者1300名(実績)

2011年度
合格者数1700名(予定)
大手監査法人採用者数300名(予定)
公認会計士になれない合格者1400名(予定)

747 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 18:08:03.43 ID:???
>>746
今年はトーマツだけで200は採るからそれは嘘っぱち。

748 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 19:31:57.52 ID:???
まだ科目で就職できるとかいう情弱がいるのが恐ろしいな…

749 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 21:36:42.27 ID:i6LpcFTE
>>746
300人かよ!!?
おかしくねえか?


金融庁はどう責任とるんだ?
増やしっぱなしで終わりとかないよな?

750 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 21:39:05.03 ID:i6LpcFTE
>>747単純に200×4でも800か
600人は中小監査法人に行けたら万々歳だね
予備校に中小からの求人はあるんだがなあ
なんでそっち行かないんだ

751 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 21:40:51.63 ID:i6LpcFTE
あー900人か
エリートが毎年どんどん余るとか…
終わってんなこの制度

752 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 22:04:06.92 ID:???
>>750
中小が600も取るわけないだろ
よくて100がいいとこ
四大でも、あらた50だし
今さら予備校に来てる求人真に受けて
なんでそっちにいかないとかアホすぎだろ

753 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 22:12:04.40 ID:???
就職問題は別のスレでやっていただけませんこと?


754 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 22:20:38.48 ID:???
スレ違いすぎだろ

755 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/19(月) 22:54:12.36 ID:???
NNTは今までの勉強がすべて無駄になります。きちんと自覚しましょう。

756 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 00:02:18.01 ID:???
>>755
お前はスレ違いを自覚しましょう。

757 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 00:03:14.36 ID:???
では仕切り直しで次の質問どうぞ↓


758 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 19:22:48.53 ID:/TCDPt2Z
>>735をお願いしたいです…

759 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 19:26:15.79 ID:???
どちらでもいいと思う。

但し一度会社でやり方を決めたら継続して適用すべき。


760 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 21:05:10.54 ID:???
原価性があれば売上原価、なければ営業外費用とかそういう問題でないのか?

761 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 21:50:49.16 ID:???
財務分析が目的なら>>759の言うとおりだと思う。

簿記の問題か何かで原価率を逆算しろってことなら、
棚卸減耗損と当期の商品評価損は含めず、
過年度の商品評価損のうち当期売上分は含めるのが合理的だと思うが。


762 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 21:59:23.86 ID:???
>>761
へー、そんなやり方があるんだ。

知らなかったよ。

763 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 22:21:45.27 ID:???
>>762
設問次第だから何の保証もしないよ。
逆算なんて実務でやる機会がないから、あるべき論はないと思う。

764 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/20(火) 23:27:10.64 ID:???
てか資格すらとれないじゃん
入門時点で監査法人の就職活動を説明して
監査法人に就職しないと公認会計士になれないことを
ちゃんと説明すべきだよ

765 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/21(水) 01:30:46.30 ID:???
>>761
なるほど…
自分も初めて知った
当期の売上品の原価として評価切下げ後の時価でなく原始取得価額をあてるってことですかね

766 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/21(水) 07:51:04.77 ID:???
21であきらめるのが会計士

この言葉をしっかり受け止め、新しい道を探すこと。わかった?

767 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/21(水) 08:33:31.14 ID:???
>>765
評価下げ額は売れ残りとか長期滞留とかだから、通常の原価の
性質とは違うと考えるんじゃないかな。

768 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/21(水) 19:46:27.61 ID:YbYUXBJ4
>>766は?意味分からん

769 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/21(水) 19:47:02.92 ID:???
このスレ適当な答えばっかじゃん

770 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/21(水) 19:47:35.69 ID:???
こいつとか>>763
なんだこいつ

771 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/21(水) 20:08:06.28 ID:???
意味分からないレスは無視でおけ。

772 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/22(木) 19:23:34.01 ID:???
基地外がわいちまうんか

773 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/25(日) 23:52:14.89 ID:???
財務会計論計算編の全範囲の基本知識や解法テクニックをコンパクトにまとめた持ち運びに便利な本はないでしょうか?
財務会計論は体系的に学習しないといけない分野にも関わらず
冊子がわかれすぎてて勉強しにくいです・・・

774 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/26(月) 00:58:24.11 ID:???
そんな便利な本があったら漏れが欲しい。。。

775 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/26(月) 14:56:31.70 ID:???
だね
範囲が膨大だから
自作するしかない


776 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/26(月) 18:32:04.30 ID:???
12月に初めて短刀受けます
これまで通信で孤独にやってきたので、試験会場慣れの意味合い強めで
11月の日商1級受けとこうと思うんですが、1級特有の傾向や、留意すべき点はありますか?
あくまで短刀の学習を優先しつつも、日商の過去問数回やってみようとは思ってます。
ちなみに11年5月短刀を解いてみたところ、財務140管理55といった現状です。
管理は理論は力技、原価計算はほとんど落とすという、ウンコレベルでした。

777 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/26(月) 18:40:20.21 ID:LVHIwlEh
777

778 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/26(月) 19:58:20.99 ID:VGnWO0p/
>>776
会計士目標ならば1級で特に気をつける必要はないですよ。
会計士の答練に慣れていれば時間に余裕をもって解き切れる
でしょう。

ただ、工業簿記や原価計算はときどきワケの分からない問題が
出ます。(会計士試験もですが…)
そのときはあまりこだわらず、なるべく素直に解きましょう。
そうすれば失点しても失点の理由を分析して自分の理解の
誤りが見つけやすくなります。


779 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/27(火) 15:39:56.95 ID:???
在外関連会社の財務諸表の換算はどうやればいいのでしょうか?

780 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/27(火) 15:42:47.55 ID:IpQSSaDL
>>649超亀レスなんですが、なるほど
だからよく、土地の時価は○○円高くなっている、と償却資産ではない土地を問題として使っているんですね

だとすると、諸資産だった場合はどうすればいいのでしょうか?
なんの資産だか全く分からないから、増えた分の処理のしようがないですね…

781 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/27(火) 17:38:53.75 ID:???
>>776いつぐらいから会計士の勉強始めました?

782 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/27(火) 19:08:13.02 ID:???
>>778
お返事ありがとうございます。なるほど工原がネックになりそうですね。
簿記に関しても、帳簿組織やややこしい特商が出たら終了レベルなので、ひとまず短答のためにも苦手論点を無くすようにします。
ありがとうございました。

>>781
1年ほど前です

783 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/27(火) 20:12:52.19 ID:???
>>782三級レベルから始めたんですか?
簿記の知識はありました?

784 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/27(火) 22:42:19.04 ID:???
>>783
3級講座から始めました。知識は確定申告をしてたぐらいです。
余談ですが特殊商品売買のあたりで、本気で撤退を検討した経緯がありますwあのトラウマのおかげで今も苦手です

785 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/28(水) 00:28:07.76 ID:TG9GC0ZP
>>779
当期純利益の投資会社持分相当額はAR換算。
関連会社株式はCR換算。
差額は為替換算調整勘定。

786 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/28(水) 02:30:58.50 ID:???
>>784じゃ簿記系に関しては(法律科目は考えずにということです)
去年の11月三級、今年の2月二級、みたいなスピードですか?(実際に受けたかどうかは関係なく)

これプラス法律科目を平行してやるんですか?
うーん大変…

自分は1級レベルですが、割引現在価値が絡むところと連結とCFで心が折れかけました。
退職給付はまだ完璧じゃない…差異関係は楽勝だけど、退職債務を割り引くのが苦手

787 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/29(木) 20:57:08.25 ID:???
会計士試験はもう価値ねーよ。
実務板で先輩諸氏がそう言ってるんだぜ?冷静になれよ皆。

788 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/30(金) 00:45:59.98 ID:lJZ6W0Ue
>>786
割引計算は簿記というより電卓の使い方の問題な希ガス。

789 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/30(金) 17:20:42.48 ID:???
他人の債務を保証した場合、偶発債務を負います。
手形を裏書・割引した場合、二次的責任を負います。
この偶発債務と二次的責任は似てるような気がするのですが、
前者→債務額で備忘仕訳
後者→保証債務を時価評価
と会計処理は違います。
本質的に何が違うのでしょうか?

790 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/30(金) 22:32:02.28 ID:???
>>789
それは発生可能性の違いです。

手形の裏書や割引はもとは受取手形という債権でしたから、貸し倒れ
の発生可能性に応じて貸倒引当金が計上されていたはずです。
裏書や割引をすると元債権はオフバランスしますが、遡及義務として
貸し倒れリスクを引き継ぐ以上、オンバランスしていたときと貸し倒れ
の発生可能性は変化しません。
だから債権をオフバランスしても貸倒引当金はオフバランスできないのです。
これが保証債務の負債計上です。

保証債務の時価とはこの場合手形債務者の貸し倒れ確率を反映させた
金額と言い換えることができますが、元債権がオフバランスされて
いる以上、評価性引当金の名称は使えません。
よって保証債務といった名称を使うのです。

一方債務保証の場合は、保証先が健全なうちはこちらまで損失が及ぶ
可能性はありません。
よって単に債務保証をしたというだけでは引当金は計上できません。
しかし、保証先が倒れたらこちらが損失を被る可能性は高まりますから、
その場合は債務保証損失引当金として負債を計上することになります。

手形の裏書や割引は保証債務の時価を負債計上するのに債務保証の
場合は負債計上しないと習うと、バランスを欠くと思うかも知れません。
しかしそもそも両者ではスタートの時点で損失の発生可能性が異なって
いるのだということを忘れないで下さい。

791 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/30(金) 22:54:31.12 ID:???
何言ってるのか全くわからんw

792 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/09/30(金) 23:26:20.53 ID:???
>>791
要するに会社に損失が発生する可能性が高ければ負債計上。
そうでなければ何もしない。

これだけよ。

793 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 11:49:23.47 ID:???
>>792
つまり手形の二次的責任の保証債務の時価というのは
結局貸倒引当金の名前を変えたものということですか?

偶発債務の保証債務勘定は備忘仕訳で使うだけ、B/Sに載らず注記
手形の二次的責任の保証債務勘定はB/S
負債の部に計上
なんだか同じ勘定科目でややこしいな、しかし。

794 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 12:29:22.54 ID:???
>>790
なるほど、おもしろいですね
しかし、会計用語ややこしすぎです><
もうすこしやらわかくお願いします

795 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 14:30:18.69 ID:???
債務を保証…保証した額面額を引き渡す義務が発生「するかもね」。でも今はシラネ、俺は債権者でもねーし発生可能性も分からんしまぁ注記しとくか。今頃債権者はうちの信用リスクを評価してるんだろうなwっうぇwww

割引き、裏書き…直接の債務者の債務不履行による、二次的責任が当社に「残存」。債権を回収可能額で評価するために貸し倒れリスク(信用リスク)加味して控除してたわけだが、リスク部分はまだ消えてないからオフバランスできねーな 保証債務とかwだりぃーwww

個別設定だとしても実績率で引当金計上してたら、保証債務と同額じゃない可能性はある

796 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 14:33:32.94 ID:???
>>795
言葉をチャラくしたからといって分かりやすくなるわけではないと思うが…

797 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 14:33:58.77 ID:???
>>793
そうだね。

798 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 15:06:04.03 ID:bw15yEdL
便乗質問です

偶発債務…備忘記録のための仕訳、金額は額面金額
保証債務…保証債務の時価相当額(額面金額の1%など)、引当金のようなイメージ?

こんな認識でいいでしょうか?

保証債務の中に偶発債務という債務が入っているんでしたっけ?
保証債務⊂偶発債務
みたいな
逆ですか?

799 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 15:19:36.84 ID:???
>手形の裏書や割引は保証債務の時価を負債計上するのに債務保証の
場合は負債計上しないと習うと、バランスを欠くと思うかも知れません。
しかしそもそも両者ではスタートの時点で損失の発生可能性が異なって
いるのだということを忘れないで下さい。

>>790の言うように発生可能性ありきで考えると、重大な矛盾に気付きます。
分かる人いる?

800 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 15:21:25.12 ID:???
>>798
偶発債務はオフバランス。保証債務はオンバランス。
発生可能性が高くなって偶発債務から負債に昇格するとオンバランス
しなければならない。
だから両者に包含関係はない。


801 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 15:38:18.46 ID:???
偶発債務をアクシデンタルな債務と考えるなら保証債務も偶発債務に
含めてもいい気がするけど、そうすればまさに>>789みたいな混乱を
招くから別物と整理した方がよいかと。

802 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 18:13:37.09 ID:???
T/Tってなんでしょうか?

803 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 18:39:11.28 ID:???
初耳だな。
(ToT)に似てる。

804 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 19:24:39.06 ID:???
>>802
貿易用語。どこまで知りたいか分からんがとりあえず参考リンク貼っとく。

T/T Remittance:Telegraphic Transfer Remittance
電信為替送金
http://carryoncommerce.seesaa.net/article/93625229.html

805 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 19:53:00.12 ID:???
あー!
TTMやTTSのTTか!

806 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/01(土) 23:59:14.03 ID:???
>>804あれ?確か、なんか、連結のなにかを表すのがT/Tじゃなかったでしたっけ?

807 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 00:08:55.10 ID:KCFcshUR
連結にT/Tなんて出てこないよ。

808 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 04:35:11.18 ID:???
企業会計原則と財務諸表等規則って、どっちの規定を優先するとかそういうのあるんでしょうか?

809 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 07:43:48.44 ID:???
財規優先。まあ試験上は指示があれば指示に従うだけ。

810 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 14:24:05.66 ID:???
会計士試験って科目合格ないですよね?
短答はないけど論文は科目合格あるってきいたんですが本当ですか?
博士号取得者の科目免除とは別の話です。

811 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 14:25:45.07 ID:???
科目合格はないけど、一定以上の得点で2年間科目免除になる

812 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 14:26:07.68 ID:???
>>808
企業会計原則って表示に関する定めがあるの?

813 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 14:31:07.16 ID:???
>>811
ということは、今年は全科目合格は無理そうだから、数科目だけ狙っていくという人も大勢いるわけですか?
前年度に1科目だけ足らなくて落ち、今年は1科目しか受験しない人もいるんですか?

例えば、免除を使う場合得点の換算率が低くて戦略的に免除を使うことは好ましくないという事情はあったりするのでしょうか。
短答式も含めて。

814 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 14:35:17.84 ID:???
>>811
それから、一定以上の得点とはどのくらいの得点なんでしょうか。
普通の合格者が平均してその科目について取れている点数をとっていれば翌年からは免除なんでしょうか。
それとも免除となるにはよほど高い水準を取らなくてはいけないんでしょうか。
一定の得点率をとって翌年以降科目免除となる人はどのくらいいるんですか?

815 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/02(日) 14:54:27.31 ID:???
>>814
とりあえず公認会計士・監査審査会のホームべージの試験制度
に関する事項を一通り読んでから質問して方がよいと思う。

現時点では分からないことが多すぎるでしょ。

816 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/03(月) 22:49:41.05 ID:???
2011年度
合格者数1700名(予定)
大手監査法人採用者数400名(予定)
公認会計士になれない合格者1300名(予定)

817 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 01:41:39.91 ID:???
>>813
ここらへんが読みやすいのでは?

公認会計士試験Q&A
http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/qanda/index.html


818 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 12:45:12.96 ID:???
T/Tってタイムテーブルの事では?

819 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 13:27:34.75 ID:???
>>818
どのタイムテーブル?

820 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 14:18:33.28 ID:???
連結を解くときにつかう線表

821 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 17:53:31.08 ID:???
>>820
それは…会計用語じゃなくて予備校による通称のような

822 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 17:54:31.75 ID:???
あなるほど!
会計用語じゃないが、いきなり黒板に書かれると戸惑うかもな。

823 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 19:11:01.55 ID:yDOwsrhU
タイムテーブルか

824 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 23:56:31.37 ID:???
某予備校の問題の解答に、「資産負債アプローチに立脚した場合、法的債務のみならず、
推定的債務も負債として認識される」という記述があったんですが、これは
収益費用アプローチに立脚した場合は違う結論になるんでしょうか?

825 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/04(火) 23:58:30.64 ID:???
収益費用アプローチに立脚すると将来収益または引当金が負債になるので

法的債務と会計的負債が負債になる
推定的負債は定義を満たさない

826 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 00:11:37.46 ID:???
>>825
ありがとうございます。
テキストに推定的債務の記述がなくてよく分からなくて・・・。

負債の分類で、法的債務と会計的負債に分かれていて、
法的債務は更に、確定債務と条件付債務に分かれているんですが、
推定的債務は出てこないんですよね。
何となく法的債務じゃなさそうだから、会計的負債なのかなと思ってましたが、
そのレスだと、どうやら違うみたいですね・・。

827 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 00:22:38.60 ID:???
推定的債務は法的義務はないけど企業が回避するのが困難な債務
法的義務でないが将来CFの流出を伴うもの


会計的負債は、ひらたく言えば貸方項目
例えば修繕引当金とか

828 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 00:57:01.40 ID:???
推定的債務はIFRSに出てくる概念で、日本基準の負債の分類のどれかというわけじゃないよ
まあ法的義務に準ずるものくらいに思っとけばいいんじゃない ちょっと違うけど

829 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 02:12:50.56 ID:???
定率法が保守主義の原則の適用例として挙がっているのは、初期に多くの費用を計上するからでしょうか?

830 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 07:47:17.79 ID:???
監査法人で合格者全員を収容することはできないから、
あぶれた人は一般企業でがんばれ。
一般企業は不況で採用が全くないかもしれないが、
それは会計士合格者に限ったことではない。
いずれにしても、引き続きがんばれ。
金融庁

831 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 08:05:17.99 ID:???
>>827
> 推定的債務は法的義務はないけど企業が回避するのが困難な債務
>法的義務でないが将来CFの流出を伴うもの
資産除去債務みたいなものか。

832 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 08:40:40.23 ID:???
資産除去債務は法律や契約により義務が確定しているもの限定だから
確定債務

833 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 11:21:27.21 ID:???
>>829
てことは級数法も保守主義の原則の適用例か

834 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 13:37:42.68 ID:???
>>812
普通にあるだろ・・・

835 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 22:22:14.73 ID:???
今年からは会計士試験合格者の5分の4以上が無内定になるのでフリーター、ニートも視野に入れて勉強を頑張って下さい。
新卒で就職したほうがいいですよ。

836 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/05(水) 23:33:19.43 ID:???
>>834
そうなんだ。
てっきり会計処理だけを定めてるのかと思った。
表示の方法も定めてたのね。。。


837 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/06(木) 05:11:00.98 ID:???
>>836
というか読んだらわかるだろ

838 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/06(木) 21:15:02.81 ID:???
大手は一人も採りたくない状況であり、中小は倍率100倍超え。
一般企業は新卒者で非正規枠まですべて埋まる。

無職は合格した年に監査法人に入らなければ何の意味もなく、
正規雇用の機会はどこにも存在しないので気をつけましょう。

839 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/06(木) 23:48:17.18 ID:???
>>837
逆にあんま読んでないというw
東大モトクロスだな。。。

840 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/07(金) 02:15:52.55 ID:???
ソフトウェアの会計処理について質問です。
基準にある以下の文章についてなんですが、

「社内利用のソフトウェアについては、完成品を購入した場合のように、その
利用により将来の収益獲得又は費用削減が確実であると認められる場合には、
当該ソフトウェアの取得に要した費用を資産として計上しなければならない。」

これは、完成品を購入した場合は、イコール将来の収益獲得が確実だからその費用を
資産計上するということなのか、それとも、完成品を購入して、かつ、その利用が
将来の収益獲得が確実な場合に、費用を資産計上するということなのか、
どちらでしょうか?

841 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/07(金) 08:13:03.23 ID:???
>>840
後者

842 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/07(金) 22:08:25.60 ID:???
え、前者じゃね?

843 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 09:57:35.51 ID:6V0TiE7e
キャッシュフロー見積法について質問があります。

例えば
・利息5%で10000円貸した(返済は1年後)
・貸倒懸念債権になり、利息を0%に変更した
といった場合、貸倒引当金の設定は

現在割引価値 10000 / 1.05 = 9524円
∴貸倒引当金 416円

となりますよね。
この貸倒引当金は、金利引下げによる損失部分を表しますよね。

でも逆に言うと、元本に対する貸倒引当金は、これでは設定されていませんよね。
元本は必ず返ってくるという前提になっているように思えます。

なぜキャッシュフロー見積法では、元本に対する引当金は設定しないのでしょうか?
金利部分に加えて、元本の○%も引当金にすべきではないかと思うのですが…。

844 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 10:06:33.53 ID:???
実績法もキャッシュ・フロー見積法も財務内容評価法も、結局その債権の貸借対照表日時に於ける時価扱いという点では全く同じ、やり方が違うだけ。
なので、これらの方法で算定した時点で元本に対する引当金を設定したことになるのでキャッシュ・フロー見積法だから元本に対する引当金は設定しないと言うことはない。

もし気が向いたら利息減額等無しの本来の貸し付け条件で同じ計算をしてみるといい。
計算結果が元本とイコールになるから。

845 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 10:07:21.42 ID:???
>>843
そもそも、どうして債権者は金銭債権の条件変更に合意するんだと思う?

846 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 10:31:58.80 ID:6V0TiE7e
>>844
>計算結果が元本とイコールになる

ここなんです、むしろ最大の疑問は。
上記の例で利息がそもそも無かったとすれば、
キャッシュフロー見積法による貸倒引当金は0円になりますよね。

これはおかしくないですか?
もし財務内容評価法(簡便法)を用いていれば、貸倒引当金は5000円になったはずです。
「やり方が違うだけ」にしては、あまりにも結果の隔たりが大きいです。
そして引当金が0円であるということは、元本が必ず返済されるという意味ですよね。
ここから考えると、やはり元本に対する引当金は設定されていないとしか思えないのです。

>>845
無理をして全額貸倒れては元も子もないから、ですよね。

847 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 10:50:18.98 ID:???
>>846
最初から利息0なら貸倒引当金は0。
当然その債権は貸倒懸念債権には該当せず一般債権として他の債権と一緒に実績法による貸倒引当金の設定をするだけ。

キャッシュ・フロー見積法も財務内容評価法もあくまでその債権が貸倒懸念債権に該当した時点で初めて出てくるものなのはお忘れ無く。

848 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 10:58:32.40 ID:6V0TiE7e
>>847
>当然その債権は貸倒懸念債権には該当せず
利息の有無と、貸倒懸念債権であるか否かは無関係ではありませんか?
単に10000円貸していて、相手の経営が危なければ貸倒懸念債権にはなれますよね。
その場合にも、キャッシュフロー見積法を使えば貸倒引当金が0円になる、
このことに疑問を感じるのです。

849 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 11:18:31.81 ID:???
>>848
利息の有無と言うよりその条件の変更の有無ね。
利息が元々0なら条件変更等無しで、その視点で見るならそもそも貸倒懸念債権に該当しないと考えられるわけ。
財務内容評価法で設定するなら、その債権は条件変更の有無とは別の理由で貸倒懸念債権に該当することになったと推定される。
なので、この場合に於いてはそもそも財務内容評価法しか選択肢はないはず。

そもそも、貸倒懸念債権に対する貸倒引当金設定方法の2つは、その債権の状況に応じてどちらかを適用する。
キャッシュ・フロー見積法はそのキャッシュ・フローを合理的に見積もることが出来る債権にのみ適用。
財務内容評価法は担保又は保証が付されている債権はそれを考慮して適用。

なので、基本的に貸倒懸念債権に対する貸倒引当金の設定方法は後者がメインになる。
前者は合理的に見積もることが出来ない限りは適用できないから。


850 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 11:23:47.66 ID:???
>>846
> >>845
> 無理をして全額貸倒れては元も子もないから、ですよね。

いや、条件変更すれば債権を回収できる見通しがあるから、だよ。
「無理をして」っていうけど、債権者が無理をすれば債務者からもっと取り立てることだって考えられる。

>>846
> ここなんです、むしろ最大の疑問は。
> 上記の例で利息がそもそも無かったとすれば、
> キャッシュフロー見積法による貸倒引当金は0円になりますよね。
その場合だと、何ら条件変更しなくても当初の約定どおり債権回収できる見積があることになるけど、
それが正しければそもそも貸倒懸念債権に該当しない。
あるいは、その見通しが間違っていると考えるのが妥当。

851 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 11:31:05.10 ID:6V0TiE7e
>>849
貸倒懸念債権となった理由によって、どちらを選択するかが決まるんですね。
つまり元々利息0円なのにキャッシュフロー見積法はありえないと、それは理解できました。

しかしやはり、キャッシュフロー見積法では元本に対する引当金が
設定されていないのではないか、という疑問は拭えません。

例えば10000円の貸付金が、利息1%から0%に引き下げられたとします。
この時点で貸倒懸念債権となり、キャッシュフロー見積法が適用できますよね。
そして結果は貸倒引当金は99円となります。これ、低すぎませんか?

貸倒懸念債権となる前は、実績法(仮に3%)を利用して
貸倒引当金は300円あったはずです。

貸倒懸念債権になったにも関わらず、貸倒引当金が減額された。
貸倒引当金が減るということは、返済への信用がアップしたも同然です。
これは矛盾していませんか?

>>850
条件変更しても「必ず」回収できるわけではないですよね。
一般債権よりも引当金が低くなることがあるのはおかしいと感じます。

852 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 11:46:35.92 ID:???
>>851
先にも書いたけど債権の状況に応じて選択なんで、貸倒懸念債権に該当した時点でどちらが時価として適切かで判断する。
1%の減額だって1年ならそうかもしれないけど複数年にまたげばそれなりに下がる(元本・利息共に割り引くため)。
そもそも、キャッシュ・フロー見積法でかえって引当金の額が下がるのなら財務内容評価法で直接評価するという方法もある。
その辺は臨機応変であり、その為、貸倒引当金の設定方法については必ず問題文に指示がある。よって、試験場は単純にそれに従えばいい。


853 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 11:53:13.04 ID:???
ちなみに、会計は相対的真実性。
なのでどちらの方法を選択したとしてもその選択に正当な事由があるなら、それはどちらも正しい会計処理と言うこと。
例えそれぞれの計算結果が極端に変わろうとも。

逆を言えば、だからこそ複数の選択肢を出す意味がある。
その代わり、一旦選択した処理方法等は滅多なことでは変更してはいけないと言うところでバランスを取っている。


854 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 12:22:55.11 ID:???
>>851
> 例えば10000円の貸付金が、利息1%から0%に引き下げられたとします。
> この時点で貸倒懸念債権となり、キャッシュフロー見積法が適用できますよね。
> そして結果は貸倒引当金は99円となります。これ、低すぎませんか?

その貸付金の担保として20000円の資産が差し入れられていたとすると、
財務内容評価法で貸倒引当金は0円となるけど、これも矛盾してると思う?

> 貸倒懸念債権になったにも関わらず、貸倒引当金が減額された。
> 貸倒引当金が減るということは、返済への信用がアップしたも同然です。
> これは矛盾していませんか?

信用なんかアップしてないよ。
もともと1%の利息で貸付して文句のでない超優良な貸付先でしょ?
その貸付先の信用力を、他の債権と一緒くたにせず、
個別に評価したら一般債権よりリスクは小さかったことが分かったってことでは。

855 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 12:29:42.36 ID:6XGeQIQS
>>851
貸倒引当金と考えるからおかしい。

キャッシュフロー見積法は債権評価の方法。
CFの割引現在価値が今の債権の時価を表すという考え方。

将来CFが減ったのなら、その分将来CFのカタマリである現在の時価が
目減りしているわけだから、それを簿価に反映しているというだけ。

DCFではどれが利息でどれが元本とかいう区別はそもそもしていない。
CFを割り引いた合計を考えているから。

856 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 12:38:26.32 ID:???
>>843
他の人の回答読んでないけど
債権は回収可能額で評価する。貸倒引当金は、それ自体が損失見積り部分とかそういう考えじゃなくて、
回収可能額を表示するにあたっての債務の控除項目と考えたほうがいい。

一般債権の回収可能額を表示するためには、債務者の債務不履行の可能性つまり信用リスクや実績率という、ある種抽象的な率を反映して評価するしかない(キャッシュフローを見てない。確率で測定)
債務不履行になるかなんて分からんのだから。そのため貸倒実績率なり信用リスクなりを乗じた額を控除した額(回収可能と見積もられる額)で表示している。

これに対してキャッシュフロー見積り法は、回収可能なキャッシュ自体を測定して時間価値を考慮する方法により、回収可能額を評価したということ。
よって元本部分に引当金を設定するかしないかってのはそもそも、観点がズレているのです。
ついでになぜキャッシュで測定してるかについてだが、利率引き下げの条件に双方合意したということは、CF見積法のほうが、元本×確率で引当金見積もるより信頼性をもって回収可能額評価できると思わないかい?

857 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 13:50:02.31 ID:???
>>856
×債務の控除項目
○債権の控除項目

858 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 17:01:47.35 ID:???
>>855が真実だな

859 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 18:10:57.25 ID:???
>キャッシュフロー見積法は債権評価の方法。
CFの割引現在価値が今の債権の時価を表すという考え方。
将来CFが減ったのなら、その分将来CFのカタマリである現在の時価が
目減りしているわけだから、それを簿価に反映しているというだけ。

これは違うだろwww

860 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 18:33:57.47 ID:???
>>859
概フレを知らない人って感じだな
会計士受験生じゃないなら仕方ないかも

861 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 20:12:53.82 ID:???
>>859
もうちょっと勉強しろ

862 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 20:59:58.58 ID:6V0TiE7e
>>854
>その貸付先の信用力を、他の債権と一緒くたにせず、
>個別に評価したら一般債権よりリスクは小さかったことが分かった

私も一度そう考えましたが、キャッシュフロー見積法の計算内容を考えれば、
この認識はおかしいのではないかと感じました。
キャッシュフロー見積法は、返済不能が確定した金利部分を計算しただけで、
「貸付先の信用力」を調査したわけではない、というのがその理由です。

>>855-856
債権の控除項目として貸倒引当金が存在する、それは理解できました。
キャッシュフロー見積法を用いて、返済不能な金利部分を控除する、
このこと自体は真っ当な処理だと思うのです。
しかしそれだけでは足りないのではないか、というのが私が感じる疑問点です。

キャッシュフロー見積法では返ってこない金利を計算したというだけで、
元本に対する「債務不履行の可能性」は依然として存在するはずです。
その「可能性」に対しては、例えば一般債権と同様に実績率などを用いて
評価する必要があるのではないでしょうか?
金利さえ引き下げれば後は「回収可能」である、という根拠がわからないのです。

863 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 21:06:25.62 ID:???
855は資産の定義と投資の成果を理解したほうがいいよー。

864 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 21:09:44.33 ID:???
>>862
855と856が言ってることは全く違うぞ

865 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 21:11:29.47 ID:???
>>862
> キャッシュフロー見積法は、返済不能が確定した金利部分を計算しただけで、
ここ、認識が間違ってるよ。金利部分を計算しただけなのは、そういう設例を貴方が用意しただけ。
実際に計算しなければならないのは、元利を合わせたキャッシュフローの現在価値。

> 「貸付先の信用力」を調査したわけではない、というのがその理由です。
信用力を踏まえないと将来キャッシュフローの合理的な見積はできない。
したがって、調査したわけではないというなら、それは評価方法として不十分。

866 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 21:17:44.00 ID:???
話がややこしくなるけど、当初の約定利率自体に信用リスクは反映されてるだろ。

867 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 21:36:29.62 ID:???
>>862
だから>>855で言ってる通り、これは貸倒引当金じゃないんだって。

債権の簿価を公正価値に引き直してるんだって。たまたま勘定科目に
貸倒引当金という名称を使ってるだけであって。

キャッシュフロー見積法はむしろ減損の回収可能価額の概念に近い。
減損に貸し倒れなんて概念ないでしょ。

868 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 21:56:57.75 ID:6V0TiE7e
>>865
ポイントは「合理的」という言葉でしょうか。
金利を下げれば元本は必ず返ってくる、それが確認できれば、
キャッシュフロー見積法を使えるというわけなんですね。
つまり、信用力の調査を行う必要があるわけですか。
そういうことならば納得できます。ありがとうございます。

869 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 23:28:47.09 ID:???
概フレと金融商品基準を読んでから質問するべきだよ

870 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/08(土) 23:40:03.11 ID:???
>>868
納得できたんならもうあんまり触れようとは思わなかったが、

> ポイントは「合理的」という言葉でしょうか。
そうだね。少なくとも借り主が「条件変更してくれれば返せる」って言ってるだけじゃ、
条件変更後の将来キャッシュフローが合理的っていう判断には至れないのは分かると思う。
貸し主も見積の客観性を確かめる必要が出てくるんでないかと。
合理的に見積もれないなら財務内容評価法を適用するだけだがね。

> 金利を下げれば元本は必ず返ってくる、それが確認できれば、
あのさ、「必ず」なわけないから。「見積」が「必ず」うまくいくわけないじゃん。
引当金の要件は覚えてる? 貸倒引当金も発生可能性が高いものに設定するんだよ。

871 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 00:04:26.12 ID:jN1Hv7/+
成果連結ってなんですか?
初めて聞きました
テキストには載ってないです

872 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 00:09:26.11 ID:???
>>871
ぐぐった?

873 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 00:12:34.66 ID:+dJ26RXt
連結会社相互間の期末残高の債権・債務相殺消去
それに伴う貸倒引当金の減額修正
連結会社相互間の内部取引の未実現利益の相殺消去

簡単に言うとこんな感じです。

874 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 00:42:30.40 ID:+djcVeqH
>>868
信用力の調査なんかしないよ。
将来キャッシュフローと割引率だけ分かればキャッシュフロー見積法は
使えるから。

将来キャッシュフローは元利金の回収スケジュールの改定を債務者
と合意すれば明らかだし、割引率も当初の約定利率だからこちらも
明快。

あと、改定内容によっては満期の元本の返済も数年に渡って分割払い
ということもあるから、もはやどれが利息でどれが元本かなんて
区別することすらあまり意味がなくなることもある。


875 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 00:46:14.09 ID:???
じゃ、割引率に当初の約定利率を使う理由は?
割引率はリスクフリーレート?

876 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 07:56:53.36 ID:???
連結会計の開始仕訳って、利益剰余金期首残高と同じように「資本金期首残高」って勘定は使わないんですか?

877 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 21:30:31.42 ID:MuHGUOSW
>>875
当初期待していた投資リターンだから。

878 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 21:36:03.84 ID:???
公認会計士試験の現状
公認会計士業界を取り巻く環境は、
07、08年の公認会計士試験の大量合格・大量採用、
リーマンショック以後の不況、IPOバブルの崩壊、上場会社数の減少と激変し、
最大手の監査法人ですら赤字という厳しいものです。
一部にIFRSによる特需に期待する意見もあるようですが、関係はないでしょう。
今年からは、膨大な論文式試験合格者が就職できないことも社会問題にすらなりません。

879 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 21:46:31.10 ID:???
>>876
別にそれでもいいと思うよ。
ただ資本金は滅多に動かないからどちらでもあまり変わらないんだと思う。

880 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 22:20:04.89 ID:???
>>875
将来CFの回収可能性の変化のみを測定したいから


881 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 22:46:26.96 ID:???
>>877
で、どうしてその結論に至ったの?背景を詳しく

>>880
それって独自の見解じゃなく?

882 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 22:56:08.80 ID:???
>>881
概フレって知ってる?

883 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 23:03:47.32 ID:???
>>882
知ってるよ
概フレ知ってるとは思えないレスが並んでたからさー
独自の見解なのかと思った

884 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 23:06:50.15 ID:???
>>883
え!
>>880は概フレの文言まんまだよ!

885 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 23:10:20.55 ID:???
>>884
マジ?当初の割引率使う論拠として載ってたっけ?それは失礼

886 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/09(日) 23:53:08.59 ID:???
>>884
確認した。いやこれ、そりゃ文言ままなんだけどさw
独自の見解なのかなと思った理由は、そういう意味じゃなくてだな…/(^o^)\

887 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 00:06:18.38 ID:???
質問です。
その他有価証券として保有してた投資先が、被取得企業となる合併によって消滅し、取得企業から株式を交付された場合は、投資の継続なのでしょうか?

888 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 01:02:07.91 ID:???
投資は非継続

披取得企業の株主は事業への支配を失う
→持分の継続は認められない
→投資を清算したと仮定して処理する


889 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 01:09:45.87 ID:???
その他→その他なら継続じゃね

890 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 01:18:58.08 ID:???
うわぁ・・・対価が株式でその他→その他なら継続だろ。

891 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 08:51:20.83 ID:???
ここって自信満々で間違ったこと教える奴いるよね

892 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 09:08:06.49 ID:???
>>891
所詮2ちゃんということだ。寧ろ仮に間違っていても自信満々に答えられないようでは質問側も不安になるだろ。
だから、質問に答えるときは基本的にドヤ顔な位で丁度良い。

まぁ、それで間違っていたら信用ガタ落ちなんだけど、それも含めて2ちゃん(と言うかネット)だからな。
結局はここに質問している時点で質問側の責任でもある。
寧ろ、仮に間違っていたとしても1級レベルなら自分でおかしいと気付くべきとも言える。

893 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 09:43:34.94 ID:???
そういう意味では
間違ってる上に>>858みたいなレスがあったら、質問者の自己責任というには酷だわ(笑)

894 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 09:50:46.67 ID:???
>>881
たとえば固定資産の減損は資本コストでその固定資産の使用によって
得られる将来キャッシュフローを割り引き、簿価がその現在価値を
上回っていたらその分減額する。

つまり投資のリターンが当初期待していた分(最低でも資本コスト)
を下回ったら将来損失がでるので、その回収できない分を減額するということ。

債権のキャッシュフロー見積法も同じような考え方。
当初期待していたリターンが得られなくなったらその分を簿価から減額するの。


895 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 09:52:12.23 ID:???
でもさ、ネットの中のどこの誰とも解らない人の言うことを真に受ける人ってどうよと思わん?
ここで質問して答えが返ってきたら、それが一つのきっかけとして質問者自身で確認し、自分のものにすれば良いだけだと思うがね。

896 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 10:34:40.36 ID:???
コテつきで答えてもいいけどコテのつけ方知らないしな

897 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 10:39:15.34 ID:???
>(最低でも資本コスト)

本気で言ってる?

898 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 11:13:20.36 ID:???
>>840
後者
実務指針11項に収益獲得・費用削減の要件を満たすかの判断を求めている
そして三号に具体的な例として
・完成品購入
・当初の意図した使途に継続利用・業務の効率・効果的な遂行が明確
が挙げられている


899 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 11:31:56.72 ID:???
連結で子会社が配当出した場合の修正仕訳で、貸方に配当金という勘定を使いますがこれはなんですか?
(受取配当金)xx (配当金)xx
(少数株主持分)xx

もともと配当金を出したときの仕訳は借方繰越利益剰余金だと思うので、消すなら繰越利益剰余金じゃないんですか?
今まで「配当金」なんて勘定科目見た記憶がありません。

900 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 11:34:06.31 ID:???
株主資本等変動計算書の科目だよ
配当を取り消すことで、BSの繰越利益剰余金残高も修正される

教科書に載ってるでしょ

901 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 12:27:05.54 ID:???
>>897
資本コストは企業の総合的な資金調達コストだから、これより
利回りの低い投資案は却下されるんだよ。

今はよく分からなくても管理会計の投資意思決定を勉強すると
理解できると思うよ。

902 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 14:22:38.78 ID:???
>>901
意思決定て…。それは減損とは全く別問題の話ね。
事業用固定資産の投資の成果で回収されるべき金額は取得原価です。よって回収されるべき残額は“未償却原価(期末帳簿価額)”です。
そのうちオンバランスしてていいのは経済的資源の要件を満たす部分だけです。
だから減損会計が必要なんです。資本コストとか関係ないです。以上、概念フレームワークの基礎の基礎。
「当初期待してた分」の意味が分かってるならまだしも、(最低でも資本コスト)って書いてるってことはこの時点で間違ってるよねーきっと。
取得原価のうち回収できてない部分を下回るかどうかでの話であって資本コスト関係ない。
よって減損において
「投資のリターンが当初期待していた分(最低でも資本コスト)
を下回ったら将来損失がでるので、その回収できない分を減額するということ。」
これは本気なのかなって思いました。あ、日商受験生なら凄くセンスあると思う。
とりあえず「当初期待してた投資のリターン」=○○+××
ここ分かってるなら十分。

903 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 14:42:06.76 ID:???
>>902
○○+××って何かの測定値が入る?

904 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 15:04:56.73 ID:???
その他有価証券を満期保有目的に変更できないのは何故ですか?

905 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 15:18:40.54 ID:???
>>903
「当初期待してた投資のリターン」=測定値+オンバランスできない資産=なんちゃらかんちゃら

つーかごめん、発表待ちで暇なので余計なことしたわ。日商ならここまで必要無いし会計士受験生なら講義で聞くだろうし、いらん内容だな。
>>901
いちいち気に障るような発言したことにつき謝りたい。申し訳なかった。

906 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 16:07:59.83 ID:???
自己創設のれん

907 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 16:11:55.61 ID:???
>>902
いや、つまり、
期末簿価×資本コスト率がこの固定資産を使用することによって来期に
発生するコスト(費用や配当。
大まかに。)だから、あまりにも簿価が過大だと、現在見込んでいる
将来キャッシュフローをもってしては回収しきれないということです。

だから最低でも資本コストと言ったのは、その率で将来キャッシュ
フローを割り引いた現在価値合計が、損失を出さないギリギリの
簿価という意味で言ったのです。
減損の実務では割引率に通常資本コストを使いますが、それはこのような
ワケによると思います。

当初期待していたリターンという言葉は、減損そのものについて言った
のではなく、債権のキャッシュフロー見積法にこのようなDCFの
考え方を当てはめた場合のことです。
当初約定利子率が債権のもともとのリターンですから、改定されたキャッシュフローをこれで割り引くと、当初期待していたリターンからの
乖離が簿価に反映されるという意味です。


908 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 16:25:32.36 ID:???
>>905
いえいえ。
論証に穴があったら指摘して下さい。

909 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 17:19:40.34 ID:???
>>904
満期保有目的は保有した段階から満期まで保有する意図があることが求められる
だがその他に分類された以上、保有した段階で満期まで保有する意図が認められない
よって要件を満たさないからダメ

910 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 18:21:05.96 ID:???
>減損の実務では割引率に通常資本コストを使います

何故こういう嘘を平気で書けるのか

911 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 18:29:16.36 ID:???
減損と医師決定とがごっちゃになるというレアなお方だから

912 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 18:33:09.37 ID:???
>>911
まともな人間が去っていく理由が分かるよww

913 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:27:52.68 ID:???
>>910
とりあえず就職しなさい。

914 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:30:10.25 ID:???
>>911
投資意思決定の判断の結果採用した投資額が取得原価。

ブツ切りの理解のままではダメ。


915 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:32:42.48 ID:???
受験生は覚えることばかりで自分の頭で考えようとしないからな。

知識つめ込み型の受験勉強の弊害だ。


916 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:37:39.87 ID:???
>期末簿価×資本コスト率がこの固定資産を使用することによって来期に
>発生するコスト(費用や配当。大まかに。)
もうこの時点で違う

>だから、あまりにも簿価が過大だと、現在見込んでいる
>将来キャッシュフローをもってしては回収しきれないということです。
2行目までと全く繋がっていないね
何を言いたいのかわからない

917 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:38:11.43 ID:???
>ブツ切りの理解のままではダメ。

その結果がこれか
ブツ切りトンデモ論ばかりでびっくりですw

918 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:40:08.38 ID:???
投資案の判定と時間価値の考慮の違いがわかってないんだな
期末簿価に資本コスト率掛けるとか斬新だわ(笑)

919 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:41:46.87 ID:???
>>916
同意
>>902が根底から書いてるのに話が噛み合ってないしなw
ブツ切りとは正にこのこと

920 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:42:49.62 ID:???
>>916
資本コスト自体は直接的には貸方項目のコストだけどね。
それを下回るリターンは将来に損失を繰り延べるだけとなる。


921 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:44:11.16 ID:???
>>918
いや資産価値の評価からやり直したほうがいいレベルだろ
本人の中では繋がってるんだろうが

922 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:44:17.28 ID:???
>>918
将来キャッシュフローを資本コストで割り引く意味が全く分かってないね。


923 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:45:41.49 ID:???
資本コストは税引後の数値ですが、いいんでしょうか?><

924 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:46:15.25 ID:???
>>915
同意。
テキストに書いてないことは「間違ったこと」なんだろうね。

925 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:47:29.46 ID:???
>>923
いいよ。問題ない。

926 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:48:11.50 ID:???
>>920
ご本人ですね

投資利回りが資本コストを下回っても、
測定時点以降のキャッシュフローで簿価分が回収出来れば減損しなくていいんだよ
どこ勘違いしてるかわかる?

927 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:48:38.34 ID:???
>>922
そうだね。
型にはまった勉強法しか知らないんだろうな。

928 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:50:22.55 ID:???
>>926
そうだね。
期末ごとに簿価が資本コスト以上を回収できるかどうかをテストするんだよ。

929 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:50:51.02 ID:???
ん・・どっちが正しいのかよくわからんが
どっちかが顔真っ赤にして連投してるということかね

930 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:51:42.45 ID:???
>>928
全然わかってないじゃん

931 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:52:49.79 ID:???
>>924
>>927
自演乙

ところで基準からも概フレからも逸脱した持論を磨くことはお勉強なの?
知識が曖昧なのに上から目線な発言しないほうがいいよ…

932 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:56:44.60 ID:???
>>927
有機的な理解ができてないんだろ。

933 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:57:02.83 ID:???
>>925
測定は税引前の割引率使うって知らないの?

934 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:57:50.96 ID:???
>>931
自演はお前の方にみえるが…。

だれも概フレに逸脱なんかしてないよ。
お前こそ上から目線やめれば?



935 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:58:18.88 ID:???
>簿価が資本コスト以上を回収できるかどうか

どういうこと??
算式で説明して

936 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 19:59:20.87 ID:???
>>932
書いてあることしか頭に入れない勉強法ではダメだ罠。

937 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:01:17.91 ID:???
減損基準の『三 基本的考え方』

これ読めば実務に詳しい人と受験生のどっちが正しいかよく分かるよw

938 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:04:29.25 ID:???
>>934
自演じゃないよwあと二人ぐらいいると思う
で、どこらへんの考え方が概フレなん?

939 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:07:46.11 ID:???
>>935
将来キャッシュフローを割り引いてが期末簿価に 等しくなるように
するのが内部利益率。
簿価が資本コストを上回っているということは、内部利益率が資本コスト率より低いことを意味する。

940 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:08:57.64 ID:???
>>925
これは酷い・・・

941 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:10:42.30 ID:???
>>894の主張の解説】
割引率にCF乖離リスクを反映させるため、資本コスト率を使用したとする

そうすると割引後キャッシュフローは 将来CF÷(1+資本コスト率)となり
これと簿価を比較することになる

簿価=将来キャッシュ÷(1+r)
が減損ギリギリのライン

両辺に1+rを乗じると
簿価x(1+r)=将来キャッシュ

これを以て、”簿価が資本コスト以上を回収できるかどうか”と言っているのだと思われ
完全に間違えているともいえないと思うが、普通はこういう表現はしないかな

あと、実務ではキャッシュフローに乖離リスクを反映させる方法が圧倒的多数派です
まあ、どっちも少し落ちつけ

942 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:11:13.13 ID:???
>>939
ん?それで?

943 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:13:53.17 ID:???
>>942
つまり、その簿価によってあらわされる内部利益率が資本コストを下回る
から、その投資からは将来損失が生じる。

それをそのままにするのは単なる損失の繰り延べ。
よって減損が必要となる。


944 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:14:46.15 ID:???
>>937
受験生は基準だけ読んで自分の頭で考えようとしないからな。

945 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:17:05.68 ID:???
資本コストすら回収できない投資は明らかに収益力かわ低下している。

当たり前のこと。

断片的な知識しか頭にないとこんな当然なことも分からなくなるのか。


946 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:17:20.44 ID:???
資本コストすら回収できない投資は明らかに収益力が低下している。

当たり前のこと。

断片的な知識しか頭にないとこんな当然なことも分からなくなるのか。


947 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:18:42.76 ID:???
やべw
書き直し前の送信しちゃったw


948 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:20:40.34 ID:???
>>947
もちつけw

949 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:21:49.79 ID:???
>>944
学者が一番毛嫌いするタイプやね。。。

950 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:22:43.89 ID:???
それでいてあの学者の説がどーだとかあーだとかいう。

いやはやまったく…。


951 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:26:15.65 ID:???
>>944
そうやって逃げるなよ自称有識者さん
というかここ試験板だからね

>資本コストすら回収できない投資は明らかに収益力が低下している。
何故今更こんなことをドヤ顔で述べるのか理解に苦しむ(笑)

基礎すら分かってない奴が断片的な知識を自己流の解釈で繋ぎ合わた結果がこれか

952 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:27:55.01 ID:???
>>904
満期目的は基本的に償却原価で測定されるから時価の変動に左右されない。
一方、その他は純資産直入のはいえ時価の変動に左右される。

満期目的からその他に自由に変えられたら都合よく粉飾できちゃうでしょ。

それを防止するため。

953 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:29:25.33 ID:???
>>951
収益力が低下したから簿価を減額する。
それを資本コストの面から述べたまでだ。

分かったかな。自称受験生君。


954 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:30:15.75 ID:???
>>950
受験生が学者の気になるとか、自意識過剰なんだろ。

955 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:31:39.96 ID:???
そういう問題ではない気がw

確かに自分の頭で考えようとしないのは勉強の意味がないが。

956 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:32:28.32 ID:???
>>951
すごく悔しそうに言葉を羅列してるねw


957 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:32:32.80 ID:???
>そうだね。
期末ごとに簿価が資本コスト以上を回収できるかどうかをテストするんだよ。


wwwww

958 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:33:34.33 ID:???
受験生はプライドが高いからちょっと上から目線で見られたらカーッと
なるんだろ。

そのプライドが仇なんだけどね。。。

959 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:34:26.11 ID:???
受験生風情でプライドが高いってどんだけ天狗なんだよwwwwwwwwwwwwwww

960 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:35:18.10 ID:???
>>953
自称有識者さん、>>907もそれですか?
アホすぎて笑いが止まらんのですがw

961 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:36:47.91 ID:???
試験板に張り付く、知識が受験生以下の自称実務家かぁ…かっこいいわw

962 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:37:37.51 ID:???
受験生真っ赤に乱投w

963 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:39:47.85 ID:???
>>960
お前の理解力の弱さに抱腹絶倒だわwww

964 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:41:00.92 ID:???
>>959
天狗は嘘をつくと鼻が伸びます。
ここには鼻の異常に長い受験生でイパーイ!

965 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:42:14.08 ID:???
受験生を罵ってるやつは、そろそろ自重ましょうね。仮にも社会に出てるなら、板の趣旨スレの趣旨ぐらい理解する余裕はあるでしょ?

966 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:43:44.81 ID:???
受験生を罵ってるんじゃない。

教育してるんだ。

罵られてるようにしか受け取れないやろ。
そこが足らんのよ。

967 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:44:46.70 ID:???
>>965
>板の趣旨スレの趣旨
なにそれ。

頭とっちらかってるんじゃない?


968 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:45:24.28 ID:???
受験生は自重しる!

969 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:46:16.80 ID:???
>>964
wwwwww

970 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:47:46.55 ID:???
覚えることイッパイで大変だろうけどね。
覚えることが理解ではないのよん。

971 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:50:45.71 ID:???
これは酷い…

972 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:51:45.38 ID:???
会計士受験生か?

会計士受験生がくるといつも荒れるな。

なんか反会計士試験のスローガンをしつこく書き込む奴もいるし。
根本的に欠陥があるんじゃない?

973 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:54:24.74 ID:???
今が一番大変な時期なんですよw
あと1ヶ月強待ってあげて下さい。

974 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 20:57:17.70 ID:???
親御さんの気持ちがおもんばかれるな。

975 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:00:49.52 ID:???
しょせん落書き板だし
こんなものだろ
まともなやつなら調べるにも別の方法を採るよ

976 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:03:06.78 ID:???
簿記一級質問スレの方がはるかに有意義だな。
あこは会計士受験生あまり来ないし。

プライドの高さってホント災いするのね。

977 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:37:38.65 ID:???
おまえら初心者にやさしく教えるつもりないだろ
初心者馬鹿にしようとしてるだろ

978 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:45:55.48 ID:???
お前らっていうか一人のキチガイが暴れてる件

979 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:46:46.20 ID:???
自称受験生がね。

980 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:49:30.09 ID:???
2chじゃふつーのレスなのに「上から目線」なんて言い出してくるあたり
どんだけプライド高いんだっつの。

そんなんじゃネラーやってらんないよ。


981 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:49:43.34 ID:???
うわ(笑)

982 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:54:16.48 ID:???
会計士受験生は基準はよく覚えてるけど、「それだけ」に
なっちゃうんだよね。
よく訓練されてるといえばされているんだけど、それが全てじゃないし。

983 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 21:58:28.57 ID:???
基準に書いてあることはその通り「書いてある」からそれとちょっと
異なること言われると「ダシ」にしちゃうの。

ホントは「書いてある」ことの趣旨を理解して「どう考えるか」が大事
なんだけど。



984 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/10(月) 23:20:59.75 ID:???
これはひどいw

985 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 00:57:59.19 ID:???
確かにw
最近の受験生の質はひどいなwwww

986 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 00:59:54.73 ID:???
人に聞いて文句たてるくらいなら自分で全部調べればいいのに…。


987 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 01:01:56.73 ID:???
>>982
ちょっと前ZAITENかなんかに若手会計士についてボロクソに
書いてあったよね。
「お勉強はできるけど人間としてはダメ」みたいな記事。

経理の人は結構読んでるんじゃないかな。


988 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 02:35:32.22 ID:???
受験生の質からして悪いんだなw

989 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 07:32:44.05 ID:???
既卒の会計士試験合格者は、即戦力にもならないし、資格保持でもない、意味不明な存在。
金融庁だとか官公庁だとか夢見てたらだめだぞ。
大体遊んでた新卒よりも評価されないんだからさ。

990 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 07:56:21.35 ID:???
一人で頑張ってるな…よほど悔しかったんだな

991 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:10:48.06 ID:???
無職日商ベテが質問に答えるスレと聞いてw笑える回答の文体が全く同じだね

992 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:12:21.71 ID:???
よく分かってないのに概フレとか基準とか得意げにふりかざすからだよ。
負けたときの悔しさはひとしおじゃろうて…。


993 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:16:24.18 ID:???
もう会計士受験生は立ち入り禁止したら?

よく分かってないのに偉そうにレスする人とかネガキャンする人とか
大杉。

百害あって一利なし。


994 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:29:57.55 ID:???
てす。


995 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:32:50.58 ID:???
ほんとだなぁ、>>907とか全く分かってないのに得意げで凄いね

996 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:33:09.64 ID:???
というか、もうすぐ1000なんだよな。次スレって必要ないんだっけ?

997 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:35:39.72 ID:???
>>995
お前どんだけ悔しがってんの?www

998 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:36:20.01 ID:???
>>996
よろ

999 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:36:42.76 ID:???
初心者にお粗末な会計士受験生が上から目線で答えるスレになりますた
w

1000 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2011/10/11(火) 08:37:00.11 ID:???



昨日レスしてた受験生とやらは落ちるな。間違いなく。




1001 :1001:Over 1000 Thread


−−−−−申し込み受付終了−−−−−
このスレッドの申し込みは1000を超えました。
以後は次のスレッドにてお申し込み下さい。
皆さんの努力が報われますように。

┏━━━━━━━━━┓
┃ 200X年度 XX試験  ┃
┃ 第774号 モナー.  .┃
┃ ┌──────┐ ┃
┃ │   ∩_∩   | ┃     会計全般試験@2ch掲示板
┃ │  ( ´∀` )  | ┃     http://yuzuru.2ch.net/exam/ 
┃ │   (     . ). | ┃
┃ └──────┘ ┃
┗━━━━━━━━━┛



296 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)