2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【2次】アニメSS総合スレへようこそ【創作】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 06:45:01.46 ID:1fzCRVCI
色々なキャラクターの話を、みんなで創り上げていきませんか?

◇◇◇新しいネタ・SS職人は随時募集中!!◇◇◇

SS職人さんは常時、大歓迎です。
普段想像しているものを、思う存分表現してください。




2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 12:52:09.69 ID:Bo/Yleo+
age

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 13:46:22.78 ID:Bo/Yleo+
age

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 14:33:24.26 ID:Bo/Yleo+
age

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 15:38:48.69 ID:5LeyVBYO
age

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 16:54:32.78 ID:5LeyVBYO
age

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 17:07:11.68 ID:5LeyVBYO
age

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 17:22:40.74 ID:5LeyVBYO
age

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 17:33:55.28 ID:5LeyVBYO
age

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 19:28:33.82 ID:5LeyVBYO
age

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 22:42:52.56 ID:Bo/Yleo+
age

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 01:59:09.19 ID:bEPbk3xZ
age

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 09:58:33.27 ID:sRVvqzZb
age

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 12:45:10.58 ID:sRVvqzZb
age

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 17:39:32.01 ID:sRVvqzZb
age

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 18:16:33.04 ID:sRVvqzZb
age

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 20:38:03.86 ID:sRVvqzZb
age

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 22:10:45.89 ID:sRVvqzZb
age

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 00:00:54.54 ID:Y1tJDnoZ
age

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/21(月) 09:19:45.42 ID:FbsXI8Qs
age

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/22(火) 00:11:58.92 ID:m+eR+7Ew
age

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/22(火) 02:13:08.00 ID:m+eR+7Ew
age

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/22(火) 05:02:11.40 ID:tb0EZXcX
age

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/22(火) 08:48:59.59 ID:m+eR+7Ew
age

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/22(火) 11:25:30.00 ID:tb0EZXcX
age

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/22(火) 19:55:12.34 ID:ZTw9u31V
age

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 01:00:00.81 ID:v18mBr1t
age

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 01:10:00.68 ID:lNr6a09Q
age

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 01:28:40.29 ID:lNr6a09Q
age

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 03:56:22.51 ID:lNr6a09Q
age

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 19:23:45.68 ID:lNr6a09Q
age

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 19:40:23.16 ID:v18mBr1t
age

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 23:29:56.35 ID:v18mBr1t
age

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 00:39:40.21 ID:rjjsNhpI
妄想はいくらでも出来るけど文章化って難しいよね
age

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 00:43:20.29 ID:7hK797Sl
age

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 01:15:42.44 ID:7hK797Sl
age

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 01:21:18.86 ID:7hK797Sl
age

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 01:29:58.92 ID:7hK797Sl
age

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 09:41:04.85 ID:7hK797Sl
age

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 23:22:44.12 ID:7hK797Sl
age

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/25(金) 00:56:04.65 ID:I4MCh/5v
age

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 00:04:27.44 ID:RUoqZXIi
age

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 10:06:09.22 ID:q1PYiMFx
age

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 18:02:35.37 ID:7mRqn5c+
──学校───

女1「天野君てさ〜急に勉強出来るようになったよね〜塾とか行ってんの?」

雪輝「いや…行ってない…(テストの解答なんて日記を写しただけなのに…)」

女2「えっ〜独学!?それであんな点数取れちゃうワケ!?」

雪輝「まあ…たまたまといか…」

女3「謙遜とかしちゃってWマジで凄くない?」

女4「しかも高順位キープしてるしW」

キャッキャッ


由乃「………………………………」

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 18:05:40.70 ID:7mRqn5c+
──学校───

女1「天野君てさ〜急に勉強出来るようになったよね〜塾とか行ってんの?」

雪輝「いや…行ってない…(テストの解答なんて日記を写しただけなのに…)」

女2「えっ〜独学!?それであんな点数取れちゃうワケ!?」

雪輝「まあ…たまたまというか…」

女3「謙遜とかしちゃってWマジで凄くない?」

女4「しかも高順位キープしてるしW」

キャッキャッ


由乃「………………………………」


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 21:37:28.30 ID:q1PYiMFx
age

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 22:01:04.46 ID:RUoqZXIi
ハーリーハーリーage

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 01:10:57.60 ID:pLmGmSsS
age

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 10:43:47.33 ID:aeb6l7dm
age

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 20:10:53.99 ID:aeb6l7dm
age

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 03:25:14.83 ID:eInzl3Nh
age

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 23:33:24.50 ID:AFR5vcSP
age

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 01:28:47.49 ID:u/JpQZkG
age

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 03:53:32.49 ID:9owQYJlw
age

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 04:14:30.22 ID:AID3T84u
age


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 05:30:13.21 ID:c3LAcOFS
sage

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 09:58:57.56 ID:fIumfeaw
age

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 01:53:37.15 ID:atfbtBOP
このまま百まで行ったら俺が出る
age

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 00:20:59.31 ID:Zzq5/RpV
age

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 03:48:13.89 ID:Zzq5/RpV
題:ほむら「全てのものに、復讐を」

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 03:50:19.21 ID:Zzq5/RpV

ほむら 「最後の詰めであいつにしてやられ台無しになった直後」
ほむら 「あのときの私は冷静ではなかった」
ほむら 「まどかに忠告をするわけでもなく、武器の調達にいくこともなく」
ほむら 「静まらぬ怒りをあいつらにぶつけていた」

ほむら 「あいつを三体屠り次に狙いを付けようとしたとき」
ほむら 「絶命する音と共に彼は現れた」


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 03:59:07.15 ID:Zzq5/RpV
??? 「・・・子供?こんな時間に何をしている。」
ほむら 「(キュウべえ踏み抜いている、じゃなくて見られた!)」
??? 「迷い込んだにしろ一緒に来てもらおうか。」
ほむら 「(面倒なことになりそうね…逃げないと)」ダッ


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 04:00:11.01 ID:Zzq5/RpV
??? 「あいにく小娘一人逃がす程」ガッ
ほむら 「!(回り込まれた!)」ズシャア
??? 「僕は甘くない」グイッ
ほむら 「じ、時間跳躍?」
??? 「!…立ち入り禁止区域進入に対して灸をすえるだけのつもりだったが」
「このまま素直に帰らせるわけにはいかないな」
ほむら 「あなた、何者」
??? 「僕も君にいくつか聞きたいことがあるが、礼儀として名乗っておこう」
シャドウ「僕の名はシャドウ・ザ・ヘッジホッグ。さあ、2・3聞かせてもらおうか」


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 05:30:18.10 ID:Zzq5/RpV
シャドウ「…成程、それでは警備の穴を突かれるわけか。」
ほむら 「本当に信じたの?こんなふざけた話を」
シャドウ「そのふざけた者達を相手にするのが今の仕事だ。」
ほむら 「私はカウンセリングを受けてるようね」
シャドウ「僕は医師免許は持ってないが?まあいい」
    「ほむらといったな。今日のところは帰るがいい、お土産は伏せておいてやる」
    「明日の朝にまた顔を合わすだろう」
ほむら 「明日って登校日なんだけど」
    「(それにお土産…何から何までお見通しなのね)」


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 09:08:05.42 ID:6RZO9aq4
マミ「今日も紅茶が美味しいわ」670からの分岐
改変前のマミ生存 OR 改変前のマミ qb 復活
魔法少年オリ主最強ハーレム OR まどか☆マギカの原作知識有りチート男オリ主SS
ヴァンパイア十字界×禁書
スレイヤーズ×禁書
スレイヤーズ×ヴァンパイア十字界
ヴァンパイア十字界×まどか
ヴァンパイア十字界×Fate
Bleach×禁書
ダイの大冒険×禁書
ダイの大冒険×Fate
まどか×Bleach
ダイの大冒険×まどか
blackcat×禁書
ToLOVEる×まどか
ヴァンパイア十字界×まどか
blackcat×まどか
CODE:BREAKER×まどか
吸血殲鬼ヴェドゴニア×まどか
PHANTOM OF INFERNO×まどか
天使ノ二挺拳銃×まどか
鬼哭街×まどか
Claymore×まどか
スレイヤーズ×まどか
dies irae×まどか

SSが読みたい。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 09:10:18.09 ID:6RZO9aq4
1. 初恋ばれんたいん スペシャル
2. エーベルージュ
3. センチメンタルグラフティ2
4. ONE 〜輝く季節へ〜 茜 小説版、ドラマCDに登場する茜と詩子の幼馴染 城島司のSS
茜 小説版、ドラマCDに登場する茜と詩子の幼馴染 城島司を主人公にして、
中学生時代の里村茜、柚木詩子、南条先生を攻略する OR 城島司ルート、城島司 帰還END(茜以外の
他のヒロインEND後なら大丈夫なのに。)
5. Canvas 百合奈・瑠璃子先輩のSS
6. ファーランド サーガ1、ファーランド サーガ2
ファーランド シリーズ 歴代最高名作 RPG
7. MinDeaD BlooD 〜支配者の為の狂死曲〜
8. Phantom of Inferno
END.11 終わりなき悪夢(帰国end)後 玲二×美緒
9. 銀色-完全版-、朱
『銀色』『朱』に連なる 現代を 背景で 輪廻転生した久世がが通ってる学園に
ラッテが転校生,石切が先生である 石切×久世
10. Dies irae

SS予定は無いのでしょうか?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 18:02:48.34 ID:Zzq5/RpV
おいおい先輩方そんな一気に言い寄られても
知らぬ、存ぜぬ、帰りたい
ですよ。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 18:35:47.08 ID:Zzq5/RpV
なにぶん自分はモグリの素潜りなもので
Canvasってギャルゲ?
まどか×鰤はさやか魔女化で行き着きましたが

そんな感じで再開っす

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 18:36:23.99 ID:Zzq5/RpV
翌朝

さやか 「まどかはホント愛い奴よのぅ」ダキッ
まどか 「さやかちゃんくすぐったいよ〜」キャッキャッ
仁美  「破廉恥ですわぁ」


ほむら 「(昨日の事があって起きれず絶賛遅刻、まどかの後方10mを歩いている)」
    「(この時点で接触すべきか、しないにしても駆け抜けでもしたら関る事に)」
    「(…羨ましいな)」


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 18:37:52.03 ID:Zzq5/RpV
まどか 「あれ?あそこにあるのは何だろ」
さやか 「え〜?何々。本当だ、黒いのが道の脇に」
仁美  「不法投棄では?」

ほむら 「(黒?確かに道の脇に・・・ってアレは!)」


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 18:50:42.32 ID:Zzq5/RpV
さやか 「店先のポップみたいなもんじゃない?」
まどか 「こんなところに…なんか可哀そう」

ほむら 「(それには触れてはダメ、まどか!)」
「(触れようものなら問答無用でアームロックを平気でかけてくる悪魔よ!)」
キーンコーン
仁美  「みなさん早くしないと門を閉じられてしまいますわ」
さやか 「わ、まず!行こ、まどか。」
まどか 「うん。」



72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 18:51:21.24 ID:Zzq5/RpV

ほむら 「…貴方ここで何をしてるの?」
シャドウ「言っただろ?明日会おうと」
ほむら 「エージェントは秘密裏なんじゃ…」
シャドウ「朝からスパイやら何だと疑う人など、ましてや日本だぞ?」
ほむら 「…これから学校なんだけど」
シャドウ「問題ない、今は顔合わせだ。放課後迎えに来る」コッツコッツコッツ
ほむら 「頭、痛くなってきたわ」


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 18:52:07.54 ID:Zzq5/RpV
シャドウ「(彼女の表情の変化からしてあの子が例の…)」
「(しかし、黒いだけで不法投棄と判断するとは恐れ入る)」


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 19:02:29.42 ID:Zzq5/RpV
これ見てる人居るのかねぇ?
残弾補充してきます。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 19:51:41.21 ID:6RZO9aq4
GJ

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 23:52:10.11 ID:Zzq5/RpV
ほむら 「(校内に入ってからはいつも通り、本番はここから」」
    「(まどか達はこの日CDショップへ行くのが殆ど)」
    「(そして奴に会うのもこの日、昨日また忠告をしに行けばよかったか)」

QB  「やあ、また会ったね」

ほむら 「(こいつがまどかに接触する前に、ココの物を全てつぶす)」


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 23:53:10.76 ID:Zzq5/RpV
まどか 「怪我してる…」
QB  「…」
ほむら 「(まだ居たなんて…遠慮なく発砲したほうがよかったかしら)」
まどか 「ほむら…ちゃん?」
ほむら 「(悪い流れね。美樹さやかが来る前に接近を)」
さやか 「でぇい!」ブシャア
ほむら 「(…もう駄目かもしれない)」


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 23:54:08.65 ID:Zzq5/RpV
マミ  「聞こえなかったかしら?見逃すって言ってるの。」
ほむら 「(最初に戻したい、今すぐ)」

「いいや、見逃すわけには行かない。」

ほむら 「!シャドウ、貴方。」
シャドウ「その白いのに用があるからな。」


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 00:01:46.62 ID:Pm71gydN
まどか 「あ、朝のお人形さん!」
さやか 「お〜、ロボットの方向性でしたか。」

ほむら 「(何でここに!)」
シャドウ「(居場所を特定するのに手間取った。待たずに行った君に文句が言いたい。)」

シャドウ「さあ、口が利けないとは言わないだろ?侵略者(インベーダー)!」


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 04:57:53.90 ID:Pm71gydN
マミ  「な、何をいってr」
シャドウ「僕はエージェントだ。危険分子になりえるそれに会いに来た。」
さやか 「そんなエージェントって…」
シャドウ「そこの白いのが存在している、不思議はあるまい?」
    「そうだろう、キュウべえ。」
QB  「やれやれ、昨日の今日でまた君かい?」
シャドウ「昨日のあれは事故だ、謝ろう。」
    「ここで君と話したいところだが魔女が近くに居るのだろ?ほむら!」


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 06:27:08.97 ID:Pm71gydN
ほむら 「何かしら。」
シャドウ「そこの娘と共に魔女を追え。後で合流する。」
マミ  「な、何を勝手に!」
シャドウ「魔女を狩るのが君の職務だろ?その二人は僕が家まで送り届ける。」
「それとも使命を放棄し其処の白いの共々引導を渡されたいのか?」
マミ  「くっ…そこの子、行くわよ!」
ほむら 「え…ええ。」

シャドウ「(上手くやれ、なんなら僕を下衆呼ばわりするといい)」
ほむら 「(な…!)」


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 06:27:47.17 ID:Pm71gydN
シャドウ「では、自宅まで送るのでついてきて貰おう。」
まどか 「ほ、ほむらちゃん。」
ほむら 「何かしら。手短に頼むわね。」
まどか 「明日…また会える?」
ほむら 「!…ええ、学校でね。」
シャドウ「さあ早くするんだ、君らが歩くには暗すぎる。」


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 06:28:28.25 ID:Pm71gydN
マミ  「まったく、いきなり現れて失礼しちゃうわ。」
ほむら 「まあ、私には足払いされた後にアームロックが挨拶だったけど。」
マミ  「…あなた、苦労してるのね。」
QB  「やれやれだね。」


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 01:23:05.13 ID:x1T6TAnC
シャドウ「さあ乗って、家まで送ろう」
さやか 「これってアレよね、ジープったっけ?」
まどか 「うん、映画でしか見たことないよ。」
シャドウ「珍しがるのはわかるが日が暮れてしまう。」
まどか 「あ、はい。」


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 01:24:06.07 ID:x1T6TAnC
さやか 「おー良いご趣味、ですか?」
まどか 「さ、さやかちゃん!」
シャドウ「普段使わない至急品だ、そこの荷物には触れるな。爆発するぞ。」
さやか 「え゛っ!」
シャドウ「嘘だ。怪我されても困るからな。」
まどか 「クラスの子に見られないかな、恥ずかしいよ。」
さやか 「あーそれ考えてなかった!」
シャドウ「この時間に出歩いている確率は低いだろう。」
       「仮に塾に行っていたとして今頃勉強中だ。」
さやか 「うわ!名推理、流石エージェント」
シャドウ「…何が起きたか知らないが。必死に取り繕っているのが見え見えだぞ?」
さやか 「う…は、はい。」


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 01:25:03.93 ID:x1T6TAnC
まどか 「さやかちゃん…ごめんね?」
さやか 「な、何謝ってるのさ!泣きそうな顔して愛い奴めぇ」
まどか 「うわあ!く、くすぐったいよ!もう。」
「…あのシャドウさん、ほむらちゃんは」
シャドウ「彼女は無理を強いて僕に従ってもらっている。」
「彼女も巻き込んだことを不本意に思っているだろう」
「責任は僕にある。責めるなら僕にするといい。」
さやか 「そこまで言われたらなぁ。まあ事情がありそうだし?」
まどか 「うん。やっぱり悪い子じゃないよ。」
さやか 「あ、あたしこの辺で降ります。」
シャドウ「…解かった。」
まどか 「またね、さやかちゃん。」
さやか 「うん!」


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 01:26:21.62 ID:x1T6TAnC

まどか 「…」
シャドウ「君も親御さんに心配かけたくないから離れたところで降りるか?」
まどか 「え!いえ、あの…」
シャドウ「大切な家族なんだろ、そうするといい。ところで」
まどか 「は、はい!」
シャドウ「君は何故あそこに?」
まどか 「こ、声が、聞こえて。」
シャドウ「なるほど…そして彼女に会い、逃げる途中で襲われたと。」
まどか 「…」
シャドウ「此方に非はあるが、あまりひと気のない場所に行かないほうがいい。」
まどか 「は、はい…」
シャドウ「さて、この辺で良いだろう。」
まどか 「(あ、帰って来れたんだ)あ、有難うございました。」


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 01:26:51.50 ID:x1T6TAnC
シャドウ「まどか。」
まどか 「!」
シャドウ「力を持つものは人に畏怖され、貶めようとする者まで出てくる。」
    「それを知っておくべきだ。」
まどか 「は、はい。」



まどか 「(力を持つものは畏怖されるってどういう事なんだろう…)」
    「(そういえば私、住所教えたっけ?)」


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 01:28:46.25 ID:x1T6TAnC
マミ  「はい、お終い。」ターッン
ほむら 「流石の手際ね。」ダンッダンッ
マミ  「ほめてもケーキしか出ないわよ?」
シャドウ「夕刻では無かったら是非ご相伴に預かりたかったな。」
ほむら 「シャドウ!」
シャドウ「もう終わったようだな。」
マミ  「少し遅かったようね、ネズミさん?」
シャドウ「ああ、僕が居ればもっと早かっただろう。」
マミ  「な、なんですって!」
ほむら 「で、何でここが分かったの。連絡もしてないのに。」
シャドウ「君に発信機を付け、GPSで追っていた。」
ほむら 「え!」
シャドウ「袖のところだ。今朝も付けたんだが…信号が途絶えてな。」
マミ  「…(本当に同情するわ)」
QB  「ところで君の能力は不思議だね。詳しく聞かせてよ!」
シャドウ「悪いが、その話は後にしてくれ。それと」
    「同業者同士話があるだろうが彼女を借りていく。」グイッ
ほむら 「ちょ、ちょっと!」ズルズル


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 01:29:25.33 ID:x1T6TAnC
マミ  「彼女、大丈夫かしら…」
QB  「(計画は滞りなく進んでいるが、イレギュラーにアンノウン。)」
  「(彼ら動向。そして目的が見えてこない。)」
  「全く、わけがわからないよ。」


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 04:20:44.44 ID:x1T6TAnC
ほむら 「離して、いつまで掴んでるのよ。」
シャドウ「そうだな、この辺りなら話せるか…」
ほむら 「いきなり現れて場を乱してこれからどうするつもり。」
シャドウ「そう、これからの行動のために情報が欲しい。」
ほむら 「…ちゃんと、まどか達を送ってきたんでしょうね?」
シャドウ「彼女か…身の危険があるにもかかわらず、わざわざ人前に出る。」
    「それ程の貴重な人物…同業者を貶めてまで…」
ほむら 「…(会話になってない)」
シャドウ「そうだ、魔法少女の仕組みまで話してもらったが奴の目論見。」
    「奴らの最終目的、それを話してもらおう。」
ほむら 「はぁ…いいわ、言いましょう。奴らの目的とまどかの関係」
    「これから起きるこの街の運命について。」


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 04:46:06.66 ID:x1T6TAnC
まどか 「はぁ…」

本当に大切なら今とは違う自分になろうと思わないことね。
さもなくば、全てを失うわ。

まどか 「何でこんなに重く圧し掛かるだろ…」

力を持つものは人に畏怖され、貶めようとする者まで出てくる。
それを知っておくべきだ。

まどか 「…ほむらちゃん。」


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 05:07:33.80 ID:/AcwdLy9
シャドウ「感情のエネルギー化…可能なのか?」
ほむら 「知らないわ。少なくとも[穢れ]として目視できるけど。」
シャドウ「更には家畜どころか種の根絶が狙いとしか…」
ほむら 「これが私の知るすべてよ。」
シャドウ「この街の終末、最悪星の終わり…」ギリッ
ほむら 「…シャドウ?」
シャドウ「奴の好きにはさせない!彼女を守らないとな。」
ほむら 「もちろんよ。」
シャドウ「ほむら!」
ほむら 「今度は何?」
シャドウ「勝つぞ、この戦い。」


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 05:07:57.47 ID:/AcwdLy9
シャドウ「それはそうと君、アーミーナイフの一つも持ってないのか?」
ほむら 「え?いや、私は近接には向いてないし…」
シャドウ「刃物のひとつ持たないなんて戦いを甘く見てはないか?」
ほむら 「甘い考えをしていたら、こんなもの持ち出さないわ。」
シャドウ「近寄られたら負けな状態が駄目なんだが、この侍ブレードなんかどうだ。」
ほむら 「わ!お、重い。」
シャドウ「ふむ…やはりここは鎧通しを常に携帯」
ほむら 「その前に銃刀法でつかまるわ。」


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 05:09:12.87 ID:/AcwdLy9
翌日 学校

ほむら 「(巴マミと敵対したものの、敵意はシャドウにある。)」
    「(とはいえ迂闊にまどかの近くにはいけない。質問が待っている。)」
    「(まどか…)」
『暁美さん』
ほむら 「きゃ!」
    何…  スゴクカワイイ声ガシタ  ソラミミ?
『お取り込み中だったかしら?』
ほむら 「ケホン…(テレパシー遮断し忘れるなんて)」
マミ  『直接会わないで失礼だけど今日空いてないかしら?』
ほむら 『それは』ピリリリ
件名:シャドウ
件の話を調べるのに心当たりがある。
そのため僕はしばらく町を離れる。
野暮な話だが奴は常に接触するだろう。
その間彼女と共に行動するんだ。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 05:10:04.37 ID:/AcwdLy9
シャドウ「連絡のひとつ取れないと不便だからな」
ほむら 「気が進まないわ。あら?結構旧式。」
シャドウ「もしもの時のプライベートのものだからな、普段使ってない。」
ほむら 「でも確か値段が高いものだったような」
シャドウ「奴らに気づかれるだろうから当面メールだろうな。」

ほむら 「はぁ…」


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 05:11:44.62 ID:/AcwdLy9
マミ  『それでどう…かしら』
ほむら 『ええ、行くわ。安心して、彼は来ないそうよ。』
マミ  『う…あら、それは残念ね。』
ほむら 『じゃあ放課後に。』
マミ  『ええ、門の前で。』


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 06:05:40.17 ID:/AcwdLy9
ほむら 「まあ何事かなんて知ってはいたけど。」
まどか 「えへへ。」
マミ  「関わってしまったことだし、身を守るためにね」
さやか 「体験コースと聞いて用意しましたよ!」ゴン
ほむら 「金属バット…」
まどか 「わたしはこれ…。」
さやか 「内職してるなと思ったけど、コスチュームデザインて…」
まどか 「ど、どうかな?イメージつかめるかなって…」
マミ  「ええ、いいと思うわ。」
ほむら 「きっと似合うわね。」

ほむら 「(私はどうしてこの場にいるんだろう)」

QB  「ところで君は何で僕を狙ったんだい?」
ほむら 「!!」


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 06:06:23.97 ID:/AcwdLy9
シャドウ「彼女達に一緒にいれば、必然的にあいつの前に出るだろう。」
    「君を陥れようと画策するのは間違いない。」
    「仮に奴を狙ったわけを聞いてきたなら」
    「遠慮なく奴の印象の悪くなることを言ってやればいい。」
    「罵声のひとつ位君にも言えるだろ?」


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 06:07:22.20 ID:/AcwdLy9
ほむら 「…入浴中に入り込んできたからよ。」
まどか 「え、えぇ!」
マミ  「そ、そんな…」
QB  「ちょ、誤解だよ!」
さやか 「あ〜確かに他の人には見えないしねぇ。」
QB  「え、冤罪だ!」
マミ  「確かにこの子デリカシーのない行動とることあるし…」
QB  「ま、マミまで何言うの!」
まどか 「大丈夫、きっと間がさしただけだよね?」
QB  「ま、まどかぁ」
ほむら 「…変態。」


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 06:21:18.95 ID:/AcwdLy9
マミ  「昨日退治したばかりなのにこうもあっさり見つかるなんて。」
QB  「まあ今日は見つかってくれてありがたいけどね。」
ほむら 「そうね、キュ…変態。」
さやか 「あはは、相当起こってらっしゃる〜」
ほむら 「貴方ちょっと」
さやか 「は、はいぃ!!気に障りましたか!」
ほむら 「そんなものよりこっちを持ちなさい。」カチャ
さやか 「重っ…まさか、日本刀?」
ほむら 「ええ、サム…日本刀よ。身を守るならこれを。」
さやか 「この目で見る処か触っちゃったよ…(ってサムって何?)」
まどか 「うぅ…緊張するなぁ…」


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 07:59:02.91 ID:23Yx+AtE
ほむら 「(こうして魔法少女体験ツアーについていくことになった)」

まどか 「やっぱかっこいいなぁ。」

ほむら 「(魔女の口付け、結界、グリフシード。一通り教えることになる)」

さやか 「まさに正義の味方というべき活躍!」

ほむら 「(あのまどかに“かっこいい”と言われ悪い気はしない)」

マミ  「さあ、お茶が入ったわよ。」

ほむら 「(が、彼女は私の否定的考えを好ましく思っていないのは確かだ)」

まどか 「お邪魔しました〜。」
さやか 「ケーキご馳走様でした〜。」

ほむら 「(対立が確定しているならせめて心象を良くしなければ)」
QB  「何をしてるんだい、ほむら。」


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 07:59:43.03 ID:23Yx+AtE
ほむら 「(!!来た!)」
QB  「それにしても何で誤解を招くことを言ったんだい?」
マミ  「そうよねぇ、感情がほぼ無いキュウべえがそんな破廉恥なまねを」
QB  「マミ、君僕を疑ってたでしょ?」
ほむら 「(こいつの印象が悪くなってマミの心象にプラスになる言葉!)」
QB  「で、どうなんだい?ほむら。」
ほむら 「そうね、確かにアレは嘘。(これで行ける)」
QB  「ほらやっぱり。」
マミ  「でもどうしてそんな…」
ほむら 「本当は私のお気に入りのおやつを無断で食べての。」
QB  「!?そんないいかg」
マミ  「ああ、わかるわ。それ。」


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 08:00:16.11 ID:23Yx+AtE
QB  「!!マミ!何を!」
マミ  「この子、食いしん坊だから偶にやるのよ。つまみ食い。」
QB  「ぼ、僕そんなに食い意地張ってないよ!じゃなくて」
ほむら 「そんな畑を荒されるような状況に巻き込みたくないの。」
QB  「ひとを獣害みたいに…」
ほむら 「あら、感謝してよ?身近な部分のリスクを露見しなかったのよ?」
マミ  「確かにそんな地味に嫌なリスクは背負いたくないわね。」
QB  「ま、マミ〜」
ほむら 「理解していただいて感謝するわ。」スッ
マミ  「苦労は分かち合うってね。」ガシィ


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 08:01:04.15 ID:23Yx+AtE
シャドウ「フフフ、ハハハハハ」
ほむら 「(こわ!ラスボスみたいな声出して)」
シャドウ「これは傑作だ!想像以上の成果を手に入れた、君は誇って良いよ。」
ほむら 「え、ええ(てか笑うのね、この人)」
シャドウ「レコーダでも渡すべきだったな、残念だ。さて」
ほむら 「イベントの話をするわ。」
シャドウ「僕と直接話す位だ、相当拙い展開なんだろ?」
ほむら 「その通り、ある魔女との戦闘で巴マミは」


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:26:41.03 ID:23Yx+AtE
ツアー開始前 某所

??? 「呼び鈴はそんなに激しく押すものではないぞ、シャドウ。」
シャドウ「聞きたいことがあって来た、Dr.。」
Dr.エッグマン「まあお前さんが来るなんてそれくらいの用じゃろうが」
シャドウ「フン。で、話というのは」
Dr.エッグマン「待て待て、その前にひとつ。コラ!オメガ、何時まで呼び鈴を続けるつもりだ」
E-123 「私ノ目的ハ、エッグマン。貴様ノメカヲ破壊スル事ダ!」ゴン ドドドドド
シャドウ「オメガ、その辺にしてこっちに来てくれないか。」
E-123 「…了解。」


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:27:26.73 ID:23Yx+AtE
Dr.エッグマン「全く、何であやつと一緒に来たんだ。」
シャドウ「ばったり会ってな。Dr.のところに行くと解るとついて行くときか無くて」
Dr.エッグマン「図体ばかりでかくて餓鬼のようじゃな…」
E-123 「貴様ハ、コノ世カラ削除サレタイラシイナ。」ジャコ
Dr.エッグマン「ガトリング出しながら入るな!たく…」
シャドウ「そろそろいいか?」
Dr.エッグマン「ああ、どんな話か聞かせてもらおうかのぉ。」


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:49:07.48 ID:23Yx+AtE
巴マミ 救済作戦会議

シャドウ「頭部を食われ、死ぬか。ただ」
ほむら 「本来なら勝てた戦い。普通に救っても彼女は良い顔しないわね。」
シャドウ「…面倒だな。見殺しでいいんじゃないか?」
ほむら 「最後の戦いには戦力がいる!それにあいつが自由に闊歩するのよ!!」
シャドウ「よし、ならば僕が戦おう。」
ほむら 「…何を言っているの。今し方いい顔しないって」
シャドウ「ああ、だからこんな作戦で行く。」


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:49:37.98 ID:23Yx+AtE
イベント:シャルロッテ戦 当日

ほむら 「まどか達がグリフシードを見つけ、助けを呼ぶわ。」
シャドウ「自然と先輩である巴マミに連絡するわけか。」
ほむら 「美樹さやかが最深部に居て急を要す。」
シャドウ「なるほど。この地点でいつもの調子が出るわけがないな。」
ほむら 「ところでそれ(日本刀)、捕まらないの。」
シャドウ「マスコットみたいなのが持ってればおもちゃと思うだろ?」
ほむら 「…本当にこの作戦をやるの?」
シャドウ「今更、変更するつもりなどない。」
ほむら 「彼女のプライドが許さないわ。」
シャドウ「では、そのプライドに賭けるとしよう。」


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:50:36.16 ID:23Yx+AtE
マミ  「完全に孵化してるわ、急がないと!」
まどか 「さやかちゃん、無事でいて!」

ほむら 「待って。」

まどか 「ほむらちゃん?」
マミ  「暁美さん、どうして。」

シャドウ「僕もいる。」

マミ  「シャドウ…!」シュル
まどか 「どうしたの、ほむらちゃん。」


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:50:59.68 ID:23Yx+AtE
ほむら 「加勢に来たの。」
シャドウ「僕はその付き人だ。」

マミ  「そう、有難う。残念だけど、要らないわ!」ヒュッ

シャドウ「おっと」ドン
ほむら 「え。」シュルルル グイン

まどか 「ほむらちゃんが縛られちゃった…」
マミ  「クッ!解除」

シャドウ「これはいけない、雇主が動けないなんて!」


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 21:58:55.21 ID:23Yx+AtE
マミ  「…はぁ?」

ほむら 「ちょっと、何言って」
シャドウ「動けないとなると僕も動くわけにはいかないなぁ」

マミ  「…暁美さん、ごめん!」バッ
まどか 「え、ええ!マミさぁん!!」

シャドウ「…行ったようだな。」
ほむら 「どういうつもり。あの魔女の弱点を知ってるのは私よ。」
シャドウ「そうだ。主賓は後から来るといい。」
ほむら 「後からって、動けないのよ!」
シャドウ「だからアーミーナイフの一つ持てば」
ほむら 「その話まだ引っ張ってたの!?いいから解くのを手伝いなs」
シャドウ「君はそれが解除されたのを合図に来るんだな。」
ほむら 「ちょ、ちょっと!…これじゃ変わらないじゃない。」


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 22:44:42.99 ID:23Yx+AtE
ほむら 「(拙い!このままじゃ彼女が!!)」


さやか 「あ、マミさん!」
マミ  「さあ、ちゃっちゃと片付けるわよ!」


シャドウ「この程度で僕をとめられると思うな。」バキッ


マミ  「(もう何も怖くない!)」
シャルロッテ 「…」
マミ  「ティロ・フィナーレ!!」
シャルロッテ 「…」グロォ!!
マミ  「え。」


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 22:54:37.63 ID:23Yx+AtE
シャドウ「カオス!」
シャルロッテ 「グオオォ」ガバァ
シャドウ「コントロール!!」

さやか 「!!消えた!」
シャドウ「こっちだ。」
さやか 「ぅわあ!」


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 23:01:49.03 ID:23Yx+AtE
まどか 「マミさん!!」
マミ  「…」ハァハァハァ
シャドウ「おい。しっかりしろ。」
マミ  「…ピンチに現れるなんて…王子様気取りかしら」ゼェハァ
シャドウ「フン。それだけ悪態つければ大丈夫だな。」
まどか 「よかったぁ〜」ヘナヘナ
シャドウ「それじゃこいつの相手は僕がしよう。」
マミ  「あ、貴方じゃ敵わない」
シャドウ「君はいいから彼女の拘束を解いておけ。」
シャルロッテ 「オオオオォ」
シャドウ「さて、究極の力をお見せしよう!」


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 23:25:21.96 ID:23Yx+AtE
グアァ ヒュン
シャドウ「…カオスマジック。」スッ パチン
シャルロッテ 「ガァアアァァ」ズシャアァ
さやか 「でえぇ!指パッチンで吹き飛ばした!!」
シャドウ「はっ!」ヒュン
まどか 「また消えたよ!!」
シャドウ「パニッシュ!!」ズバッ キィン ザクッ
さやか 「移動しながら斬ってるの!?」
まどか 「速くて目が追いつかない…」
シャルロッテ 「グガァァ!」ゴッ
シャドウ「チッ!カオス、スピア!!」ピピピドォン
マミ  「遠距離攻撃まで…何者なの。」


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/11(日) 23:34:25.03 ID:23Yx+AtE
シャドウ「遊び相手にもならんな。」
シャルロッテ 「ゴボォ」ヌロォ
まどか 「口からまた!」
さやか 「うう、あいつは無敵なのぉ!!」
シャドウ「ならば一気に叩くまで。」
シャルロッテ 「ガォオォォ」
シャドウ「邪魔するものには、消えてもらう!!」
マミ  「と、特攻するつもりなの!」
シャドウ「カオス!ブラスト!!」ドカァン


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 00:40:33.56 ID:yylZYYPj
さやか 「凄い、衝撃波を体験すると思わなかった。」ケホケホ
シャルロッテ 「…」グラァ
シャドウ「言っただろ、僕は究極だって。」
マミ  「ま、まだよ!まだ動いているわ!!」
シャドウ「いや、終わりだ。」チャキ
ほむら 「その通りよ、巴マミ。」シュポン
ドガァン
シャドウ「消えろ!」ズバァ


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 01:16:37.82 ID:yylZYYPj
病院前

QB  「まったく君には驚かされてばかりだ。」
シャドウ「フン。僕は戦闘にここまで役に立たないとは知らなかった。」
ほむら 「もういいでしょシャドウ、そもそもあてにしてないわ。」
さやか 「しっかし生きた心地がしなかったわ〜」
シャドウ「暢気なものだ、死に掛けたんだぞ。」
マミ  「う…」
ほむら 「シャドウ!!」
まどか 「…」
シャドウ「これに懲りて、下手に戦場には来ないことだ。」
さやか 「は〜い。」
ところでずいぶんデカイりぼるばー?だね
マミ  「鹿目さん…ごめんなさい。」
まどか 「え。」
これはグレネードランチャーよ 
マミ  「もっと精進するわ。胸を張って迎えるために。」
ほむら 「マミさん…はい!」


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 01:40:00.54 ID:yylZYYPj
QB  「ところで君の力は何なんだい?」
シャドウ「君に教える義理はないがまあいいだろう。」
ほむら 「!!(まさか、言う気なの)」
シャドウ「僕のこれは空間の支配。その刹那に支配できる距離は」
「13kmだ。」
QB  「なるほど、あの高速移動はその能力だったんだね。」
シャドウ「衝撃波発生もな。それじゃ僕は失礼するよ。」
マミ  「あ、あの!助けてくれて、有難う。」
シャドウ「…礼なら彼女に言うんだな。」
ほむら 「ま、待ちなさい。シャドウ。」
マミ  「暁美さん、さっきは御免なさいね。」
ほむら 「いいのよ、巻き込まれるのは慣れてるから。それじゃ」
マミ  「ええ、またね。」

マミ  「またね…か。」


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 02:13:44.49 ID:yylZYYPj
ほむら 「どういうつもりなの。敵に能力を」
シャドウ「だが、嘘なのはわかっているだろ?」
ほむら 「それはそうだけど」
シャドウ「この誤情報を信じればそれでいい。きづいた所でわかるはずも無い。」
ほむら 「あいつらを侮ってはいけないわ。」
シャドウ「言い方を変えよう。知ったところで僕を捕らえることは不可能だ。」
ほむら 「そう。ならいいわ。」
シャドウ「さて、そろそろなんだろ?彼女。」
ほむら 「ええ、美樹さやかの話。」


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 02:19:40.31 ID:yylZYYPj
ツアー開始前 Dr.エッグマン基地

Dr.エッグマン「ふん。またえげつない奴が居たもんじゃ。」
シャドウ「やはり、なんだな。」
Dr.エッグマン「ああ、結論から言って可能じゃ。」
シャドウ「アレが言ったというエネルギー問題…潰すべきなのか」
Dr.エッグマン「は!生産効率の悪いモン見逃すわけにはイカンわい。」
シャドウ「失礼する、Dr.よ。奴らを叩くために。」
Dr.エッグマン「待たんか。…こいつを持ってけ。」ポチッとな
シャドウ「カオスエメラルド…」
Dr.エッグマン「勘違いするな。ワシより悪い奴が気に入らないだけじゃ。」
シャドウ「ああ、必ず屠ってみせる。」
Dr.エッグマン「ちゃんと返しに来いよ。ホーッホッホッホ!」


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 02:21:13.36 ID:yylZYYPj
だいぶ間が開きまくったけど見てる人居るのかなあ
もうチョイ続くよ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 02:31:51.07 ID:yylZYYPj
さやか対策会議

シャドウ「魔法少女になる事が彼女にとって死への道か。」
ほむら 「…まさかと思うけど、ギリギリの状態まで待つの?」
シャドウ「奴に接触して説得して止めた、ためしが無いのだろ?」
ほむら 「残念だけど事実だわ。」
シャドウ「ならば賭けるしかあるまい。契約する瞬間に」
ほむら 「あいつを…!」


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 04:43:44.57 ID:yylZYYPj
放課後 街中
まどか 「う〜ん…」グ~ルグル
シャドウ「…」
まどか 「あ〜…ん〜。」グールグル
シャドウ「何を唸っているんだ?」
まどか 「んひょわ!!へ?!シャドウさん!」
シャドウ「この前言われたことを忘れているようだな。」
まどか 「…解ってます、でもマミさんが心配で…その」
シャドウ「学校で会えるのだろ?」
まどか 「はい…でも…」


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 04:44:25.28 ID:yylZYYPj
シャドウ「…解った。彼女に会ったときに伝えて置こう。」
まどか 「え、良いんですか?」
シャドウ「僕の話を聞くとは思えないがな。」
まどか 「そんなこと!…ない、です。」
シャドウ「フ、彼女が君にご執心な理由が解ったな。」
まどか 「え。」
シャドウ「僕の記憶の中にいる、あの子のように優しい子だ。」
まどか 「…ねぇ、シャドウさん。その子の話聞かせてくれないかな。」
シャドウ「大切な思い出と同時に思い出したくない記憶なんだ、すまない。」
まどか 「いえ、その…ごめんなさい。」


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 04:56:11.60 ID:yylZYYPj
シャドウ「君は力を持っている。その優しさが力だ。」
まどか 「…え、え〜っと」
シャドウ「その力は人を惹きつける。そして人を癒すだろう。」
まどか 「…」
シャドウ「人は無意識に傷つけ傷つく。その中で君は稀少だ、大切にすることだ。」
まどか 「う、う〜ん。難しいけど、頑張ります!」
シャドウ「ああ。…ところで友達はどうした?」
まどか 「え?!仁美ちゃんはお稽古でさやかちゃんは病院」
シャドウ「!!大体時刻は一致する。間に合うが決め手が…」
まどか 「あ、あのシャドウさん。何でこっちを…みてるのかなぁ」
シャドウ「何、早速頑張ってもらうと思ってな。」
まどか 「(ええぇ)」


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 05:12:41.52 ID:yylZYYPj
QB  「覚悟はいいかい?」
さやか 「うん、やって。」

シャドウ「チッ、少し遅かったか」ズサァ
まどか 「あのシャドウさん、そろそろ下ろしてくれませんか。恥ずかしいです…」
シャドウ「君が遅いとは思わなかったからな、運ばせてもらった。」
まどか 「だからって荷物みたいに抱え…シャドウさん?標識握って何を」
シャドウ「君は早く例の彼のところへ行け。」バキッ
まどか 「!!(あわわぁわ折っちゃった)」
シャドウ「はぁあ!」ブンッ


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 05:30:05.18 ID:yylZYYPj
QB  「ん?なんか飛んで」
ザクッ きゅっぷい
さやか 「……」
「んー…あれ?」
「キュウべえさん、終わって…」
QB「」ポテン
さやか 「…へ?え?う、うわぁー!!」
ほむら 「そい!」ズパーン
さやか 「おわあああ、キュウべえが空中でドッキングミス…」
ほむら 「処理が終わったわ、すぐ来て頂戴。」
さやか 「いやいやいや!来て頂戴って何?!」
ほむら 「命拾いしたわね、貴方死ぬところだったのよ。」
さやか 「何が死ぬよ!これじゃ恭介が」

上条  「さやか…」


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 05:47:48.68 ID:yylZYYPj
さやか 「恭介…なんで」
上条  「状況がさっぱりだけど何をしてたか察しはつくよ」
さやか 「…」
上条  「やめて欲しいんだ、そういうの。」
さやか 「!!でも!」
上条  「僕は、音楽を失っても隣に居てくれた友達を捨ててまで腕なんかいらない。」
さやか 「でも!こうでもしなきゃ恭介は!!」
シャドウ「でもじゃない」チョップ
さやか 「はぅん」ドサ
上条  「さ、さやか!!」
シャドウ「安心しろ、気を失ってるだけだ。」
上条  「貴方は一体…」
シャドウ「関わらない方がいい。と、言った手前悪いが」
上条  「うん、さやかと話…だね」
シャドウ「察しが良くて助かる。頼んだぞ。」


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 06:00:09.77 ID:yylZYYPj
シャドウ「ご苦労だったな、まどか。」
まどか 「私は何も出来てないよ、上条くん走ってったから。」
ほむら 「それにしてもどうやって屋上に」
シャドウ「壁を走って。」
ほむら 「…色々言いたいけどここ病院!」
まどか 「さやかちゃん屋上で何をしてたんだろ…」
シャドウ「悪いエイリアンに騙されそうになっていた。」
まどか 「それまさかキュウべえじゃ…」
ほむら 「頭と体が分離したエイリアンよ。」
まどか 「う〜ん、まあいいか。」


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/12(月) 06:01:46.65 ID:yylZYYPj
今日で終わらせるはずが
まだ続きます

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)